【バスケ】1on1でのディフェンスのポイント・対処法

ディフェンスで1on1の局面で、勝つ確率を高めるにはどんな練習をしたら良いでしょうか。

最強のディフェンスになるために1on1で使える技を調べてみました。

次の大会で使えるポイントなども解説していきます。

 

【バスケ】1on1でのディフェンスのポイント・対処法

1on1でディフェンスとして勝負するために覚えておきたいポイントや、ドリブル突破を試みられたときの対処法をチェックしましょう。

ディフェンス時の構え方

ディフェンスの時の構え方は少し腰を落とし、手は常にオフェンスのボールに向けてください。

つまり、いつも相手からボールをスティールできるようにしておくことです。

ボールに触れようとすることで相手にプレッシャーを与えることも出来ます。

 

ディフェンス時の足の運び

ディフェンスは一歩目のシュートチェックに、どれだけ早く入れるかがカギとなります。

すぐに足を踏み出せるよう、常に片足をオフェンス側に半歩ほど出しておくと良いですよ。

 

ディフェンスとの適切な間合いを掴む

どれくらいが適切な間合いなのでしょうか。

くっつきすぎてもすぐに振り切られますし、離れすぎてもハンドチェックが出来ません。

自分が腕を伸ばしてハンドチェックが出来るくらいの間合いがベストです。

まめにハンドチェックをするようにすると、攻め手にかなりのストレスを与えられます。

シュートに入ろうとする相手に対して、手を出すとスティールできることだってあります。

 

フェイクに引っかかって簡単に抜かれる場合は?

両足を適度に開き、フェイクに騙されそうになっても逆方向へすぐに動けるようにしておきましょう。

ルールに反さない程度で体を当てることも大切です。

オフェンスを進行方向に向かせないようにしたり、バンプさせたりします。

 

ディフェンス時、相手のどこを見たらいいか

ディフェンスの時は相手の目を見るようにしてください。

攻め手が次にどこにパスを出そうとしているか、どこへ走ろうとしているかがある程度分かります。

 

ディフェンス強化には瞬発力・脚力の強化もマスト

1on1は瞬発力と脚力がものを言います。

コンマ一秒だけでも早くシュートチェックすることで、相手のミスを誘ったり焦らしたりできるからです。

ともやんの動画などを見て1on1の練習をするのも良いですね。

 

まとめ

バスケの1on1でディフェンスとして勝っていくためには、常に攻めの意識を持つことが大切です。

適度な範囲で体をぶつけるようにしたり、シュートチェックをしていったりしてください。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. 【バスケ】3x3(スリー・バイ・スリー)とは? 3x3とは、3on3の名称で親しまれた3人制バスケ…
  2. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  3. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  4. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
Return Top