【バスケ】ノールックパスのコツ!マジック・ジョンソンの紹介も

バスケットボールにおいての技術には様々ありますがパスの技術の一つに「ノールックパス」があります。ノールックパスは英語表記から来ていますから直訳してもわかるように受け取りてをみないでパスを出すことになります。

しかし、本質的な意味は異なります。今回はノールックパスの意味や出すコツ、練習方法、ノールックパスの先駆者でもあるマジック・ジョンソンについても取り上げていきます。

ぜひ、最後までお読みいただき、参考にしてみてください。

 

 

【バスケ】ノールックパスとは?

はじめに、ノールックパスについて解説します。冒頭でも申し上げたようにノールックパスはパスを出す相手(レシーバー)を見ないでパスを出す技術になります。

通常のパスであれば相手からマークされていてもパスを出す味方に視線を送りながらパスを出します。しかし、ノールックパスはレシーバーに視線を送らずにパスを出します。

ディフェンス選手をだましてうまくパスを通す技術の一つになり、相手にしてみるとフェイントに引っかかるわけですから対応が遅れます。

ノールックパスがうまく決まればパス回しがスムーズに行えて得点できるチャンスが広がるので状況によっては非常に有効な技になります。

ちなみに、サッカーでもノールックパスは時々使われます。バスケットボールと同様で敵を欺くフェイントの一種にもなります。

 

 

【バスケ】ノールックパスのメリット

ここからはノールックパスのメリットをさらに深堀してみたいと思います。ノールックパスのメリットは大きく分けると2つあります。

 

ディフェンスに読まれづらい 

ノールックパスのメリットの一つ目はディフェンスに読まれにくいことがあげられます。視線をレシーバーに対して送らないわけですからディフェンス選手も対応しにくい技術になります。

 

背の低い選手でもでき、最大の武器になる

もう一つのメリットは身長の低い選手でも武器にできる技であることです。極端な例ですがダンクシュートはジャンプ力(瞬発力)を差し引いても身長の高い選手が有利になります。

ところがノールックパスはフェイントの一種でもありますから背の低い選手でも習得できる技術になります。体格の大きな選手にマークされても一瞬のすきを狙って出せるパスですから最大の武器にもなります。

 

 

【バスケ】ノールックパスのコツ

敵を惑わすノールックパスはどのポジションの選手でも習得できる技でもあります。ここからはノールックパスのコツについて解説します。

まだノールックパスができない人や上手くできない人はぜひ参考にしてほしい内容です。

 

コートを俯瞰で見て視野を広げる

ノールックパスはパスを出す相手を見ませんが味方の動きを把握できていなければ上手く通りません。

コート全体を俯瞰して視野を広げる必要があります。広範囲の視野を持つことを周辺視野ともいいますができるだけ目の隅で見える範囲を広げていかなくてはなりません。

周辺視野を広げる訓練として1から25の数字を書いた5×5マスの紙を用意します。真ん中の数字を見ながら周辺の数字が何かを当てていくゲームをすると周辺視野も広がります。

最初は多くの数字を当てていくのは難しいかもしれませんが慣れてきたら距離を調節して視野を広げてみましょう。

 

レシーバーの動きを予測する

周辺視野でも対応できないケースが試合や練習中にはあると思います。その時はパスを受ける選手の動きを予測することが必要です。

仮に自分に2人のディフェンスが来たら、レシーバーは左側のディフェンスがいる方向に来るはずだ・・・。などと予測をしながらパスを出すのです。

そのような予測ができる選手はパサーとしての評価も高いはずです。

 

はじめは間接視野でのノールックパスから

ノールックパスは広い視野を持つことやパスを出すときの技術、視野的な鍛錬、味方の動きを予測するなど様々なコツがあります。

一気にすべてできる選手はそうはいません。誰でも少しずつ上達していくので日々の練習は当然必要です。

何から始めてよいか分からないなら、間接視野でノールックパスができるように練習してみましょう。

間接視野とは一点を集中するのではなく全体をボヤっと見ることです。「あの選手がここにいて、この選手はここにいる・・・」とぼんやり把握した状態で「右脇にいる選手にパスを出そう」といった具合に練習してみましょう。

 

 

【バスケ】ノールックパスに必要なスキル

ノールックパスのコツがわかったところで今度は必要なスキルを解説します。間接視野が備わってきてもパス自体がうまく出せないスキルでは意味がありません。

パスを出すときのスキルをしっかりと身につけていきましょう。

 

通常のパスが高い精度で狙い通りに出せるか?

ノールックパスを習得しようとしても基本的なパスが思うように出せないと、いくらノールックパスの練習をしても上手くいきません。

まずは基本的なチェストパスやバウンズパス、オーバーヘッドパスなどで狙ったところにしっかりとパスが出せるようになるのが先決です。どのスポーツも基本を超越して応用からスタートするのは無理があります。

パスの精度で言うならばコートの横幅くらい離れたとしてもレシーバーがその場から足を動かさずにキャッチできるかどうかです。そのレベルになるまでパス練習を行ってからノールックパスの練習に移りましょう。

 

パスモーションを小さくしても強く出せるか?

ノールックパスは敵にフェイントをかける技で決まりやすくなります。しかし、視線のフェイントが成功したとしてもパスモーションが大きければディフェンスの選手に対応されてしまいます。

ですから、モーションをできるだけ小さくして、なおかつ、レシーバーに届く強さでパスを出さなければなりません。そのためには上体や全身を使うのではなく手首(リスト)の強さが必要になります。

 

強いリスト(手首)

ノールックパスは自分の背後(背中)に腕を回してパスを出すこともありますからリストの強さは必要です。

リストを強くすればノールックパスだけではなくシュートを打つ時にも生かされます。バスケットボール選手ならば鍛えておきたい箇所でもあります。

手首の鍛え方には様々な方法があります。今回は家でも簡単にできるリストの鍛え方を一つだけ紹介します。

 

リスト(手首)の鍛え方

小学生や中学生で筋力が未発達の時期であればお風呂に使ったときにシュートを打つように水中でスナップするのを毎日続ければ効果は期待できます。

しかし、高校生や大人になるとそれだけでは鍛えられません。機材は必要になりますがダンベルを使ったリストカールは効果的です。

椅子や何かしらの台に前腕部を置いて正座して座ります。手のひらが見えるように腕を向けてダンベルをカールさせます。

注意点は手首がしっかりと鍛えられるように腕をしっかりと固定することです。重さも回数やセット数も無理のない程度に設定して徐々に増やしていきましょう。

 

 

ノールックパスの先駆け!マジック・ジョンソン

最後にノールックパスの先駆者であるマジック・ジョンソンについて紹介したいと思います。

 

身長

206cm

 

ポジション

PG(ポイントガード)

 

キャリア

1979年のドラフト1位の選手で1980年代のレイカーズの5度の優勝に貢献した人物でもあります。歴代の偉大な選手50人にも選ばれ、2002年には殿堂入りも果たしています。

1980年代にマイケル・ジョーダンやラリー・バードとともにNBAを牽引した選手の一人でパワーガードではNBA史上最高の選手とも言われています。身長が206cmもありながらポイントガードを務めるのは非常に珍しいです。

 

プレースタイル

パスの技術が高いと評価された選手でだれも予想しないパスを次々に成功させ、ノールックパスは代名詞的なものになっています。

生涯アシスト数は10141でレイカーズでは歴代1位、NBA全体でも4位と偉大な記録を持っています。1試合当たりの生涯平均アシスト数は11.2で歴代1位の記録になっています。

アシスト数からも得点につながるパスを何度も出していたことがわかります。また、彼の名言、格言に「君には無理だという人の話は聞かなくていい」という言葉があります。

黒人だったマジック・ジョンソンは黒人にはバスケは無理だとでも言われたのか周りの声で否定的なものあがあっても努力をすることが重要だと私たちに伝えています。

 

マジック・ジョンソンのノールックパス

マジック・ジョンソンのスルーパスがどれほど鮮やかだったのか以下の動画をご覧ください。

 

 

まとめ

今回はバスケットボールのノールックパスについて解説しました。ノールックパスは敵を欺き自分たちに有利な流れがつくれる技の一つです。

コツや必要なスキルを理解して、ぜひ、マスターしてみましょう。

 

 

【関連記事】

バスケットボールの基本的なルール・用語集

【バスケット】ペネトレイトとは?意味・コツ!練習方法も!

バスケのシュート成功率を上げるポイントやコツを解説!飛距離を伸ばす筋トレも

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケは見ていてもとてもかっこいいスポーツですので、どうせならかっこいい技も覚えたいものです。そして…
  2. バスケ初心者に役立つ練習メニューと方法をご紹介していきます。また練習場所に困っている人のために家でも…
  3. バスケのディフェンスにおけるテクニック「ハーキーステップ」について紹介します。そのやり方、練習方法、…
  4. ジャンプシュートを確実に決められるようになりたい。 空中でのボールコントロールスキルを高めたい…
Return Top