【バスケ】ボール回しの方法!コツや握力は必要?

保育ゲームとしても楽しいボール回しのコツを紹介します。ボール回しといえば花巻東高校野球部のオリジナルのボール回しが話題になりましたが、ここではバスケのボール回しです。指の力を鍛え、ボールの芯を捉える練習にもなるので、参考にしてください。

 

バスケットボールの回し方は?

まずはボールの持ち方や回転のかけ方を説明します。

 

回すためのコツ:ボールの持ち方

ボールの縫い目が縦に来るように片手で持ってください。縫い目が交差する中心部分が中指の付け根辺りに来るようにボールを持って、指だけで支えます。この際、べたっと手のひらに乗せないのがコツです。

 

回すためのコツ:ボールの回転のさせ方

ボールは目線よりやや高めに構えます。回転させる時のコツは、ボールが指から離れる瞬間に、つまみ出すようにボールを押し出すことです。また、肘から先だけでなく肩から回転させる意識で回すと、胸の筋肉が使えるのでボールに速い回転を与えることができます。

 

回すためのコツ:指先への乗せ方

ボールを回転させた後は指先に乗せますが、この時、指をやや曲げた状態にすると乗せやすいです。また、乗せた後も若干指の関節を曲げている方が、ボールをコントロールしやすくなります。

 

回すためのコツ:回転の加え方

回転が弱くなってきたら、逆の手でボールの斜め下を手前に向かって叩いてください。回そうという意識より、バランスを崩さないように手前にパシパシ叩くのがコツです。

 

ボール回しが失敗する原因は?

次にボール回しの失敗の原因を見てみましょう。

 

回転が足りていない

すぐに失敗する人は、ボールの回転が足りていないことが多いです。十分な速さで回転させないとすぐにバランスが崩れるので、最初に手首からしっかり回転をかけることを意識してください。

 

ボールが均等に回転していない

ボールが真横に均等に回転していないことも、すぐに失敗する原因です。縫い目が真横にきれいに残像を描くよう、最初に回転をかける時に角度を調節してください。

 

指先の力が足りていない

ボールを乗せた時に指の力が弱いと、ボールの回転軸がぶれてしまいます。握力や指の力も多少は必要ですが、指の関節を若干曲げて指先にしっかり力が入るように調整することが大切です。

まとめ

ボール回しのやり方について紹介しました。一見、握力が必要な高等技術に見えますが、実はコツさえつかめば誰でも簡単にできるようになります。上記を参考に練習してみてください。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top