パスカットされないよう気をつけたいポイントやパス回しの練習法など!

バスケで相手のチームに勝つためには、味方同士でパスをつないでシュートを決めることです。

そのためには綺麗なパスができる必要があり、日ごろからコツコツと練習を重ねることが重要なのです。

 

【バスケ】パスカットされないよう気をつけたいポイント

相手チームのディフェンスにより、パスカットされてしまうこともあるでしょう。

パスカットを上手く回避して得点を稼ぐためには、大きく四つのポイントが存在します。

 

モーションは小さく!

大きなモーションだと隙ができてしまい、相手にチャンスを与えてしまう可能性もあります。

モーションは小さくして無駄な動きをなくし、ドリブルもスピーディーに行うことを意識してみてください。

 

パススピードは早く!

パス練習やパス回し、そして味方からのパスのもらい方ではスピードが命です。

その際にボールの回転が重要であり、指先でボールを持ち膝のバネを使えばスピードが上がるでしょう。

 

オーバーヘッドにしたりと適切なパスを選択する!

パスランの取れた思考を持ち、パスのタイミングを読ませないこともパスの基本と言えます。

オーバーヘッドパスに角度をつけるだけではなく、タイミングを読ませないようにパスを選択することも重要です。

 

フェイントやノールックを使う!

パスのテクニックとして、フェイントやノールックを使うことも有効です。

スピードに落差をつける、また投げるタイミングを見せないようにノールックを徹底する、などがあります。

 

【バスケ】パス回しの効果的な練習法

パスの種類について学んだのであれば、さっそくパス練習を頑張りましょう。

今回はパス回しの効果的な練習法として、三つのものを紹介します。

基本を極めることで、バスケのスキルが上がるはずです。

 

対面パス

パス回しを正確なものにするためには、二人組になってパスの練習を行うと良いです。

最初は1メートルほどの間隔で行い、練習のために動画をチェックすることをおすすめします。

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/VZBt9A20_po” frameborder=”0″ allow=”accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture” allowfullscreen></iframe>

 

ピック&ロール

この練習方法のためには、オフェンス二人とディフェンス二人が必要です。

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/YNZ5Pk8I4A0″ frameborder=”0″ allow=”accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture” allowfullscreen></iframe>

動画のように、ボールを持たない選手が積極的に動きます。

3人組でパスラン

ボールをパスした後、その場にとどまらずに積極的に動いてください。

ただ動くだけではなく攻められている場面を想定し、パスランにドリブル禁止などの制限を課すと良いでしょう。

 

まとめ

パスはバスケの基本であり、日ごろから練習を積み重ねることが重要です。

紹介したポイントを意識し、本番で綺麗なパスができるようになりましょう。

 

関連記事

オススメの記事

  1. 【バスケ】3x3(スリー・バイ・スリー)とは? 3x3とは、3on3の名称で親しまれた3人制バスケ…
  2. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  3. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  4. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
Return Top