【NBA】インディアナ・ペイサーズとは?選手も紹介!

NBAのインディアナ・ペイサーズの紹介をしていきます。複数のファイナル進出、ディビジョン優勝を経験しているチームです。チームの歴史から選手まで、幅広くまとめていくので、インディアナ・ペイサーズに興味がある人は見てみてください。

インディアナ・ペイサーズとは

インディアナ・ペイサーズとは、インディアナ州を本拠とするNBAのバスケチームのことです。ペイサー(pacer)というのは測定馬のことで、競馬が盛んな地元の特徴にちなんでいます。

インディアナ・ペイサーズの歴史

インディアナ・ペイサーズは1967年にNBAとは別のプロリーグであるABAのチームとして創設されました。創設初期から優れた成績を残し、複数回の優勝を経験しています(1972年、1973年には2連覇を達成)。しかし、ABAは財政難に陥り、1976年に解散。翌シーズンからインディアナ・ペイサーズはNBAに参入することになります。

NBAに参入してからのペイサーズは低迷します。しかし、80年代後半になるとチャック・パーソンやレジー・ミラー、リック・スミッツと後に優れたパフォーマンスを見せる選手を獲得し、徐々に勝率を上げていきました。

90年代からは低迷のシーズンこそあれ、現在に至るまで東地区の強豪として成長を続けています。

歴史に残る乱闘事件

2004年、ペイサーズ対ピストンズの試合でNBA史上最悪の乱闘事件が起こりました。プレー時の激しいファウルをきっかけに、選手たちが乱闘を始めます。

その騒ぎの中、ファウルをしたペイサーズのロン・アーテストが観客から物を投げつけられ、それに怒ったアーテストが観客に暴行を加えてしまいます

騒ぎはさらにひどくなり、その後もペイサーズの選手による観客への暴力行為は続き、最終的に試合は中止、双方の選手は退場することになりました。

 

インディアナ・ペイサーズのあれこれ


インディアナ・ペイサーズの現役選手、永久欠番、殿堂入り選手をご紹介します。

現役の選手を紹介

ボヤン・ボグダノヴィッチ(フォワード)、ダレン・コリソン(ガード)、マイルス・ターナー(センター)などがいます。

永久欠番は?

ジョージ・マクギニス(背番号30)、レジー・ミラー(背番号31)、メル・ダニエルズ(背番号34)などがいます。

殿堂入りの選手は?

ラリー・バード、ラリー・ブラウン、アレックス・イングリッシュなどがいます。

まとめ

NBAのインディアナ・ペイサーズの紹介をさせていただきました。

NBA観戦やペイサーズに興味がある人はぜひ参考にしてみてください。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. 【バスケ】3x3(スリー・バイ・スリー)とは? 3x3とは、3on3の名称で親しまれた3人制バスケ…
  2. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  3. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  4. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
Return Top