アメリカバスケの違いは?学校の環境などを紹介!

バスケットボールの世界では、アメリカと日本の差は歴然としています。オリンピック代表レベルを比べるまでもなく、大学生や高校生の力を比べても圧倒的です。そこで、なぜアメリカバスケが日本より圧倒的に強いのか解説します。

 

アメリカバスケの違い

日本人はなぜバスケでアメリカに勝てないのでしょうか。その理由を以下で説明します。

 

日本と違うバスケの環境

バスケはアメリカで最もメジャーなスポーツの一つです。日本でもプロリーグが発足して人気が高まっていますが、アメリカでの人気はその比ではありません。一般家庭、公園、学校の校庭、教会、ストリートなど、アメリカ全土にバスケットゴールは当たり前の景色として存在しています。

 

アメリカでは、学校の校庭に入って自由にバスケを楽しめるところも多いです。ボール一つあればできるという手軽さもありますが、お父さんと子どもがふつうにバスケを一緒に楽しむ姿を見てもわかるように、アメリカ人にとってバスケは最も日常的なスポーツと言えるでしょう。

 

学校でのバスケの環境と取り組み

materials

アメリカの学校にも部活はありますが、学校ごとに違いはあるものの、一般的に野球、フットボール、バスケットなどシーズンごとに複数の部活を掛け持ちできるのが日本との違いです。

 

複数のスポーツを通していろんな経験やスキルを手に入れることができるのは、一つのスポーツしかやらない日本では得られない恩恵でしょう。また、日本の部活は基礎トレーニングばかりですが、アメリカの学校では、基礎トレーニングは個人に任せて全体では必要最低限に留めているのも特徴です。

 

そのトレーニングの内容も、アメリカの学校では、バスケ専属のコーチが個人個人のデータを取って最適なメニューを作っています。さらに、年齢ではなく実力こそが重視されるというお国柄も、アメリカバスケのレベルを高めている理由と言えるでしょう。

 

メンタル面の作り方

環境の違いもありますが、日本人がバスケでアメリカ人に勝てない最大の理由はメンタルの違いです。日本の学校の部活では、チームプレーの名の下、監督やコーチ、先輩に絶対服従なのが現実ですが、アメリカではすべて個人の実力が物を言います。そのためには、たとえ監督相手でも自分の意見をしっかり主張します。メンタルを鍛えたいなら、こうした面を見習いましょう。

 

まとめ

以上、アメリカバスケがなぜ日本より圧倒的に強いのか、その理由を解説してみました。身体面や環境面ではなかなか敵いませんが、監督のためや先輩のためではなく、自分のためにプレーするという意識を強く持ち、自分の考えをしっかり主張できるようになりましょう。

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top