バスケで鍛えたいトレーニングメニューを紹介!基礎体力編

基礎体力を付けることはどのスポーツにとっても非常に重要なことです。そこで、バスケの技術を支える基礎体力を付けるためのトレーニングメニューを紹介しましょう。ジムに行かなくてもグッズがなくても、どれも家でできるトレーニングですのでぜひ取り入れてください。

 

バスケに必要な体力トレーニング

スポーツに必要な体力はいろいろありますが、バスケで求められるのは、速く走るための体力、ボールをコントロールするための体力、力強いドリブルやパスをするための体力です。バスケの技術の基礎として体力トレーニングを行う際は、今どの体力を鍛えているのかを意識してトレーニングしましょう。

 

バスケの基礎体力をつけるトレーニングメニュー

では以下に、バスケに必要な動きを想定したトレーニングメニューを紹介します。

 

シャトルラン

短い距離で激しく切り返すトレーニングメニューです。素早くターンする練習をすることでトランジションがスムーズになります。スタミナを付けるとともに、俊敏性と脚力アップにもつながる練習です。

 

ダッシュ&ストップ

インターバルを挟み、全力でダッシュするトレーニングです。負荷が大きく運動強度が高いトレーニングなので最初は短時間から始めましょう。徐々に負荷を高めてトレーニングをこなしていけるようになると、爆発力のある俊敏な動きができるようになります。

 

スリーメン&ファイブメン

3人もしくは5人でボールをパスしながらコートを走るトレーニングです。基礎体力のトレーニングと同時にランニングシュートの練習にもなります。往復の回数を増やしたり、走るルートを変えたりと、練習にバリエーションを付けることも可能です。単に走るだけのトレーニングよりバスケの実戦に近い動きができるので、楽しみながら練習できるでしょう。

三角パス&スクエアパス

どちらもボールを受けてパスを出してから走るトレーニングです。体力を付けるだけでなく、パスを出したらすぐに走るというバスケの基本意識を植え付けるのにも役立ちます。また、動きながらのパスやキャッチになるため、仲間の動きに合わせてキャッチしやすいパスを出す練習にもなるでしょう。

 

まとめ

以上、バスケに必要な基礎体力を養うためのトレーニングメニューを紹介しました。一つずつメニューをこなしていくのでもよいですし、サーキットトレーニングで一度に行うのもよいでしょう。大切なのは個々の体力に合わせて無理なく続けることです。上記を参考にバスケの技術の基礎となる体力を付けていってください。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. 【バスケ】3x3(スリー・バイ・スリー)とは? 3x3とは、3on3の名称で親しまれた3人制バスケ…
  2. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  3. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  4. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
Return Top