リッキー・ルビオのNBAの成績やポジションは?驚異の14歳でプロデビューした天才!

現在、ユタ・ジャズに所属するリッキー・ルビオ選手について、そのプロフィールやデビューまでのこと、特徴などを紹介します。若干14歳でプロデビューした神童として有名ですが、どのようなプレーを得意としているのでしょうか。

 

リッキー・ルビオ選手のプロフィール

まずはリッキー・ルビオ選手のプロフィールを紹介します。

 

身長:192cm

所属チーム:ユタ・ジャズ

背番号:3

ポジション:ポイントガード

プレーの特徴・プレースタイル:トリッキーなパス

バッシュ:アディダス

 

スペインでは14歳からプロデビュー

リッキー・ルビオ選手のこれまでを振り返ってみましょう。

 

リッキー・ルビオの生い立ちは?

1990年10月21日生まれのリッキー・ルビオ選手は、スペインのカタルーニャ州バルセロナ県で生まれました。4歳から父親の指導のもとバスケを始めていますが、2歳年上のお兄さんも後にスペインの国内リーグでプロ選手になっているように、バスケの素質に溢れた家庭だったのでしょう。ルビオ選手がスペインのプロリーグ、リーガACBでデビューしたのは若干14歳11ヶ月でした。中学生が大人のプロに混ざってプレーするわけですが、それだけでもルビオ選手の凄さがわかるでしょう。17歳で北京オリンピックの代表を務め、2009年にはnbaドラフトでミネソタ・ティンバーウルブズに指名されています。ただ、nbaで実際にプレーするのは2011年以降です。当時、保有権を持っていたFCバルセロナとの事情でしょうか。

 

味方も驚くトリッキーなパス

ルビオ選手の最大の武器は、味方も驚くマジシャンのようにトリッキーなパスです。ノールックパスやアリウープパスを得意としており、相手どころか味方の意表を付くような絶品のパスでアシストを積み重ねてきました。ただ、圧倒的なパスセンスに比べてシュートが弱いのがルビオ選手の弱点で、フィールドゴールも3ポイントゴールも成功率は低かったです。ところが、2017年にユタ・ジャズに移籍して以降、season statsの成績を見てもわかるように、得点力が大幅にアップしています。これまではパスさえ意識して守っていればよかったのが、自ら積極的にシュートを打ちにいくようになったルビオ選手を止めることが難しくなったわけです。これからのルビオ選手がますます楽しみになりました。

 

まとめ

以上、リッキー・ルビオ選手のことを紹介しました。ルビオ選手はまだ20代ですので、これからもますます成長してより上の選手になってくれるのではないでしょうか。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top