ポイントガードの役割や動き方は?

Materials

バスケにはフォワードやガードなどさまざまなポジションがありますが、ここではそのガードのうち、ポイントガードに絞ってその役割や動き方を説明していきます。チームの司令塔とも呼ばれる重要なポジションですが、何が求められるのかを参考にしてください。

 

ポイントガードとは?

ポイントガードとはコート上の司令塔や監督としての役割が求められるポジションです。ポイントガードなしではチームがうまく機能しなくなってしまうほどの重要なポジションであり、優れたポイントガードがいるチームほど強いと言えるでしょう。

 

ポイントガードに必須の動き方

ポイントガードに求められるスキルを以下の5つにまとめました。すべて必要なスキルですので身に付けられるようにがんばりましょう。

 

チームを引っ張るリーダーシップ

ポイントガードに何よりも求められるのが強いリーダーシップです。コートでは監督として振る舞うわけですから、それだけチームメイトを引き付けるリーダーシップが求められます。ただ、ガンガンチームを引っ張っていくオラオラ系のポイントガードもいれば、物静かなタイプだけどコミュニケーション能力に長けているポイントガードもいるように、リーダーシップといっても人によってさまざまです。

 

ゲームの流れを読む力

バスケはゲームの流れを読めるかどうかで勝負が分かれます。その場の一プレーだけでなく、全体を線で考え、うまく流れを読んで次の戦術を考える能力がポイントガードには必須です。

 

ドリブル力

ボールを運ぶ、相手を抜く、狭い場所でもボールをキープするなど、ポイントガードにはゲームのさまざまなシーンで高いドリブル力が求められます。

 

味方をアシストできるパスセンス

ポイントガードは、自チームのプレイヤーがいつどこでパスが欲しいのかを瞬時に把握し、そのプレイヤーに的確にパスを回せるスキルとセンスが必要です。それができるポイントガードがいれば、ゲームの流れも自然と自チームに引き寄せられます。

 

試合を有利に運ぶディフェンス力

ポイントガードはオフェンスの起点となるため、常に高いディフェンス力が求められます。逆に、相手のポイントガードのディフェンス力が高ければ、自チームのポイントガードが封じ込まれてチームとして機能しなくなってしまうのです。つまり、勝敗の行方はポイントガードにかかっていると言ってよいでしょう。

 

まとめ

以上、バスケのポジションで最も重要なポイントガードの役割について説明しました。ポイントガードは技術が優れているだけでは不十分です。チームメイトから信頼されるような高い人間力を目指して取り組んでください。

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top