プッシングを徹底解説!取られないためには!?

プッシングを取られてしまうと有利にゲームを進められません。

出来るだけプッシングが取られないようにするためには、どうしたら良いのでしょうか。

ファウルの内容や審判のジェスチャーも含めて説明していきます。

 

【バスケ】プッシングとは!?

プッシングとはどんな意味なのかまず解説していきますね

意味

まずプッシングとは英語で押すことを意味します。

言葉の意味通りディフェンスがオフェンスを押すことで、ファウルが取られるのがプッシングです。

 

パーソナル・ファウルのひとつ

プッシングはパーソナル・ファウルのひとつとなっています。

手で押すだけではなく、方を相手の体にぶつけて倒したり、体全体とぶつけて接触したときにコールされます。

覚えておきたいのは、相手がボールを持っていなくてもプッシングが取られることです。

リバウンドをする時にポジション争いをしているシーンで、よくプッシングがコールされていますよ。

 

【バスケ】プッシングが起きた際の審判のジェスチャー

プッシングが起きたときに、審判はどのようなジェスチャーをするでしょうか。

ゲーム中にプッシングを選手がした場合に、審判は両手で押す仕草をします。

両手で相手を押しているような仕草で、プッシングがなされたことをはっきり示します。

 

【バスケ】プッシングを取られないためには?

ゲームの中でプッシングを取られないためには、何をしたら良いですか。

パワーポジションを素早くとる

最初に意識すべきなのは、パワーポジションを素早く取るようにすることです。

パワーポジションは基本のポジションですが、プッシングを取られないようにするためには欠かせない姿勢です。

つま先と膝を一直線にして、太ももの上あたりに力を入れます。

前屈みになり、足は肩幅ほどに開きましょう。

重心はかかとだけではなく足全体に掛けて、どっしりとしたイメージにします。

パワーポジションをきちんと取れれば、左右のどちらにもすぐに移動出来るため心に余裕が生まれます。

相手かぶつかってきても、自分のシリンダーエリアが広いのでプッシングを取られにくくなります。

 

まとめ

プッシングとは、ディフェンスがオフェンスを押す仕草のことです。

審判のジェスチャーは比較的分かりやすいので、コールされたら何のファールかすぐ理解できます。

プッシングを取られないためには、パワーポジションをすぐに取れるように練習することが大切です。

素早くパワーポジションを作れるように意識しましょう。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. 【バスケ】3x3(スリー・バイ・スリー)とは? 3x3とは、3on3の名称で親しまれた3人制バスケ…
  2. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  3. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  4. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
Return Top