【バスケ】初心者の練習メニューと方法を紹介!

バスケ初心者に役立つ練習メニューと方法をご紹介していきます。また練習場所に困っている人のために家でもできる練習方法もピックアップします。家でも練習できるようになれば、外での練習と合わせて多くの練習ができるので、上達も早いです。

初心者がまず身に着けたい基礎

初心者はまずハンドリング、ドリブル、シュートの基礎を身に着けるのがおすすめです。

バスケの基礎:ハンドリングの練習

バスケで最も大切な基礎がハンドリングです。ハンドリングとは手でボールをコントロールすることを指します。ハンドリングの基礎がしっかりできているとキャッチやパスのミスをしにくくなります。

 

練習方法は右手から左手、左手から右手と交互にボールを行き来させるだけです。慣れてきたら胴体や足に沿ってぐるぐるボールを回していきます。スペースやボール以外の練習用具を使わず、ボールを激しく落としたりしなければ騒音も出ないので、場所や時間に関わらずできる練習です。

バスケの基礎:ドリブルの練習

ドリブルはハンドリングの次に重要な基礎です。ドリブルができるとパス以外にも攻める選択肢が増えるので、柔軟にディフェンスを抜けるようになります。

 

最初は歩きながらボールをつくだけでも大丈夫です。慣れてきたら走りながらドリブルしましょう。右手と左手の両方を使えるようになったり、ボールを見ずにドリブルできるようになれば、かなり上達したといえるでしょう。

 

ドリブルに関しては家で行うのは難しいですが、室内練習用のグッズを使えば、家でもできないことはありません。

 

本格的にドリブルをうまくなりたければ、練習着を着ての実戦形式での練習試合が必須です。相手選手がいるプレッシャーの中でうまくドリブルできてこそ、はじめて技術が身に着いたといえます。

バスケの基礎:シュートの練習

シュートは決定力に影響する基礎です。まずはリング下からシュートし、慣れてきたら距離を離したり、レイアップシュートをしたりと、高度な練習メニューを組んでいきましょう。

 

シュートはリングで練習するのが一番ですが、家でもできないことはありません。たとえば、寝転がって真上にボールを投げるのを繰り返すだけでも良い練習になります。

早く考える決断力を養う
Materials

バスケは技術だけでなく、決断力も重要です。判断が早ければ相手の隙も突きやすくなるので、その点も意識して練習しましょう。

まとめ

バスケ初心者の練習メニューと方法について紹介させていただきました。

 

まずは基本から着実に身に着けていき、徐々にステップアップしていってください。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top