【バスケ】手首を鍛える方法!おすすめの道具は?

フェイントをかけるにしてもシュートを決めるにしても、バスケットボールでは手首の力でボールをコントロールすることがとても大事です。そのため、毎日の筋トレにも手首を鍛えるメニューを組み込むようにしましょう。どんな方法があるかご紹介しています。

手首を鍛える方法は?

一般的にはあまり注目されないトレーニングですが、手首の筋トレ方法はいくつもあります。鍛える道具が必要なものも、簡単に自宅でできるものもありますので、それぞれの特徴をつかんで実践してみましょう。

フィンガーカール

ダンベルを指でゆっくりと握るような動作をすることによって鍛えていきます。ゆっくりとした動作を取ることによって、手首の筋肉を意識することができるのがポイントとなります。重さを徐々に増していって、少しずつ筋力アップを狙いましょう。

リストローラー

リストローラーという専用の器具を使ってする方法です。手首のトレーニングでは定番とも言える方法で、ジムにはこの器具が置いてあることが多いものです。効率よく鍛えられるので、もし器具があるのであれば使ってみましょう。

ツーハンドピンチ

バーベルプレートを地面から指でつかんで持ちあげるというものです。負荷がかかりますので強い筋肉を鍛えられますが、上級者向けでもあります。ある程度手首の筋肉ができてから行うようにしましょう。

拳立て伏せ

名前の通り拳だけを使って腕立て伏せをするというものです。見た目にはかなりきつそうですが、正しいフォームでやれば初心者でもできます。道具がいらず簡単にできるのがメリットです。

手首を鍛えるのにおすすめの道具は?

手首を鍛える道具を調達してトレーニングをすると、より効率よく鍛えられます。

ハンドグリップ

握力を鍛えるためのもので、ただ握るだけでトレーニングができます。小さい器具ですし、比較的安く売っていますので、自宅用に購入して使うのも良いでしょう。

レジスタンスバンド

大きくて太めのゴム製のバンドのことです。このレジスタンスバンドを使うことによって、より強い負荷をかけられますので、効果的な筋トレができます。手首だけでなく、いろいろな部位に使えますので持っておいて損はありません。

まとめ

このように、手首を鍛えるトレーニングはいろいろあり、それぞれの好みに合ったやり方でできるのがメリットです。ちょっと地道なトレーニング方法が多いですが、しっかりと鍛えるとボールコントロールが格段に上達しますので、頑張る価値が十分にあります。

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top