【バスケ】アンダーハンドパスとは!?パスをする際のポイントも!

バスケには色々な種類のパスの仕方があります。

一つがアンダーハンドパスと呼ばれるものです。

アンダーハンドパスとはどんなテクニックなのか、このパスを成功させるためのポイントは何なのかを解説していきます。

 

【バスケ】アンダーハンドパスとは!?

アンダーハンドパスとは、自分の膝のあたりのポジションまでボールを持っている手を下げ、下手投げで味方へパスをすることです。

このパスのテクニックを身につけることで、ディフェンスから簡単にボールを奪えないようなプレーが出来ます。

 

【バスケ】アンダーハンドパスが有効な場面

試合の中でどんな場面で、特にアンダーハンドパスが有効なのでしょうか。

ディフェンスが厳しく前を向けない時

ディフェンスが厳しくて前を向けないようなときに、このパスのテクニックを使ってみましょう。

相手から激しくボールを奪われそうにな場面で、ボールを守りながらパスを出すことが出来ます。

 

ピボットなどで体勢を変えた時

ピボットなどで体制を変えたときに、上手く前を向けないことがあります。

そんな時にアンダーハンドパスをする事で、難しい局面を打開し有効なオフェンスをしていけますよ。

 

【バスケ】アンダーハンドパスのポイント

アンダーハンドパスを身につけるためには、どんなポイントを押さえておいたら良いですか。

個人で練習するときに意識できる点をまとめてみました。

 

パスを出す方向に大きく踏み出す

パスを出す方向に足を大きく踏み出すことが出来ます。

味方がいる方向やパスコースへ足を踏み出すことで、自然とアンダーハンドパスの精度を上げられます。

 

テイクバックを小さくする

テイクバックを小さくすることも大切なポイントです。

小さくするならボールを奪われにくくなりますし、素早いパス交換が可能となります。

 

フォロースルーを長めにする

フォロースルーを長めにするようにもして下さい。その際に出来るだけ体は直立にした方が良いです。

山なりの球を投げるのではなく、球筋を低くして投げるように意識していきます。

 

直線的で強めのパスが出来るように何回も練習して下さい。

1人で練習するときにはディフェンスが近くにいることと、味方がいる場所をイメージしながら行ないましょう。

壁などに当てながら、何度もアンダーハンドパスを繰り返していきます。

 

まとめ

アンダーハンドパスの意味や、このテクニックが有効な場面についてよく理解しておいて下さい。

試合の終盤はディフェンスが厳しくて前を向けないようなことがあります。

そんな時には、このパスが攻め続けるのに助けになります。

 

関連記事

オススメの記事

  1. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  2. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  3. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  4. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
Return Top