フットワークメニューの意味やメニューを紹介!前編

バスケットボールをプレイする上で最も重要視される能力の1つ、それがフットワークです。ラダーやサイドキックなど様々なメニューがありますが、今回の記事ではそんなフットワークを鍛えるメニューの意味や実際に家やジムなどの自主練で効果を上げるためのポイントなどについてご紹介していきます。

バスケでフットワークは重要?

バスケ選手として足の運ぶ能力を表すフットワークというのは非常に重要です。なぜならドリブルやシュートをする時に相手よりも有利なポジションでプレーするために必要だからです。そしてそれを鍛えるためにNBAで活躍している多くの選手が活用しているのがフットワークメニューです。

フットワークメニューとは

その名前の通りバスケットボールをプレイする上で最も重要な足運びの能力を意味するフットワークの力をより高めるために作られたメニューのことです。具体的なフットワークメニューはそれぞれの目的などによって大きく変わり、ディフェンスに特化したディフェンスステップやドリブルを合わせたフットワークメニューなど様々な種類があります。

フットワークは正しく行えば効果増大!

フットワークのメニューは、正しくポイントを押さえた上で行えば、その効果をより高めることが可能になります。しかし、もしポイントを押さえず何も意識しないものを行えば、時間やきつい労力の割に得られる効果が低くなることもあるため、実際にフットワークのメニューをこなす前に重要なポイントについて学んでおく必要があるのです。

膝はきちんと曲げる

フットワークの力を伸ばすために重要なポイントの1つ、それは練習中には膝はきちんと曲げるように意識することです。 なぜならバスケットボールの試合中に膝が伸びてしまっていると素早く次の動作に移ることができずに相手に対応することができなくなってしまうからです。そのためフットワークのメニューの際にも必ず膝はきちんと分けておく意識を常に持ち続ける必要があるわけです。

背中を丸めたり猫背にならない

背中を丸めたり猫背にならないこともフットワークメニューをこなす上では意識をするべきポイントです。なぜなら背中が丸まり、猫背になってしまうとジャンプやダッシュなどの爆発的な力を全身を使って効率よく出すことができなくなってしまうからです。また相手との競り合いの際にも力負けしてしまう原因にもなりかねないため、胸を張り背中を伸ばした姿勢を意識するべきなのです。

下を向かない

フットワークメニューをこなす上で意識しておきたい最後のポイントは、下を向かないことです。フットワークメニューを行う際に足の運びを意識するばかりに、下を向いてしまう人は多くいますが、バスケットボールの試合中は当然ながら足を見て動くことはできません。それに慣れるためにも常に相手が目の前にいるということを意識して下を向かないように注意してください。

まとめ

今回解説してきましたようにフットワークはバスケットボールにおいて非常に重要な役割を果たします。より良いプレーをしたい人は是非今回ご紹介したポイントなどを参考にフットワークメニューなどに取り組んでみてください。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. 【バスケ】3x3(スリー・バイ・スリー)とは? 3x3とは、3on3の名称で親しまれた3人制バスケ…
  2. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  3. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  4. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
Return Top