パスのもらい方を徹底解説!

バスケの試合では上手くパスをつなぐことが重要であり、パスのもらい方を徹底的に理解すると上達するでしょう。

パスの種類を理解して日ごろからパス練習を積み重ねることが、スター選手を目指すための近道になるかもしれません。

 

パスが「もらえない選手」からパスが「もらえる選手」になろう!

同じチームメイトから実力を評価されなければ、いざというときにパスをもらえないかもしれません。

そのためパスの基本をよく理解し、積極的にもらえる選手になることを意識してみてください。

 

【バスケ】パスのもらい方の基本

パスのもらい方の基本には、いくつかのポイントが存在します。

そのポイントを理解した上でパスの基本を続ければ、テクニックが磨かれることでしょう。

パスカットやパス回しの練習を行う場合、参考にしてみてください。

 

ボール保持者に近寄り過ぎない

パスについてあまり理解していない初心者は、もらいたいという気持ちの強さからボール保持者に近寄り過ぎるかもしれません。

試合は5対5で行われますが、1対1や2対2の場面にチャンスがあるでしょう。

そのため適度にスペースを保つと良いでしょう。

 

プレーを先読みして得点の確率が高いポジションに入る

ただ相手の動きに合わせるだけではなく、相手の動きを先読みして得点の確率が高いポジションに入ることも重要です。

もしそのポジションに自分がいれば、ボールを託してもらえるかもしれません。

 

ディフェンスを振り切るプレーを習得する

攻撃のためにポジションを狙っても、相手のディフェンスのパスカットによって失敗する可能性もあります。

カットプレーとポストアップとスクリーンをパスラン良く使いこなせるようになることです。

 

カットプレー

相手の動きをカットすることで、ディフェンスを振り切るプレーが可能となるでしょう。

たとえば相手のディフェンスを引きつけ、瞬時に方向を変更しパス回しを行う爆発力が求められます。

 

ポストアップ

オフェンスが攻めるはずのゴールに背を向け、ボール保有者に対して正対することをポストアップと言います。

前線で攻撃の起点を作るプレーであり、身体的な強さやリーチの長さに自信があれば向いています。

 

スクリーン

相手とは過度に接触せずに相手の動きを鈍らせて、その範囲を制限するプレーがスクリーンです。

ある程度相手に近付いても良いですが、不当な接触を避けつつ距離を保ちディフェンスを振り切ることがポイントです。

 

まとめ

このようにパスのもらい方を理解していれば、パスによるチームメイトとのコミュニケーションが向上するでしょう。

パスはゴリラのように力むのではなく、肩の力を抜きながらもらうようにしてください。

 

関連記事

オススメの記事

  1. 【バスケ】3x3(スリー・バイ・スリー)とは? 3x3とは、3on3の名称で親しまれた3人制バスケ…
  2. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  3. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  4. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
Return Top