【バスケ】ゾーンプレスとは?種類、弱点や対策、攻略方法を解説!

ゾーンプレスという戦術をご存知でしょうか?

球技で使われる戦術の1つで、バスケでも用いられているものです。うまくいけば相手チームを翻弄できる非常に効果的な戦術ですが、それがどういうものなのか、よくわからないという人も多いかと思います。

今回の記事では、バスケにおけるゾーンプレスの種類から対策、攻略方法などをお伝えしていきます。

 

 

【バスケ】ゾーンプレスとは?

 

ゾーンプレスとは、ディフェンスの戦術の1つです。オールコートでゾーンディフェンスを仕掛けることによって相手のミスを誘います。

ゾーンプレスを成功させるためには、それを仕掛けるポイントをきちんと知っておく必要があり、テクニックを要する戦術のため、しっかりと練習を積むことも大切です。

 

特徴

バスケにおけるゾーンプレスとは、ゾーンを作りプレッシャーを仕掛けていく戦術です。

シュートを決めた場合は仕掛けていき、シュートが決まらなかったときには仕掛けないというのが一般的です。

ただ、フロントコートにボールが運ばれた場合は、そのままゾーンディフェンスに切り替えます。

ゾーンプレスはディフェンスの配置がだいたい決まっているということもあり、狙い通りの動きがやりやすいというのが特徴です。

 

ゾーンプレスとゾーンディフェンスは異なる

ゾーンプレスの目的は相手からボールを奪うこと。ゾーンディフェンスの目的は、ハーフコートで相手のシュートを防ぐことというように、ゾーンプレスとゾーンディフェンスとでは第一の目的が異なります。

 

15歳以下のカテゴリでは禁止されている

ゾーンプレスを含むゾーンディフェンスは、15歳以下のカテゴリでは禁止されています。

それは、バスケの基礎能力を身に付ける時期に用いるのは適切ではない、という理由からです。

小・中学生のカテゴリでは体格の差が大きいため、未熟なゾーンでも通用してしまう傾向にありましたが、世界の強豪国が禁止していたのを見習い、日本バスケットのレベル向上のために禁止となりました。

 

マッチアップゾーンについてくわしく知りたい方はこちら

【バスケ】マッチアップとは?マッチアップゾーンも解説!

 

 

【バスケ】ゾーンプレスの種類とやり方

ゾーンプレスにはさまざまな種類(陣形)があり、それぞれにメリットや弱点があります。

1-2-2や1-3-1などの数字はディフェンスの位置を表しています。

ではその種類とやり方を見ていきましょう。

 

1-2-1-1

1-2-1-1ゾーンプレスは、前線から相手にプレッシャーをかけ、コーナーに追い出してダブルチームを仕掛けて、相手のターンオーバーを誘う陣形です。

フルオートディフェンの中では最も激しいディフェンスの1つです。

 

メリット

コーナーで仕掛けるため、ゴール付近でスティールできた場合はディフェンスにとっては守りづらい状況になります。

また、ベースラインの近くで積極的にプレッシャーを仕掛けていくため、もしプレスを突破されてしまった場合でも、リカバリーする時間が十分にあるというのも大きなメリットです。

 

デメリット

前線からプレッシャーをかけているため、プレスを突破された場合は「アウトナンバーができやすい」というデメリットがあります。

また、この陣形は体力を使うため、全選手が参加する必要があります。1人~2人のエース選手に頼っているようなチームの場合、彼らの体力が削られてしまうため、オフェンス力が弱くなるというデメリットもあります。

 

 

1-3-1

通常の1-3-1ゾーンディフェンスをオールコートに応用したのが1-3-1ゾーンプレスです。

ハーフコートでは1-3-1ゾーンディフェンスを採用しているチームがあるものの、オールコートの場合1-3-1ゾーンプレスを採用しているチームは多くありません。

コフィンコーナーで積極的にトラップを仕掛けますが、中ライン3人の柔軟な動きがポイントとなる陣形で、上手くいけば非常に強力なディフェンスとなります。

 

メリット

この陣形は相手が慣れていないことが多いため、上手く機能すれば相手を混乱させることができます。

通常の1-3-1ゾーンディフェンス以上にパスワークに時間をかけさせることができ、ハーフコートで守りやすくなるというメリットもあります。

 

デメリット

1-3-1ゾーンプレスは、ドリブル突破には強いですが、パスに対しては弱い陣形です。

コフィンコーナーに追い込めなかった場合は、すぐに1-3-1ゾーンディフェンスに移行することがポイントです。

 

 

2-2-1

1-2-1-1ゾーンプレスは積極的にダブルチームを仕掛けるプレスですが、2-2-1ゾーンプレスの第一の目的は、相手に時間を使わせることです。

もちろん、パスカットやダブルチームを狙うこともできますが、相手のボール運びに時間をかけさせたうえで、ハーフコートに戻ってディフェンスをするための戦術であることを覚えておきましょう。

 

メリット

2-2-1ゾーンプレスは「相手の攻撃時間を減らせる」というメリットがあります。

前線からプレッシャーをかけて相手に時間を使わせることで、ハーフコートオフェンスにかける時間を削ることができます。

他のゾーンプレスと違って、プレスを突破されてからアウトナンバーができたり、ノーマークのレイアップで失点するリスクが少ないことも注目すべきメリットです

 

デメリット

一般的なディフェンス陣形と比べると、2-2-1ゾーンプレスを習得するには時間がかかります。そのため個人の練習に使える時間が減ってしまうというのがデメリットです。

さらに積極的にスティールを狙うディフェンスではないため、試合終盤にさしかかった残り時間が少ない場面では使いにくいのもデメリットです。

 

 

 

【バスケ】ゾーンプレスの対策、攻略方法

ここまではゾーンプレスを行う側(ディフェンス側の立場)で解説してきましたが、今度はオフェンス側の視点で、ゾーンプレスに対する攻め方や対策、攻略法を解説していきます。

 

フラッシュ

相手が行う陣形によってゾーンプレスの攻略法は変化しますが、共通していえることは、「フラッシュ」が効果的ということです。

おおまかにいうと、フラッシュとは、ボールを持っていないオフェンスの選手が、ボールを受けるために味方のボールマンに向かって飛び出していくことです。

フラッシュを使うことで相手ディフェンスの意表を突いてパスを通し、突破しやすくなります。

 

早いパス回し

相手がゾーンプレスを仕掛けてきたら、素早いパス回しで陣形を崩すのが基本の対策です。

ディフェンスはすぐさまプレッシャーをかけてきますが、ドリブルはパスが回せない場面で切り札的に使うようにしましょう。

 

ディフェンスの間を狙う

ゾーンプレスはそれぞれ守る範囲が決められているため、オフェンスがどこに来たらどう動くのかという決まり事があります。

それを逆手にとって、ディフェンスとディフェンスの間にポジションを取ります。そうすると相手に迷いが生じて、そのディフェンスが2人ついてきたり、2人ともついてこなかったり、ということが起こります。
そのタイミングで空いたところを狙って突破しましょう。

 

中央突破

ゾーンプレスはボールを中ラインの真ん中に入れることができれば突破しやすくなります。

ですので、カットインやフラッシュを繰り返して、なるべく中央から突破していきましょう。

 

 

【バスケ】ゾーンプレスの練習方法

ここでは、ゾーンプレスの基本的な練習方法を紹介します。

 

ドリブル1対2

オフェンス1人、ディフェンス2人で行う練習です

 

1.ディフェンスが下からボールを渡し、オフェンスはリングに向かってドリブルをする

2.ディフェンスの2人はボールを取にいく

3.オフェンスの進路に入り込んで方向を変えさせて、もう1人がはさんで取りにいく

4.ディフェンスがボールを取ったらすぐさま攻めに転じる

5.ボールを取った位置がゴール付近であれば、取った選手がそのままドリブルシュートをする

6.ゴールが遠い場合はパスで攻める

 

3対3

オフェンスとディフェンスを3人ずつ配置し、全選手がバックコートでプレーする練習です。

 

1.エンドラインからボールが出たらダブルチームを仕掛ける

2.パスを出した選手には逆サイドの選手がディナイを仕掛ける

3.ボールには常にプレッシャーをかけることを意識する

 

5対5

実践形式で行う練習です。

 

1.ゾーンプレスを仕掛けるチームがシュートを入れて、ゾーンプレスをセットする。

2.オフェンスからゾーンプレスへの素早い切り替え、仕掛けるタイミングなどを指摘し合いながら練習する

 

 

まとめ

ゾーンプレスは難易度の高い戦術ですので、習得するためにはそれなりに時間がかかります。

ですがその練習方法のコツやポイントをしっかりと把握したうえで取り組めば上達は早いです。これをマスターできれば劇的にディフェンス力が向上することは間違いありません。

仲間と協力し合いながら練習に励んで習得を目指してみましょう。

 

 

【関連記事】

ルーズボールの取り方やリバウンドの取り方!練習の参考に動画も

バスケのジャンプ力を上げる筋トレ3選&ストレッチ2選!正しいフォームを学ぼう

バスケットボールのルールまとめ! 覚えておきたいファウルや2018年変更点

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top