【バスケ】初心者でも簡単に身に着けられる技を紹介!

バスケの上達には地道な練習が欠かせません。しかし、なかなか反復練習をひたすら続けるというのは難しいものです。そこで、できるとかっこいいバスケの技を覚えることによって、モチベーションを高く保って練習できます。そんな技をチェックしてみましょう。

初心者から練習したいかっこいい技

見た目にもかっこいい技というのは、いくつもありますが、きちんと練習すれば意外と初心者でもマスターできるものもあります。そんな技の一覧をチェックして、簡単にできそうなものからチャレンジしてみましょう。

フロントチェンジ

バスケのドリブル用語の中でも最も基本となるものです。右から左、もしくは左から右に切り替えるだけですが、リズムや腰の落とし方などの変化を付けることでより効果的になります。とても単純ですが、試合でも最も多く使うテクニックとなりますので、確実にできるようになりましょう。

クロスオーバー

フェイントをかけて相手を崩してから、反対方向に行くという技です。目線や肩の入れ方、体全体の向きなど、フェイントの仕方を上手にしていくのが上達のコツです。他の技との組み合わせもできますし、シュートに持ち込む時にも有効なテクニックですので、さっそく覚えましょう。

インサイドアウト

片手でドリブルをしつつ、体のモーションでフェイントをかけて相手をかわすという技です。簡単なテクニックなのですが、上手にモーションをかけて、しかも素早く行うとかなり有効なかわしができます。NBAの名プレーヤーも多用している技ですので、しっかりと練習してみましょう。

ビハインド・ザ・バック

自分の背中越しにドリブルをして、相手をかわすという、まさにかっこいい技の見本のようなものです。相手はボールの行方を見失ってしまうことになりますので、とても効果的で試合でも使えます。確実にできるまでには結構練習をしないといけませんが、頑張る価値が十分にあります。

レッグスルー

名前の通り、股を通してドリブルをするというテクニックです。相手から見て遠くのスペースでボールがクロスされますので、キープしやすいというメリットがあります。腰を深く落としたり、リズムを変えたりしてレッグスルーのバリエーションを増やすこともできます。

まとめ

こうしたバスケ技は、決まるととてもかっこいいですし、何より試合でも使えるものばかりです。いざという時に、確実に決められるように、何回も練習して自分のものにできるように頑張りましょう。3

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top