スカイフックとは?フックシュートとの違い

バスケをしている方で、スカイフックとフックシュートの違いをはっきり理解している方はとても少ないかと思います。スカイフックとフックシュートは別物です。どのような違いがあるのか、解説していきます。

 

 

スカイフックとは?

スカイフックと名付けられたシュートは、NBAのレジェンド、カリーム アブドゥル ジャバーが得意としていたフックシュートです。

大学生の時、彼が原因で試合中のダンクシュートが禁止させられました。そのダンクシュートの代わりに編み出したのが、「スカイフック」というシュートです。

 

スカイフックとフックシュートの違い

スカイフックシュートとフックシュートの違いを簡単に説明します。

フックシュートは、ゴール前でディフェンスとの接触により、身動きができないときに横向きの姿勢からゴールを狙って打ちますが、スカイフックは、それらに加え身体能力をいかしゴールよりも高い位置から投げ下ろすようにシュートを放ちます。

 

実質止めることができない

バスケのルール上、シュート後、ゴールよりも上にあり最高到達点を過ぎたボールに触れてはいけません。

スカイフックはフックシュートは違い、ゴールの上からボールを打ちます。そのため、ディフェンス側はブロックをしたくてもできない状態になります。つまり、スカイフックシュートを打たれると、実質止めることができません。

 

スカイフックは真似が非常に困難

スカイフックは、ゴールの上からボールを落とすように打つため、高い身長と相当な身体能力が必要になります。そのため、スカイフックを真似することは非常に困難です。

ですが、ダンクができるような恵まれた身体能力があれば、できないという訳ではありません。習得するには、練習する時間と体力も求められますが・・・。

 

 

スカイフック以外のフックシュート

スカイフック以外にもフックシュートは存在します。当記事では、2種類のフックシュートをご紹介しましょう。

シュートの2種類は、

・フックシュート

・ベビーフック

この2つです。それぞれについて解説していきます。

 

フックシュート

前途でもお伝えしましたが、フックシュートはゴール前でディフェンスとの接触により、身動きができないときに横向きの姿勢からゴールを狙って打つシュートです。

 

打ち方のコツ

フックシュートの打ち方のコツをご紹介します。コツはたったの2つです。

コツは、

・しっかりと腕を伸ばす

・頭上で半円を描くように打つ

この2つになります。意識しながら練習をすれば、習得できる技です。是非、練習の際には、意識してみてください。

 

ベビーフック

ベビーフックは、ステップを切らずに両足でジャンプしてシュートを打ちます。そのため、フックシュートに比べてモーションが小さく、コントロールしやすいですし、素早くボールが打てます。

 

打ち方のコツ

ベビーフックの打ち方のコツは、

・指先にスナップを効かせる

・肩からボールを押し出すイメージを持つ

この2つです。フックシュートができるようになったら、ベビーフックにも挑戦してみましょう。

 

 

フックシュートのメリット

フックシュートのメリットを3つ挙げて紹介していきます。

 

ディフェンスが密集している場面でもブロックをかわすことができる

ディフェンスが密集していてもフックシュートであれば、シュートを打つことができ、ブロックを交わすことができます。

 

正面を向いてシュートができない時でも打てる

2つ目は、ゴールに向かって正面ではないときでもシュートが打てることです。

フックシュートは、横向きの姿勢で打てるシュートなので、ゴールに向かって身体が正面を向かっていなくてもシュートを打つことができます。

 

相手ディフェンスが身長が高い時にも有効

3つ目は、ディフェンス側の身長が高い時でも有利になることです。自分よりも身長が高いディフェンスに対しても、フックシュートは有効です。

 

 

フックシュートのデメリット

フックシュートを習得するのであれば、デメリットもしっかり理解しておきましょう。

 

コントロールがつきづらい

フックシュートのデメリットは、コントロールがつきづらいことでしょう。

通常のシュートは、身体がまっすぐに伸びている状態でボールを打ちますが、フックシュートは横向きの姿勢でボールを打ちます。

横向きの姿勢でボールを打つのは、簡単なことではありません。相当なバランス力が求められます。そのため、最初のうちはコントロールがつきづらくゴールにボールが入る成功率はとても少ないでしょう。

 

 

スカイフックマスター!カリーム アブドゥル ジャバー

 

スカイフックマスター、カリーム アブドゥル ジャバーについてご紹介していきます。

内容は、カリーム アブドゥル ジャバーが現役時のものです。

 

身長

218cm

 

ポジション

センター

 

キャリア

幼少時代:6~7歳の時にバスケットボールに出会う。他にも野球、水泳、フットボールをしていた。

 

高校時代:チームを95勝6敗という記録に導く。高校卒業後、UCLAへ進学。

 

UCLA時代:1年生の時にUCLAの1軍チームに勝つ。2年生からは主力選手としてプレーする。いくつかの試合で破壊的なプレーを見せることが多くなり、ダンクシュートが禁止となる。しかし、この禁止ができたことにより、「スカイフック」というシュートを身につけた。

 

ミルウォーキー・バックス所属:1969-70年、プロ1年目で最優秀新人賞を受賞。毎年いくつかの賞を受賞し、1975年にはロサンゼルス・レイカーズに放出した。

 

ロサンゼルス・レイカーズ所属:1976-77年、プロ8年目で5度目のMVPを受賞。レイカーズにマジック・ジョンソンが加入したことでチームに革命を起こす。カリームは、マジックの加入後、ウェイトレーニングに加えヨガや武道で身体能力を維持する。

 

カリームは、42歳を最後にバスケを引退すると宣言し、現在では、カリームの背番号33が永久欠番と認定され、カリームの今までの名言もバスケ業界では未だに残されています。

 

カリーム アブドゥル ジャバーのスカイフック

まさに誰も止められないというのが動画で見れば一目瞭然です!

 

 

まとめ

スカイフックを完全に操れる選手というのは現代においてもあまり見られません。そしてそのスカイフックをカリーム アブドゥル ジャバーは左右の手から放ちことごとく決めていきました。

習得することができれば相当な武器になることは間違いありません。恵まれた身体能力が必要ですがスカイフックをマスターしたいというプレーヤーはぜひジャバーの動画を参考に練習を頑張ってください!

 

 

【関連記事】

【バスケ】シュートの種類(名前)一覧!フォームの基本や練習方法も!

バスケのシュート成功率を上げるポイントやコツを解説!飛距離を伸ばす筋トレも

バスケットボールのルール・用語集

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケは見ていてもとてもかっこいいスポーツですので、どうせならかっこいい技も覚えたいものです。そして…
  2. バスケ初心者に役立つ練習メニューと方法をご紹介していきます。また練習場所に困っている人のために家でも…
  3. バスケのディフェンスにおけるテクニック「ハーキーステップ」について紹介します。そのやり方、練習方法、…
  4. ジャンプシュートを確実に決められるようになりたい。 空中でのボールコントロールスキルを高めたい…
Return Top