一度は現地で観戦したい!海外の有名なスタジアム特集

「NBA選手が活躍するスタジアムって豪華だよなぁ」と試合動画をみながら思ったことはありませんか?
いつか、このスタジアムで自分もバスケの試合観戦をしてみたいと密かに思っている人も少なくないはず。そこで今回、海外の有名なスタジアムを4つ厳選しました!


目次

  • 世界の有名なスタジアム紹介
  • まとめ

世界の有名なスタジアム紹介

トヨタセンター

2003年のセントラル・ヒューストンのアレン・アワード賞、2004年のHarlem Globetrottersの “Rookie of the Year”、そしてPollstar Magazineの “Best New Concert Venue”賞の受賞者であるToyota Centerは、150万人以上のファンを歓迎しました最初の年だけ。トヨタセンターは、2008年にラテングラミー賞を主催し、同様に2つのNBAオールスターゲーム2006年と2013年に続いて、2010年にトヨタセンターがためのシルバー認定稼ぐためにテキサス州で最初のプロのスポーツ施設となりましたエネルギーでリーダーシップをし、環境デザイン。

引用:トヨタセンター公式HP

バスケの試合だけでなく、あらゆるエンターテイメントに精通しています。このトヨタセンターはNBAではヒューストン・ロケッツの本拠地。アメリカのテキサス州ヒューストンのダウンタウンに建つ。このスタジアム、実はその名前でお気づきの方も多いかもしれませんが、あの日本企業トヨタ自動車の米国法人が命名権を購入し、「トヨタ」の名前がついているスタジアムなのです。バスケ好きなら誰でもが知っている有名なスタジアムですよね。

 

ユナイテッドセンター

ユナイテッド・センターは、1994年に建てられたシカゴにあるアリーナ。
引用:ユナイデットセンター公式HP

クリントン大統領が大会に出席したことで有名なこのスタジアム。シカゴ・ダウンタウンから少し離れた閑静なエリアにある。シャトルバスや地下鉄のブルーラインで行くことができます。空港からも地下鉄で1時間。このユナイテッド・センターは、NBA シカゴ・ブルズ、NHL ブラックホークスの本拠地なんですよ!このチーム、どちらもプロバスケットリーグで人気チームとして高い集客率を誇っているチームなのはご存知ですか?
そして会場内には、両チームの優勝バナーが飾られていて観光の一つにしても楽しいです。
あの、マイケル・ジョーダン、スコッティ・ピッペンなどの欠番もあるんです。マイケル・ジョーダンの銅像も立っていてバスケファンからすると、このスタジアムに足を運んだ時には絶対に記念写真も撮っておきたい場所です。

 

オラクルアリーナ

NBA選手が集うオールスターゲームも行われた有名なスタジアムです。元々、このオラクルアリーナは、NBA ゴールデンストリート・ウォリアーズ、NHL カリフォルニア・ゴールデンシリーズの本拠地です。
ウォリアーズには、みんなご存知のステフィン・カリーが所属しています。そして、デュラント、イグドラ、リビングストンらとの再契約に成功し、さらにはヤング、カスピを加えるなど、チーム史上最強とも言える体制になり、連覇を狙う意気込みがこの厳選されたチームメンバーを見るだけで感じられます。
歴史的な記録を次々と塗り替えるスーパーチーム、一度本拠地で応援してみたいですね・・・。

 

アメリカン・エアラインズ・アリーナ

引用:アメリカン・エアラインズ・アリーナ公式HP

NBAチームのマイアミ・ヒートの本拠地でもあるアメリカン・エアラインズ・アリーナ。このスタジアムはものすごい熱気に包まれてます。室内競技施設なので、アイスホッケーやコンサートにも使われています。会場でのグッズ販売なども、かなり充実はしてますが、一つだけアクセスは基本タクシーになってしまうので、実際に足を運ぶ際には注意したいですね。

 

まとめ

バスケ好きであれば、1度は選手が活躍しているスタジアムで試合を観戦したいですよね。
NBAに出場するチームが本拠地として使っているホームアリーナへ行くと選手のことが身近に感じられてテンション上がること間違いなし。帰国後の練習にも力が入りそうです。
是非、遊びに行く予定を立てる際に、近くにアリーナがないか情報を探すのにも参考にしてみてくださいね。

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケは見ていてもとてもかっこいいスポーツですので、どうせならかっこいい技も覚えたいものです。そして…
  2. バスケ初心者に役立つ練習メニューと方法をご紹介していきます。また練習場所に困っている人のために家でも…
  3. バスケのディフェンスにおけるテクニック「ハーキーステップ」について紹介します。そのやり方、練習方法、…
  4. ジャンプシュートを確実に決められるようになりたい。 空中でのボールコントロールスキルを高めたい…
Return Top