ユーロステップとは?やり方のコツや練習方法を紹介!

小柄な選手がサイズの大きな選手に立ち向かっていくときに有効なのがユーロステップです。

ユーロステップとはいったいどんな技なのか、やり方のコツは何なのか説明します。

練習方法やコツの種類も細かく解説します。

 

ユーロステップとは?上達のコツも解説

NBAのジェームス・ハーデンが多用するユーロステップとは、レイアップシュートをする前に左右に小刻みにステップを踏むことです。

ジグザグに動くことによって相手を攪乱し、シュートスペースを作るテクニックのことです。

 

ユーロステップやり方のコツ:相手の重心を確認

上手にユーロステップを実践するには、相手の重心位置をよくチェックして下さい。

どちらの足に重心が掛かっているかを確認してから、それと逆方向へ最初の一歩を踏み出しましょう。

試合の前に自分がマッチアップするディフェンスのクセなどを調べておくと助けになります。

 

ユーロステップやり方のコツ:ファーストステップ

ファーストステップはユーロステップではとても大切です。

相手の重心とは反対方向へ大股でファーストステップを踏み、次の瞬間にはまた大きなステップで2歩目を逆方向へ踏み出して下さい。

意識するのは大きめの歩幅です。

 

ユーロステップやり方のコツ:豊富なシュートの種類

ユーロステップカラどんなシュートへ繋げられますか。

スクープショットやアリウープなどへ繋げていけます。

徐々に慣れてくるとシュートの種類が増えてくるので、自ずと1試合あたりの得点数も伸びていきます。

 

ユーロステップとゼロステップの関係は?

ユーロステップを実践するときに、よくゼロステップと組み合わされます。

ゼロステップとは何のことですか。

 

ゼロステップてなに?

ゼロステップとは、ボールを受け取ったタイミングで踏み出す一歩は、ドリブルの一歩とは数えないと言うものです。

普通ならトラベリングを取られてもおかしくないのですが、最近ではゼロステップが暗黙の了解となり、トラベリングが適用されなくなりました。

パスを受けた瞬間からステップを初めて、ジグザグに動きながらシュートを決めに行くパターンがNBAでもよく見られます。

ゼロステップとユーロステップは相性がとても良いテクニックなのです。

 

まとめ

ユーロステップは得点数を増やすのに欠かせないテクニックです。

ゼロステップと組み合わせることや、相手の重心と逆方向へファーストステップを踏み出すことを意識して下さい。

ジェームス・ハーデンのプレー動画などを見ながらイメージを膨らませて下さいね。

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. 【バスケ】3x3(スリー・バイ・スリー)とは? 3x3とは、3on3の名称で親しまれた3人制バスケ…
  2. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  3. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  4. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
Return Top