フィンガーロールとは?有効な場面やコツ、練習方法をご紹介!

本記事では、NBA選手も頻繁に使うフィンガーロールについて紹介します。どのシチュエーションで有効なのか、コツや練習方法は何か、などフィンガーロールを習得する際に必要な要素を解説していきます。

 

 

フィンガーロールとは?

フィンガーロールとはレイアップシュートの一つで、指先を丸め回転をかけて打つシュートです。回転をかけることでリングにボールが吸い込まれやすくなります。

 

通常のレイアップシュートとどう違う?

通常のレイアップシュートは、ゴールに置いてくる感覚です。つまり、回転はかかっていません。対してフィンガーロールはボールに回転をかけることによって、より高いボールコントロールが求められます。

 

難易度

回転をかけて打つのでコントロールが難しく、レイアップシュートの中でも難易度の高いシュートです。またフィンガーロールは難しい体勢で打つことが多いため、ボディバランスの高さも必要です。

 

身長が低い選手は特に必要なスキル

身長が低い選手はぜひフィンガーロールを習得しましょう。なぜなら大きい選手に向かってシュートするときに、ブロックをかわしてシュートが打てるからです。回転を使ってシュートすることで、相手の予測を狂わせ、ビックマン相手でも怖がらずにシュートできます。

 

パスにもスキルを生かすことができる

フィンガーロールはパスにも応用が可能です。指先を丸め回転をかけながらのバウンドパスをすれば、味方に動きに合わせた回転をかけられたり、ディフェンスをかいくぐってパスできます。シュートがマスターできたら、パスでも応用してみましょう。

 

 

フィンガーロールが有効な場面

フィンガーロールを身につければ、ディフェンスのチェックが厳しい場面でもゴールを決められます。こちらではフィンガーロールの有効なシチュエーション3つ紹介します。

 

ブロックをかわして打つ時

先述していますが、フィンガーロールをマスターすれば、ブロックをかわしてシュートできます。回転をかけてボールを少し浮かせたり、バックボードをうまく使うことで、通常のレイアップシュートとは違う軌道になり、シュートブロックされる可能性を下げてくれます。

 

レイアップをリング真正面から打つ時

真正面からのフィンガーロールはバックボードに当てず、直接リングに入るように打ちます。バックスピンをかけて、ボールがフワッと浮かせるイメージで打ちましょう。

 

バックシュートの時

バックシュートではリングに直接狙わずに、バックボードに当てます。回転はバックスピンではなく、横の回転をかけます。そうすることでボールをコントロールしやすくなり、高確率でボールがリングに吸い込まれます。

 

 

フィンガーロールのコツと練習方法

こちらではフィンガーロールのコツと練習方法について紹介します。コツと練習方法合わせて三種類だけなのでしっかり頭の中に入れて、体に覚えこませて、良いフィンガーロールが打てるようにしましょう。

 

レイアップの際お尻を固定させるイメージで打つ

お尻を効果的に使うとフィンガーロールが打ちやすくなります。理由は2つです。

1つ目は相手が当たってきたときにボディバランスを保てるから。2つ目はお尻を相手に接してシュートできるスペースを作れるから。お尻を使わずにフィンガーロールすると、体勢がくずれやすい、シュートを打てるスペースが確保できにくくなります。お尻は固定させるイメージで打ちましょう。

 

ボードに、どういう回転をかけたら入るかを練習で覚える

どの回転が入りやすいか、ボードを使って練習しましょう。どの位置からどんな回転をかけれベストなのかがわかると、フィンガーロールの成功率がグンと上がります。ボードがなくても家でボールを使って、指先で回転をかけて宙にボールを浮かせるトレーニングも効果的です。

 

マイカンドリル

マイカンドリルはやればバックボードの使い方、指先のコントロールの仕方が習得できます。まずゴール真下に立ち、ボードを6分割し、左右端4点を狙い打ちましょう。それぞれ10本ずつを目安に繰り返し練習します。両手でできるように取り組みましょう。

 

 

ぜひ参考に!フィンガーロールの得意な選手

こちらではNBAで屈指のフィンガーロールの使い手にスポットを当てて紹介します。動画も掲載しているので、練習の参考にして高確率のフィンガーロールを身につけましょう。

 

ステファン・カリー

NBAのゴールデンステイトウォリアーズに所属しています。愛称はステフ・「シェフ」・カリーです。相手を料理するようなプレーと、料理のカレーをかけたニックネームになっています。2018年の9月10日にアンダーアーマーのアジアツアーで来日しました。

 

身長

身長は191cm、体重は86kgとNBAの中では小柄な選手ですが、サイズを感じさせないプレーでチームを引っ張り、NBAのスーパースターになりました。

 

ポジション

ポジションはPG。チームの司令塔となり、ウォリアーズの攻撃はステファンカリーから始まることがほとんどです。

 

キャリア

2009年のデビュー以来順調なキャリアを歩んでいましたが、2011〜2012シーズンでは開幕前に靭帯修復手術。プレシーズンでは右足首を捻挫、シーズン中にも捻挫を再発するなど怪我が多く、不本意なシーズンとなりました。

しかし、翌年はプレイオフ初出場、272本のスリーポイントシュート(NBA記録)を決めるなど大活躍しました。すでにチャンピオンリングを3つ持ち、チームとカリー共にさらなる活躍が期待されます。

 

プレースタイル

高確率なスリーポイントシュート、高いドリブルスキルを活かしたドライブ、トリッキーなパスなど、どれも一級品のプレーばかりです。特にスリーポイントシュートはNBA記録のシーズン402本成功しています。200本成功させても一流のスリーポインターと呼ばれる中、ステファンカリーの成功数は群を抜いています。

 

ステファン・カリーのフィンガーロール

ステファンカリーのフィンガーロールはスリーポイントシュート同様、彼の必殺シュートです。ビックマンのブロックの上にボールを浮かせ、簡単にゴールを決めます。指先の感覚、ブロックを予測する力など、フィンガーロールを決めるために大切な要素を全て持っています。

 

カリーのバッシュを知りたい方はこちら

ステファンカリーのバッシュは?【ナイキ編、アンダーアーマー編】

 

カイリー・アービング

カイリー・アービングはステファン・カリーにと同格のPGです。圧倒的なスピードを活かした鋭いドライブでゴールを量産します。カイリーアービングのフィンガーロールは相手に引っ張られようと、体勢が崩れようと決め切る力があります。

 

 

まとめ

「あなたにとって最も大きな障害を乗り越えたとき、成功はやってくる」、というステファン・カリーの名言があります。NBAチャンピオンを3度獲得するまで大きな障害が彼を襲いました。

しかし、シュートを打ち続けチームを引っ張った結果、障害を乗り越えて現在の地位があります。フィンガーロールの練習をして、うまくいかないときはステファン・カリーの名言をモチベーションにして取り組みましょう!

 

 

【関連記事】

レイアップシュートとは?コツを解説!レイバックシュートなどの種類も

【バスケ】シュートの種類(名前)一覧!フォームの基本や練習方法も!

バスケのシュートに回転が必要な3つの理由

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. シューズ選びで困ったことやわからないことはありませんか? 例えば、いつも靴擦れをしてしまう、足が痛…
  2. ねんざのリスクが高まる要因とは? 足のねんざが発生する原因の1つとして、小出敦…
  3. プロテインの美味しい飲み方や初心者でも簡単なレシピ集、おすすめ商品をご紹介します。今回はパーソナルト…
  4. スポーツをやっている方はテーピングをうまく使って怪我の予防や悪化などに備えたりすると思います。テーピ…
Return Top