ドリブルシュートフェイクの練習のコツ!

ドリブルシュートフェイクを習得すると、オフェンスの幅が広がります。

どんな練習をしたら良いのかコツも含めて紹介していきます。

 

ドリブルシュートフェイクとは?

ドリブルシュートフェイクとは、ドリブルをしながらシュートフェイクをすることです。

フェイクとドリブルを同時に出来るのかと感じるかも知れません。

NBAのポイントガードがよくやりますが、一瞬だけドリブルの途中でストップしてシュートをするかのように見せるテクニックです。

 

ドリブルシュートフェイク上達のための練習のコツ

ドリブルを続けながら、フェイクもするという離れ業を習得するために欠かせない練習について説明します。

いくつかの種類がありますので覚えておきましょう。

 

大股から小股にステップを変える

大股でドリブルをして行きますが、シュートフェイクをする時に急に小股にするようにして下さい。

あたかもシュートをするために体制を整えています、と見せるようにするのです。

大股のままドリブルをしていると、シュート体勢を作るのが難しくなります。

練習の時には大股と小股のドリブルを交互に、スピーディに切り替えられるように意識すると良いですよ。

 

逆の手でドリブルを行う!

普段は利き手でドリブルをしています。

相手側もそれを知っていますから、急に逆の手になって利き手でボールをキャッチするように見せると、シュートをする体制に入ったと思わせられます。

シュートをするかのように、ドリブルは少し高めでゆっくりとするのがコツです。

 

フェイクの瞬間姿勢を下げる

シュートをするときには体を下げますから、ドリブルをしながら姿勢を瞬間的に下げるのもコツですよ。

可能であれば体を止めて、目はリングを見るようにして下さい。

そうすると、これからジャンプシュートをするかのよう見せることが可能です。

 

フェイク後はディフェンスに合わせる

フェイクをした後はディフェンスの反応に合わせてドライブインしましょう。

相手が反応してこなければ、スペースがありますからそのままシュートしてしまうのもありです。

もしくは味方の誰かにパスをしてしまうのも良いですよ。

攻撃パターンをいくつも瞬間的に作り出せるのが、ドリブルシュートフェイクのメリットですね。

 

まとめ

ドリブルシュートフェイクは難易度が高い技です。

体はドリブルをしていながら、手や目の動きでシュートをするように見せかけます。

ドリブルシュートフェイクを習得すると、オフェンスのバリエーションが増えるのでおすすめです。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. 【バスケ】3x3(スリー・バイ・スリー)とは? 3x3とは、3on3の名称で親しまれた3人制バスケ…
  2. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  3. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  4. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
Return Top