シュートの種類別一覧!ダンク・フックシュート編

バスケで得点を稼ぐためにはシュートが必要ですが、それには複数の種類が存在します。

試合で活躍したいのであればシュートの種類を覚え、実際に決められるようになりましょう。

 

ダンク系シュート一覧

シュートの種類を大きく分けると、ダンク系とフック系の二つに分けることができます。

ではまずダンク系シュートについて紹介しますので、試合で決められるようにイメージを持ちましょう。

 

ダンクシュート

スラムダンクとも呼ばれるシュートで、バスケットボールの中では花形と言われています。

リングに直接ボールを叩き込み、得点につなげるための方法です。

 

アリウープ

チームのパスを出す力が高い場合、アリウープによって攻撃することもあるでしょう。

味方から空中でパスを受け取り、そのまま相手側のリングにダンクを決めるシュートをアリウープと言います。

 

タップシュート

このタップシュートは、アリウープと少し似ているかもしれません。

しかし味方から受け取ったパスをダンクするのでなく、そのままシュートで決めるという違いがあります。

 

プットバック

オフェンスリバウンドのボールをそのままダンクすることを、プットバックまたはリバウンドダンクと言います。

有名なバスケットボールの漫画でも、主人公たちがこのシュートで得点を決めているシーンがあります。

 

レーンアップ

フリースローラインから踏み切り、思い切ってダンクを決めるシュートがレーンアップです。

このシュートは日本人選手にはあまり馴染みがないかもしれませんが、海外の選手にはこの方法を好む人もいます。

 

 

フックシュート一覧

次にフックシュート系について紹介します。

フックシュート系とダンク系シュートを上手く使い分けられるようになれば、試合でも活躍できるようになるでしょう。

 

フックシュート

シュートを決めようとすると、相手チームからブロックされてしまうでしょう。

フックシュートはゴールに対して横向きとなり、遠い手で打つシュートをすることでディフェンスを回避するのです。

 

スカイフック

相手のディフェンスからブロックされないためには、スカイフックも有効です。

リングよりも高い打点から斜め下に向かい、正確なフックシュートを放つことです。

 

ベビーフック

小回りが利く選手であれば、ベビーフックに向いています。

シュートモーションを小さくしてディフェンスからのブロックを回避し、スピーディーにフックシュートを決めるのです。

 

まとめ

試合で得点を決めるのであれば、これらのシュートを臨機応変に使い分けることです。

どのシュートがそのときに最も適しているかを見極めるためには、試合で経験を稼ぐことが重要です。

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. 【バスケ】3x3(スリー・バイ・スリー)とは? 3x3とは、3on3の名称で親しまれた3人制バスケ…
  2. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  3. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  4. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
Return Top