筋トレでNBA選手のようなフィジカルを!家でもできるメニューを公開!前編

ダンクをバンバン決めるアメリカのnba選手のような、強いフィジカルを手に入れるための筋トレのメニューを紹介します。バーベルなどの道具は必要ですが、どれも一人で家でできますので、ぜひ日々のトレーニングに取り入れてみてください。

 

フィジカルを鍛える筋トレ

以下に、バスケに役立つフィジカルを鍛えるための筋トレメニューを紹介します。

 

ベントロウ

バーベルを肩幅より広い幅で持ち、軽く両膝を曲げた状態からバーベルを下腹部に引き付けるように持ち上げる動きです。広背筋や僧帽筋に効果のあるメニューで、バスケで大切な上半身の安定感に役立ちます。

 

フォワードランジ

片足を前に出し、反対の足の膝と股関節を徐々に曲げて、体重を前足にかけていく運動です。両足を交互に行います。脚力を付けるためのメニューで、バーベルを持ってやるとさらに効果が高まるでしょう。

 

サイドランジ

おしりと太ももの筋肉を鍛えることで、横の踏ん張りを強くするためのメニューです。まずは両足を揃えて立ち、次に片足を外側に踏み出して、反対の足は伸ばしたままで膝を曲げていきます。踏み出した方の太ももが地面と平行になるまでしゃがむのがコツです。これもバーベルを持ってやるとさらに効果的です。

 

ダンベルフライ

ベンチに仰向けに寝て、両手にダンベルを持ち、センターに構えてからダンベルを弧を描くように体の横に下ろしていきます。下ろしたら、次は元の位置に同じく弧を描くように持ち上げます。上半身の筋肉を強化するのにおすすめです。

 

ラットプルダウン

ラットプルダウンは、専用のマシンを使用して上半身の筋肉を鍛えるメニューです。上腕二頭筋、広背筋、僧帽筋などに効果があります。

 

カーフレイズ

カーフレイズは、ダンベルなどを持った状態で、足首を爪先立ちになるように屈伸させる運動です。ふくらはぎの筋肉が鍛えられるので、バスケの接触時にも強く踏ん張れるようになります。

 

プロテインで筋トレ効果を効率的に!

上記のメニューだけでも筋肉は鍛えられますが、筋トレの効果をさらに高めるにはプロテインの摂取がおすすめです。筋肉は、トレーニングで破壊されたところから回復する時に大きく成長しますが、そのためには十分な栄養素が必要になります。それに最適なのがプロテインです。栄養をしっかり補給できていないと、筋肉が逆に弱くなってしまうことがあります。筋トレの効果を最大限に発揮するためにも、プロテインを摂取しましょう。

 

まとめ

以上、バスケに役立つ強いフィジカルを手に入れるための筋トレメニューを紹介しました。トレーニングの効果を高めるためにもプロテインでしっかり栄養補給しつつ、正しいフォームで行うようにしましょう。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. 【バスケ】3x3(スリー・バイ・スリー)とは? 3x3とは、3on3の名称で親しまれた3人制バスケ…
  2. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  3. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  4. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
Return Top