【バスケ】クロスオーバーのやり方や極めるコツ!練習方法など

現代のバスケにおいて「クロスオーバー」は最も効果的なドリブルのひとつといわれています。特に小柄な選手が相手ディフェンダーを揺さぶるための武器として、クロスオーバーは非常に効果的です。

 

1対1でディフェンダーをかわす場合に限らず、速攻でも非常に役に立つスキルです。

中学校・高校の多くのチームでクロスオーバーの練習を取り入れていると思いますが、実際の試合になると使えないという選手は多くいます。ディフェンスをつけない練習ではうまくできるのに、対人では使えないという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、実戦で使えるクロスオーバーを身につけるために知っておくべきコツや練習方法のポイントについて紹介したいと思います。

 

 

【バスケ】クロスオーバーとは?

クロスオーバーとは、オフェンスプレーヤーが相手ディフェンダーを抜き去るために行う、左右に動いてディフェンダーを揺さぶるテクニックです。

素早くボールを左右に切り替えるドリブルでディフェンダーを振り切るテクニックを「クロスオーバードリブル」と呼びます。

 

難易度

クロスオーバーはディフェンダーの目の前でボールを交差させるテクニックです。そのためスティールされる可能性が高いドリブルでもあり、いくつかあるドリブルの種類の中では初級者にはやや難しいテクニックといえます。

相手のディフェンス力が高いほど、クロスオーバーでディフェンダーを抜くためにはスピードが重要となるため、試合で使いこなせるようになるにはかなり練習を積む必要があるでしょう。

 

効果的な場面

クロスオーバーは速攻を仕掛ける場面でよく使うテクニックです。

動画を紹介しますので、繰り返し観てイメージを膨らませて練習に活かしてみましょう。

 

【バスケ】クロスオーバーの弱点

クロスオーバーはシンプルなテクニックですので、相手ディフェンダーもボールを奪いやすいといえます。

それゆえにディフェンダーを一気に抜き去るスピードをつけることや、フェイクを織り交ぜるなどの工夫が必要になってくるのです。

 

 

【バスケ】クロスオーバーのやり方や極めるコツ

クロスオーバーを練習するうえで意識すべきポイントと、極めるためのコツを紹介していきます。

 

ディフェンスとの間合いを見極める

クロスオーバーをやるうえで気をつけなければいけないポイントのひとつは、「ディフェンダーとの間合い」です。

ディフェンダーとの距離が近すぎると、ドリブル中にボールをスティールされやすくなります。

ディフェンダーは間合いを詰めながらタイミングを見てボールを奪いに来ることもあるので、間合いには注意が必要なのです。

 

ボールを早く強くつく

クロスオーバーで最も大事なコツは「ボールを早く強くつく」ということです。

ドリブルが弱いと、スティールされたり、ディフェンダーにフェイントがばれてしまうなどのデメリットがあります。

ドリブルを早く強くつくことでスティールされる可能性が低くなり、ディフェンダーを逆方向に振った後の2歩目が早くなるので抜きやすくなります。

ドリブルを早く強くつくとコントロールが難しくなってファンブルしてしまうという心配もあるかもしれませんが、弱いドリブルばかり練習していてはいつまで経っても実戦で使えるクロスオーバーをマスターすることはできません。

常に早くて強いドリブルを意識して練習しましょう!

 

スピードにのりやすい姿勢を覚える

クロスオーバー中の姿勢も重要なポイントです。自分が最もスピードにのりやすいポジションの姿勢を覚えましょう。

スピードにのりやすい姿勢というのは人によって違いますが、基本的には肩幅より広いスタンスをとり、腰を少し落とした状態です。

この姿勢はスピードにのりやすく、頭が相手ディフェンダーの腰あたりにくるので、ディフェンダーは下がることしかできません。まずこの姿勢をマスターしましょう。

 

フェイクを織り交ぜる

ハンドリングとスピードにのりやすい姿勢をマスターしたら、次は実際に動きながらクロスオーバーを練習します。

試合中はその場に止まった状態でドリブルをすることはありませんので、ステップをしつつクロスオーバーを練習しましょう。

右から左へのクロスオーバーは、まず右側に行くと見せかけるために右足を前に出します。そこでディフェンダーが右に動いたら、素早く左にクロスオーバーして抜いていきます。

左から右へのクロスオーバーは、その逆をやります。

このフェイクがうまくいかなければクロスオーバーの成功もありませんので、繰り返し練習して体に覚え込ませましょう。

 

緩急をつける

ドリブルのスピードはトップスピードが大事なのはもちろんですが、それだけではディフェンダーを抜き去ることは難しいです。

ドリブルのスピードに緩急をつけて、一瞬止まるふりを入れることでディフェンダーを翻弄するテクニックが必要です。

本当に止まるのではなく、止まってリラックスしているように見せることで、相手の集中力を一瞬だけ途切れさせるわけです。

そこを突いて一気に抜き去るのが、クロスオーバーの重要なコツです。

ドリブルのスピードの差が大きければ大きいほど、相手を惑わせることができるので、「緩急」を極めて理想的なクロスオーバーを目指しましょう。

 

成功イメージを持つ!

1つの技を身につけるための方法として「イメージトレーニング」もおすすめです。

時間があればNBA選手などの動画を観て、成功のイメージを頭に描きましょう。そしてその動きを実際に練習で試してみましょう。

それを繰り返すことで、徐々に理想のプレーに近づくことができます。

 

こちらのテクニックも!

【初心者向け】レッグスルーとは?やり方やコツ、練習方法など

 

 

【バスケ】クロスオーバーの練習方法

ここでは、クロスオーバーの具体的な練習方法を紹介していきます。

 

様々な振りで練習を行う

先述したように、クロスオーバーの重要なコツは「ボールを早く強くつくこと」ですが、そのためには、大きい振りから小さい振り、低くて大きい振りから小さい振りと様々な高さの振りを練習しましょう。

そうした練習を行うことで、試合中にディフェンダーの動きに合わせて瞬時に対応できる臨機応変さが身につきます。

 

1on1での反復練習をこなす

まずはディフェンスなしの練習でクロスオーバーをマスターします。その次に「1on1」での練習に取り組みましょう。

ディフェンダーがつくとつかないとでは勝手が違うので最初は難しいですが、何度も練習することで、ディフェンダーを動かす感覚を身につけることができます。

 

床タッチクロスオーバー

クロスオーバーはとにかく「低い姿勢」が大事です。

この低い姿勢とボールハンドリングをマスターするためにやっておくべき練習が、床タッチクロスオーバーです。

右から左にクロスオーバーし、右手で床を触って、次に左から右にクロスオーバーして左手で床を触ります。

この動作を交互に繰り返すことで、クロスオーバーのときに最適な姿勢とボールハンドリングを身につけることができます。

 

クロスオーバーキラーを使う

バスケのドリブル練習機具に「クロスオーバーキラー」というアイテムがあります。 

陸上で使うハードルのような形をしており、ハンドリング・ドリブリングの練習に最適です。

クロスオーバーキラーを使うことで、高さや振り幅の目安ができるので、初級者が楽しく取り組むことができるのでおすすめです。

 

 

【バスケ】クロスオーバーを極めたレジェンド。アレン・アイバーソン

クロスオーバーをマスターするうえで、最も早い上達への近道は、クロスオーバーのうまい選手の真似をすることです。

クロスオーバーを得意とした選手といえば、元NBAのスーパースター、アレン・アイバーソンです。

 

身長

身長は183cmです。

マイケル・ジョーダンやコービー・ブライアントなど、バスケのスーパースターは2m前後の選手がほとんどですが、そうした選手と比較すると、アイバーソンの身長はかなり低いほうだといえます。

1996年のNBAドラフトで全体1位で指名されたアイバーソンですが、NBA史上最も身長が低いドラフト1位としても話題になりました。

そして1998-99シーズンで初の得点王を獲得しましたが、得点王としてもNBA史上最も身長の低い選手です。

183cmというのはNBAの公表身長ですが、実際にはもっと低いだろうといわれることもあります。

 

ポジション

ポジションは、PG/SG(ポイントガード/シューティングガード)です。

 

キャリア

1996年にドラフトでフィラデルフィア・76ersから全体1位指名を受けてNBA入りしたアイバーソンは、ルーキーイヤーから大活躍して、新人王に輝きました。

1998-99シーズンには自身初の得点王となり、その後も3回得点王(4度の得点王は史上3位タイ)を獲得しています。

他にも、スティール王・3回、シーズンMVP・1回、オールスターMVP・2回と、そのキャリアは多くの輝かしい記録で飾られています。

2010年にトルコリーグのチームと契約し、自身初のアメリカ以外のリーグでのプレーとなりましたが、わずか1年で退団し、2013年に引退を発表しました。

 

プレースタイル

アイバーソンはNBAの中でも圧倒的なスピードを持つプレイヤーでした。

他のスピードがあるといわれる選手を、いとも簡単に抜き去っていくほどの爆発的な加速は凄まじいものがありました。

また、アイバーソンはその奇抜なファッションでも注目を集めた選手でした。

体のいたるところに施されたタトゥーをはじめ、コーンロウの髪型、カラフルなヘッドバンド、シューティングスリーブ、フィンガーサポーターなど、その独特なファッションは多くの若手選手に影響を与えました。

また、NBAでのリーボックシューズの拡大にも、それを使用していたアイバーソンの与えた影響が大きいといわれています。

メンタルの強さでも知られるアイバーソンは、「マイケル・ジョーダンであっても尊敬しない」という発言をして、ファンからは名言だといわれ、他の多くの人からは批判を受けましたが、のちに「コート上で尊敬の念を持ちすぎると気持ちで負けてしまう。コート外では尊敬している」と釈明しています。

こうした強気の姿勢というのも、小柄なアイバーソンがNBAで活躍できた要因のひとつといえるでしょう。

 

アレン・アイバーソンのクロスオーバー

身長は低かったアイバーソンですが、身体能力は誰よりも高く、自分よりもはるかに大きなディフェンダーもお構いなしにダンクシュートを決めることもありました。

アイバーソンの代名詞ともいわれるのがクロスオーバーです。そのドリブルのキレの鋭さ、足さばきの素早さから”キラークロスオーバー”と呼ばれていました。

それはバスケの神様、マイケル・ジョーダンをも翻弄するもので、止めるのは至難の業でした。

アイバーソンが見せた高い得点力の秘訣は、このクロスオーバーにあったといってもよいでしょう。

 

 

まとめ

クロスオーバーは難しい技術ではありますが、コツをおさえたうえで練習と実戦を繰り返すことにより、必ず上達していきます。

今回の記事をぜひ参考にして、アイバーソンのような、華麗でキレのあるクロスオーバーをマスターしてみましょう。

 

 

【関連記事】

バスケのドリブル練習やコツを解説!小学生や初心者の室内メニューも【動画あり】

3×3で使えるテクニックを身につけよう!

【バスケット】ペネトレイトとは?意味・コツ!練習方法も!

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. 【バスケ】3x3(スリー・バイ・スリー)とは? 3x3とは、3on3の名称で親しまれた3人制バスケ…
  2. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  3. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  4. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
Return Top