バスケが上手くなる方法!初心者・小中学生必見~ドリブル編~

「バスケが上手くなる方法って何があるんだろう?」バスケ初心者や小学生、中学生であればこのような悩みがあります。

そこで今回はバスケが上手くなる方法をドリブルに限定して紹介します。ドリブルはポイントガードからセンターまで必須の技術なので、しっかり練習しましょう。

 

 

初心者必見ドリブルが上達する方法

 

ドリブルの基礎と応用をしっかりと鍛える

ドリブルを上達するには、基礎と応用を把握しなければいけません。

 

ドリブルの基礎 

・ボールが手についている時間を多くする。

・低く強くドリブルする。

ボールが手から離れる時間が多く、高い位置で弱いドリブルをするとボールをカットされやすくなるので注意しましょう。

 

ドリブルの応用

・ディフェンスよりも遠い位置でドリブルする。

・片方の腕で相手をガードする。

ディフェンスが手の届かない位置でドリブルし、ドリブルしない方の腕で相手をガードすれば、カットされにくくなります。ドリブルの基礎と応用をしっかり頭に入れて練習すれば、試合で使えるドリブルが身につきます。

 

ボールを意識しすぎないよう顔を上げる

バスケを始めたばかりでドリブルに自信がないと、ボールを見ながらドリブルをしがちですが、間違ったドリブル方法なのでやめましょう。

ボールを見ながらドリブルするとドリブルにしか意識が集中せず、プレーの幅が広がりません。顔を上げてドリブルができれば視野が広がり、プレーに落ち着きがでます。

 

1on1や3X3で対応力を身に着ける

ドリブルの基礎と応用、顔を上げてドリブルすることが大事と言われても実践で試さなければ理解できません。1on1や3×3などの実践形式の練習だと、ディフェンスに取られない位置や腕の使い方など対応力が習得できます。

 

 

おすすめのドリブル練習方法3選

 

 

ボールハンドリング

今回紹介しているボールハンドリングの練習は「ボールの中心を扱う感覚」が鍛えられます。

ボールの中心を扱う感覚が身につくとドリブルが安定するだけでなく、パス、シュートの精度も上がります。地味な練習ですがやればやるだけボールの扱いが上手くなるので、継続して行いましょう。

 

ボールハンドリング+ドリブル

ボールハンドリングにドリブルを組み合わせた練習です。

一歩も動かず、5分間だけで終わるので取り組みやすい練習です。短い時間でも効果は絶大なので、毎日続けましょう。

 

テニスボールを使ったドリブル練習

テニスボールを使うとバスケットボールを見れないので、ドリブル上達に必要な「顔を上げるドリブル」がマスターできます。NBA選手も行う練習で、ドリブル上達に非常に役立ちます。

テニスボール以外に、野球ボールやピンポン球、バドミントンのシャトルなどを使うと、落ちる速度や軌道が変わるので、飽きずに取り組めます。

 

 

NBA選手などのドリブルを研究する

 

カイリーアービングのドリブル

カイリーアービングはNBAでも屈指のドリブル技術を持った選手です。ドリブル、パス、シュートどれも高い精度があります。真似るものが難しい場合は遊ぶ感覚で取り組み、徐々に実践で使える技術にしましょう。

 

クリスポールのドリブル

クリスポールはカイリーアービングに同レベルの高いドリブル、シュート、パス技術を持っています。男子、女子、ポジション関係なく、全てのバスケ選手のお手本になる選手です。

 

ティムハーダウェイのドリブル

ティムハーダウェイは元NBA選手で、クロスオーバードリブルを得意とした選手です。ドリブルの基礎練習を極めれば、ティムハーダウェイのようなかっこいいドリブルも身につけられます。

 

 

まとめ

ドリブル練習は地味なので、ある程度の技術が身につけば練習しない人が多くなります。しかしドリブル練習はボールハンドリング能力も上がり、シュート、パスの精度など総合力を高めます。そのため一定のドリブル技術がついても継続してドリブル練習をしましょう。

 

※本記事内容は、laneup編集部が独自のリサーチにより、作成した内容です。実際にトレーニングをする際は、経験のある指導者・トレーナーと相談のうえ行ってください。また、トレーニングの際のケガや効果に関しての一切の責任は負いかねませんのであらかじめご了承ください

 

 

【関連リンク】

【初心者向け】レッグスルーとは?やり方やコツ、練習方法など

バスケのドリブル練習やコツを解説!小学生や初心者の室内メニューも【動画あり】

ダブルドリブルとは?片手でもなる?意味や判断基準・種類を徹底解説!

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケは見ていてもとてもかっこいいスポーツですので、どうせならかっこいい技も覚えたいものです。そして…
  2. バスケ初心者に役立つ練習メニューと方法をご紹介していきます。また練習場所に困っている人のために家でも…
  3. バスケのディフェンスにおけるテクニック「ハーキーステップ」について紹介します。そのやり方、練習方法、…
  4. ジャンプシュートを確実に決められるようになりたい。 空中でのボールコントロールスキルを高めたい…
Return Top