【NBA】ポートランド・トレイルブレイザーズとは?選手も紹介!

NBAの西カンファレンスのノースウェストディビジョンに所属するポートランド・トレイルブレイザーズを紹介します。昨シーズンはプレーオフ1回戦で敗退しましたが、これまでのチームの歴史、歴代の名選手、現役の注目選手などについてお伝えしましょう。

 

ポートランド・トレイルブレイザーズとは

ポートランド・トレイルブレイザーズの歴史を創設から振り返ります。

 

ポートランド・トレイルブレイザーズの歴史

ポートランド・トレイルブレイザーズは、オレゴン州ポートランドを本拠地に1970年に創設されました。「先鞭をつける者」「道を切り拓く者」などを意味するチーム名は一般公募で決められたそうです。創設からしばらくは低迷を極めましたが、往年の名選手ビル・ウォルトンをドラフトで獲得し、ジャック・ラムジーを監督に迎えてから初めて勝率5割を超えるようになり、1977年には現在まで唯一の優勝に輝きます。この当時の熱狂はすごく、「ブレイザーマニア」という熱心なファンも生まれ、90年代までホーム戦は完売状態が続いたほどです。その後、プレーオフに進出してもなかなか勝ち進むことができないことが続きましたが、1989-90と1991-92のシーズンはファイナルに進出しました。この時期をチームの黄金時代と呼んでもよいでしょう。

 

ポートランド・トレイルブレイザーズのあれこれ

次に、トレイルブレイザーズの歴代および現役の注目選手を紹介します。

 

現役の選手を紹介

現役で注目なのはデイミアン・リラード選手です。NBAオールファーストチームにも昨シーズン初めて選出された波に乗る選手で、持ち前の勝負強さでチームをプレーオフに導いています。特に、試合が拮抗したまま終盤を迎えた時の集中力がすごく、スピードもシュートの精度もアップするのが特徴です。2018-2019シーズンもチームを牽引することが期待されます。

 

永久欠番は?

オーナーとコーチを除くと、トレイルブレイザーズの永久欠番選手は10人います。そのなかでも外せないのが、背番号22のクライド・ドレクスラーです。1983年のドラフトで入団して以降、95年の移籍までシューティングガードとしておもに活躍しました。

 

殿堂入りの選手は?

トレイルブレイザーズ在籍者で殿堂入りしている選手は、ビル・ウォルトンやクライド・ドレクスラーがいます。また、初優勝時の監督だったジャック・ラムジーも指導者として殿堂入りです。

 

まとめ

以上、簡単にポートランド・トレイルブレイザーズについて、その歴史や選手を紹介しました。長らく優勝からは遠ざかっていますが、いつ優勝してもおかしくないチームです。今後に期待しましょう。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. 【バスケ】3x3(スリー・バイ・スリー)とは? 3x3とは、3on3の名称で親しまれた3人制バスケ…
  2. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  3. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  4. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
Return Top