【バスケ】腹筋・背筋の鍛え方!毎日の筋トレでフィジカル強化!背筋編

相手に押し負けない力を入れるためにも、シュートの安定性を高めるためにも、上半身の強化は欠かせません。効果的な鍛え方を学んで、強いフィジカルを持つようにしましょう。腹筋、背筋のトレーニングのコツをチェックしてみましょう。

背筋のトレーニング方法

背筋は体の中でも大きな筋肉で、効率よく鍛えると上半身強化に大きく貢献します。ただし、ちょっとコツをつかまないと的確なトレーニングができない部位でもありますので、しっかりとポイントを押さえるようにしましょう。

懸垂

定番の鍛え方で、器具がなくてもできるのがメリットです。懸垂をする時には、腕を頭の後ろに置くイメージで行うことがポイントです。普通に懸垂をすると、大胸筋や腕の筋肉しか鍛えられません。

バックエクステンション

マシンを使って行う背筋トレーニングの定番メニューです。効率よく筋トレができますので、もし器具があるのであればぜひとも活用したいものです。背筋の動き、特に肩回りの筋肉の動きを意識しながらトレーニングしましょう。フォームを他の人に見てもらって確認してもらうのも、初めのうちは大事です。

バックブリッジ

寝た状態からお尻を上げていくという動作でトレーニングをします。自宅で簡単にできますので、毎日の筋トレメニューに加えたい方法です。

スパインヒップリフト

バックブリッジを片足で行うという、より負荷のかかる筋トレ方法です。体のバランス力、インナーマッスルも同時に鍛えられる効率の良い方法となります。

効率的なトレーニング方法

筋トレはいろいろなメニューがありますが、やはりより効果の出やすい方法で行うことが大事です。

腹筋背筋はゆっくり刺激する

腹筋背筋のトレーニングでは、ゆっくりな動きを取って筋肉を意識しながら刺激していくことがポイントとなります。こうすることで、大きな筋肉を効果的に太くすることができます。

筋肉の休息もしっかりとる

腹筋背筋トレーニングは、体に負荷がかかりやすい傾向があります。そのため、無理せずにインターバルを取ること、続けてやり過ぎないことが感じです。腰痛を引き起こすこともありますので、特に初めはスローペースで行いましょう。また、腹筋のトレーニングをしたら、今度は腕立て伏せをして大胸筋を鍛えるなど、異なる部位の筋トレを入れていくことも大事です。

まとめ

バスケ選手のフィジカルにおいてとても大事なのが、腹筋や背筋などの上半身の筋肉です。正しいフォームを覚えて、効率よく筋トレができるようにしましょう。

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top