【バスケ】スクリーンアウト、ボックスアウトを徹底解説!練習方法やコツも

バスケの試合でとても重要なリバウンドで、スクリーンアウトやボックスアウトを実践したい方は多いでしょう。そこで、スクリーンアウトやボックスアウトの練習方法やコツを徹底解説します!

 

 

【バスケ】スクリーンアウトとは?意味は?

スクリーンアウトとは、リバウンドを確実に取るためのテクニックの1つです。相手の動きを抑えることができます。

スクリーンアウトの意味は、英語の通りスクリーン(鏡)という意味があり、その意味通りのプレーをします。

 

リバウンドを取るために必須のプレー

リバウンドを取るためには、スクリーンアウトは必須のプレーです。

スクリーンアウトは、オフェンスに対して素早くターンを行い、背中を向けた状態で両足の膝を曲げ、背中全体を使いながら動きを止めるプレーになります。

 

リバウンドは勝敗の鍵を握る重要なプレー

バスケの試合では、このリバウンド次第で試合の勝敗が決まってもおかしくありません。それほど、重要なプレーです。

 

 

【バスケ】スクリーンアウトとボックスアウトの違い

スクリーンアウト以外に、ボックスアウトがあります。

ボックスアウトは、スクリーンアウトと同様にリバウンドに必須なプレーです。大きな違いはありませんが、間違えられやすいためボックスアウトについて解説します。

 

ボックスアウトとは?

ボックスアウトとは、スクリーンアウトとは違い、相手の動きを止めるだけではなく、自分にとってリバウンドの好位置を確保するために、相手プレイヤーを押し出し、リングの近くに寄らせないプレーです。

両方とも、リバウンドの成功確率をあげるので、是非身につけておきましょう。

 

 

【バスケ】スクリーンアウトもボックスアウトもファウルに注意!

スクリーンアウトとボックスアウトは、相手のプレイヤーの動きを止めたり押し出したりするため、ファウルになる可能性もあります。

スクリーンアウトとボックスアウトを行う際は、相手の服を掴んだり腕を引っ張ったりしないよう要注意して行いましょう。

ファウルになれば、相手チームのチャンスになりますので、しっかり腕を横に伸ばしてから、プレーしてください。

 

【バスケ】スクリーンアウトの方法やコツ

実際に、スクリーンアウトを習得するために練習方法やコツについて解説します。

 

相手の動きに合わせて動く

1つ目の方法は、相手の動きに合わせることです。このコツは、基礎の動きになります。

マンツーマンディフェンスと同様に、相手の動きを観察し、しっかり合わせましょう。

 

最初から相手に背を向けない

2つ目の方法は、最初から相手に背中を向けないようにすることです。最初から、背中を向けて動いていると、相手の動きを把握することができません。

そのため、最初は必ず相手と対面するようにしましょう。そして、少しのスキを見つけてターンをするのがとても有効的です。

 

相手の正面でぶつかる

3つ目は、ボールが落ちてくる前に、正面から相手にぶつかりましょう。

相手にぶつかり、押し出すように素早くくっついて動きを封じます。

 

ボールに気を取られない

4つ目は、ボールに気を取られないようにしましょう。

ボールだけに集中してしまうと、ブロックを交わされてしまう可能性が高くなりますし、相手の動きを把握することができなくなります。

そのため、ボールと相手プレイヤーにバランスよく意識することが大切です。

 

フロントターン・バックターン

5つ目は、フロントターンとバックターンを使い分けることです。相手の動きに合わせて使い分けることができるので、習得しておいて損はないでしょう。

使い分ける際のシチュエーションは、

 

フロント・ターン:引いている足が右の場合、オフェンス側が右に動いてきたら、その引いている足を軸にしてフロントターン(左も同様)

バック・ターン:出ている足が右の場合、オフェンス側が右に動いてきたら、その出ている足を軸にしてバックターン(左も同様)

 

この2種類のターンをする際のポイントは、抑えている相手と離れないことです。このポイントを意識すれば、スムーズにターンができるようになるでしょう。

 

相手や状況によって抑え方を変える

最後の6つ目は、抑え方を状況によって変えましょう。

ボールがある場所によって、相手の動きは変わっていきます。そのため、コート内の状況によって抑え方も変わります。

そのため、ブロックするタイミングや方法は、その都度その場の状況で変わるので、練習で何回も様々なパターンでブロックできるようにするといいかと思います。

 

 

【バスケ】スクリーンアウトのおすすめ練習方法

スクリーンアウトのおすすめな練習方法を紹介します。とても簡単な練習メニューのため、友達と挑戦していただけると嬉しいです。

 

【やり方】

1、2人組を作る

2、センターサークル・フリースローサークルの真ん中にボールを置く

3、ディフェンスとオフェンスに分かれ、5秒はかる

4、ディフェンスはその間にオフェンスがサークル内に入らないように、スクリーンアウトする

5、オフェンスはスクリーンアウトを交わしてボールを取りに行く

6、5秒たったら攻守を交代

7、1〜6を6セット

 

交互にやることで、守り方と攻め方を両方練習できるため、とても効率の良い練習方法かと思います。

 

 

【バスケ】映像で学ぶスクリーンアウト

実際にどのような動きをしているのか、映像で確認して学んでみましょう。

参考になる映像を3つ載せていますので、是非参考にしていただければ嬉しいです。

 

スクリーンアウトでボールを取る方法

 

【やり方】

・相手の動きを予測してスクリーンアウトを行いコースを防ぐ

・相手に背中を向けた状態で、膝を曲げ低い姿勢をとる(相手の膝に腰をかけるようにする)

 

【ポイント】

・スクリーンアウトをしたら、素早くボールが落ちる位置を察知する

 

【注意】

・相手の動きを押さえるとき、手を使うとファウルになる

 

ボックスアウトで勝つ方法

 

【やり方】

・相手に対してコースを防ぐ

・腰を低くする

・背中とお尻で押し合う

 

【ポイント】

・背中全面を使って押し出す

・足に力を入れて足の反動で押し出す

 

試合で使えるスクリーンアウト

 

【やり方】

・ボールマンについているディフェンスにスクリーンをかけにいく

・スクリーンをするフェイントをつける

・フェントをつけてボールを受け取る

 

【ポイント】

・スクリーンアウトを行うときは止まらずに、スリップを行うイメージでやる

 

【注意】

・勢いをつけすぎると味方のドリブルに接触してしまう

 

映像で学ぶスクリーンアウトを3種類紹介しました。

最後の3つ目は、リバウンドで行うスクリーンアウトではありませんが、試合で使えるスクリーンアウトなので、是非参考にしていただければ嬉しいです。

 

 

まとめ

今回は、スクリーンアウト、ボックスアウトを徹底解説しました。

スクリーンアウトとボックスアウトは、バスケの試合の勝敗を左右するとても重大なプレーの一つです。

この2つの戦術は、バスケの基礎能力として必ず身につけるプレーでもありますので、日頃の練習で極めるとさらにレベルアップするでしょう。

ですがもし、リバウンドへの苦手意識がある方には、是非一度当記事をご参照して頂けたら幸いです。

以上で、スクリーンアウトとボックスアウトについてお伝えしました。

 

 

【関連記事】

ルーズボールの取り方やリバウンドの取り方!練習の参考に動画も

バスケットボールのルール・用語集

3×3で使えるテクニックを身につけよう!

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケは見ていてもとてもかっこいいスポーツですので、どうせならかっこいい技も覚えたいものです。そして…
  2. バスケ初心者に役立つ練習メニューと方法をご紹介していきます。また練習場所に困っている人のために家でも…
  3. バスケのディフェンスにおけるテクニック「ハーキーステップ」について紹介します。そのやり方、練習方法、…
  4. ジャンプシュートを確実に決められるようになりたい。 空中でのボールコントロールスキルを高めたい…
Return Top