【バスケ】リバウンドのコツと練習方法!シュートタイミングの合わせ方も~前編~

 

「リバウンドを制する者はバスケを制する」とも言うように、リバウンドは非常に重要なプレーです。そこで、まずはリバウンドの持つ意味から考え、次にリバウンド練習の方法やタイミングの取り方などコツをお伝えしましょう。

 

リバウンドとは?その重要性を解説!

まずはリバウンドの重要性を説明します。

 

リバウンドの重要性

リバウンドは、シュートが外れたボールを相手より先に奪うプレーです。リバウンドが上手いプレイヤーがいるだけで、相手は「シュートを外せばボールを取られる」と思ってしまいプレッシャーがかかります。そのままリバウンドシュートを決めれば、自チームの得点力も上がります。つまり、相手の得点率を下げると同時に、自チームの得点力を上げることができるのがリバウンドなのです。

 

リバウンドの練習方法は?

効率良く上達するためのリバウンドの練習方法を紹介します。

 

予想しポジション取りを的確に

リバウンドが上手な選手は、共通してポジション取りに長けています。あらかじめボールが落ちてくる場所を予想し、ベストポジションを確保しておけば、どんなに長身の選手に囲まれてもリバウンドを奪うことが可能です。

 

ボールの角度・回転から落下位置の予測

的確にポジション取りができるようになるには、ボールがどのように落下してくるか、そのパターンを把握することが大切です。リバウンド王とも称されたデニス・ロッドマンも、相手チームのシュートの落ちる位置のデータを分析していたと言われています。ふだんの練習から仲間のシュートをよく観察して、ボールの角度・回転から落ちるパターンをインプットしましょう。

 

ハンドテクニックの向上

リバウンドを成功させるには、ファールにならないようにボールを奪うハンドテクニックも必要です。ボールを放り投げて最高点でキャッチする練習、それを片手や両手、利き手とは逆の手などで取る練習、跳ね返ったボールを取る練習など、一人でもハンドテクニックを向上できる練習はあります。さまざまな状況を想定して練習しましょう。

 

身長が低い場合は飛び込みリバウンド

身長が低い選手には飛び込みリバウンドがおすすめです。相手ディフェンスの意識していない場所から急に飛び込んできてボールを奪うことを飛び込みリバウンドと言います。相手の裏をかくプレーなので、タイミングさえ掴めれば身長差に関係なくボールを奪えます。ボールがリングに当たってから飛び込めるように、カウントを数えるなどして、タイミングを掴む練習をしましょう。

 

まとめ

以上、リバウンドのコツや練習方法を紹介しました。これを参考に、ふだんの練習や試合から意識してリバウンド技術の向上に努めてください。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  2. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  3. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  4. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
Return Top