ドライブのコツは?ディフェンスへの対処方法を解説!

ドライブインのコツを抑えておくと、オフェンスやシュートのスキルをアップさせられます。

どんな足のステップやディフェンスへの対処法があるのか解説していきます。

ドライブの上手なnbaの選手も紹介しますよ。

 

ドライブ上達のコツ

ドライブを上達させるための、コツについて紹介していきます。

 

ドリブルを止めない

最初のコツはドリブルを止めないことです。

ディフェンスは何とかオフェンスの攻撃のリズムを壊そうとしてきます。

最初にしてくるのは、ドリブルを止めようとすることです。

パスコースを探すためにドリブルを止めがちですが、そうするのではなく、ドリブルを続けながら次の展開を考えるようにしましょう。

 

止まらずに逆サイドに進む

ドリブルを止めずに、どうやって次の展開を考える時間を持ったら良いのでしょうか。

逆サイドへ動くようにして下さい。

ディフェンスは急に相手が逆サイドに動いたら対応が1歩遅れます。

その間に考える時間や、周りを見回してパスコースを探す時間を持てます。

相手が止めに来たら逆サイドへ流れるドリブルの動きを練習しましょう。

三つ目のコツは、ボールをディフェンスの頭の上を通すよう意識することです。

相手の腕が届かないところを通すように意識してみて下さい。

 

NBA選手のステップから学ぶドライブ成功の鍵

NBAの選手はドライブをよく成功させます。

例えば、ウルブスのウィギンズなどは、ボールを運んでいくときにドライブインをよく行ないます。

狭いスペースの中でも、なんとか攻撃を進めていく仕方はNBA選手のステップをよく見て学ぶようにして下さい。

 

試合などを見てイメージをつかむ

NBAの試合を見るときに、オフハンドの動きやディフェンスとの合わせなどにも注目していけます。

さらに、どのような流れでドライブインを攻撃に繋げているかも気にしてみましょう。

2ON2の形を作るようにして、スクリーンに相手を引っかけるようにするパターンがよく見られます。

スクリーンプレイをドライブインに合わせることにより、スペースを作っていくのです。

スペースが出来ることでシュートまで持って行けますし、相手ディフェンダーは焦るのでファールをもらえる確率も高まります。

 

まとめ

ドライブを上達させるためには、ドリブルを止めずに逆サイドへ進むことを練習して下さい。

相手の頭の上を通すようなドリブルも有効です。

NBAの試合を見るときには、どのようにドライブインからオフェンスの形を作っているのかをチェックしましょう。

試合を見てイメージを掴んでいくと、実践に役立つ練習ができます。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. 【バスケ】3x3(スリー・バイ・スリー)とは? 3x3とは、3on3の名称で親しまれた3人制バスケ…
  2. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  3. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  4. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
Return Top