【バスケ】メディシンボールで腹筋トレーニング!効果はある?

筋トレに役立つ道具はいろいろありますが、メディシンボールは気軽に使えて効果が高いというメリットがあります。いろいろなメニューがありますが、特に腹筋に効果的な筋トレが多いのでチャレンジしてみると良いでしょう。

効果的なメディシンボールの使い方

メディシンボールはウエイトを利用していますが、単にボールを上げるなどの単純運動ではなく、体全体を使う運動が多くなっています。鍛えたい筋肉を意識することと、体のバランスを意識することでより効率よくトレーニングできます。

体全体でメディシンボールを使う

メディシンボールを使ったトレーニングでは、腹筋だけでなくインナーマッスルを鍛えられるというメリットがあります。そのため、体全体をしっかりと使い、体の内から体を動かしていくイメージをすると良いでしょう。

腹式呼吸と腹筋に意識して行う

腹筋を鍛える場合には、腹式呼吸をすることによって、より引き締まった筋肉を付けられます。鍛える筋肉を意識することによって、しっかりと狙った筋トレの目的を果たせるようになります。

メディシンボールを使った腹筋トレーニング

メディシンボールの重さを利用した、いくつかの腹筋メニューの特徴とメリットをご紹介します。

メディシンボール・ロシアンツイスト

定番のメニューで、腹筋全体とバランス感覚を養える運動です。リズムよく体を動かしていくのがコツです。

メディシンボールクランチ

通常のクランチにメディシンボールの重さをかける運動です。腹筋の意識によってより効果が出てきます。

オーバーヘッドメディシンボールスラム

ボールを落とす、というよりも叩きつけるという運動です。背筋なども鍛えられますし、ちょっとしたストレス解消にもなるのがうれしいところです。

メディシンボールシットアップスロー

二人一組になって行うトレーニングですので、チーム練習の中に組み込むことができます。瞬発力を鍛えるのにも役立ちますので、複合的な効果を狙えるのがメリットです。

メディシンボールツイスト

ツイストの動きにメディシンボールを持って行うことで、より負荷をかけられるのが特徴です。ゆっくり動いたり、はやめに動いたりとリズムをつけると、筋肉の付き方も変わってきます。

まとめ

普通の筋トレも、メディシンボールを使うとより効果的にトレーニングができます。しっかりと筋肉の意識をしてトレーニングを続けることが、フィジカルアップのコツです。正しい方法を覚えて強い体を作りましょう。

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top