フェイダウェイシュートの意味・メリット・コツ!参考にしたいNBA選手など!

フェイダウェイシュートとは何か、コツや参考にしたいNBA選手を紹介します。「シュートがワンパターンだな」「新しいシュートをマスターしたいな」、と考えているプレーヤーに参考になる内容です。

 

 

フェイダウェイシュートとは?

フェイダウェイシュートとは後ろにジャンプして打つジャンプシュートです。スラムダンクの読者であれば、翔陽の花形選手が得意としているシュートでも有名です。

 

難易度

フェイダウェイシュートは後ろに飛びながらのシュートなので、真上に飛んで打つ通常のジャンプシュートよりも難しくなります。そのため初心者が練習してすぐにできる簡単なシュートではありません。

 

 

フェイダウェイシュートのメリット

後ろに飛ぶフェイダウェイシュートはただ、何も考えずに後ろに飛ぶわけではありません。ちゃんと理由があって後ろに飛んでいます。こちらではフェイダウェイシュートのメリットは何か、具体的な理由を3つ紹介します。

 

ブロックを避けてシュートを打つことができる

フェイダウェイは「次第に離れる」という意味があり、フェダウェイシュートディフェンスから離れて打つシュートになります。

ディフェンスに密着マークされているのに、そのまま何も考えずにジャンプシュートすれば、よっぽどのジャンプ力でない限りブロックの餌食になります。その状況でフェイダウェイシュートが打てれば、ディフェンスとの間にスペースを作れるので、ブロックを避けてシュートできます。

 

シュートバリエーションが増えディフェンスを惑わすことができる

シュートパターンが一種類のみだった場合、ディフェンスが時間と共に対応してブロックされやすくなる危険性があります。もしフェイダウェイシュートが打てれば、相手はジャンプシュートとフェイダウェイシュートの両方の対応が必要となるため、ディフェンスを惑わすことができます。

 

精神的な余裕が生まれる

フェイダウェイシュートが打てればメンタル面でも有利になります。ディフェンスとの間にスペースが生まれるため、ベストなタイミングでシュートできれば、フリーに近い状態で打つことができ、メンタル面で優位に立てます。

 

 

フェイダウェイシュートのコツ

フェイダウェイシュートは難しいシュートですが、コツを掴み練習すれば必ず習得できます。コツは全部で5つです。最初から全部意識すると頭がごちゃごちゃになるので、1つ1つクリアしていき、徐々にコツを掴んでいきましょう。

 

前に重心を傾けて一度ディフェンスを下げる

ただ後ろにジャンプしてシュートしてもフェイダウェイシュートは成功しません。相手のマークを外す必要があるので、前に重心を傾けてディフェンスに「前に行くぞ!」という姿勢を見せましょう。すると相手は重心が後ろに傾くため、後ろに遠ざかるフェイダウェイシュートに対して反応が遅れ、マークを外しシュートできます。

 

後ろに飛びすぎない

フェイダウェイシュートは後ろに飛びすぎてはいけません。バランスが崩れやすくなるからです。大きく後ろにジャンプするのではなく、シュート前に相手の裏をついたり、押し込む作業をし、後ろに流れながら打つシュートと捉えると良いフェイダウェイシュートが打てます。

 

シュートの狙う位置はやや遠目

フェイダウェイシュートはゴールから遠ざかって打つシュートなので、通常のジャンプシュートよりもやや遠目を狙いましょう。また、打点が低くなるためボールの軌道を高くすることも意識しましょう。軌道が低くなると、相手のブロックが届きやすくなります。

 

ジャンプしたあとは上半身をまっすぐに保つ

上半身をまっすぐに保つことも重要です。まっすぐでなく、左右や前後に曲がってしまうと、ボールの軌道がブレてシュート成功率がガクッと落ちます。フェイダウェイシュートは打つ前の動作も大切ですが、ジャンプしたあとの動作も重要です。

 

肘の向きはリングに!

ジャンプしたあとの上半身の動きに加えて、肘の向きも非常に大切です。肘はリングに向けます。後ろにジャンプするので肘もブレやすくなりますが、リングに向いていないと当然ボールはリングとは違う方向に飛んでいきます。通常のジャンプシュート同様に、肘はリングの方へ向けましょう。

 

 

フェイダウェイシュートに必要なもの

こちらではフェイダウェイシュートのコツを掴んだところで、フェイダウェイシュートに必要なものを3つ挙げます。練習で積極的に意識して取り組みましょう。

 

通常のジャンプシュートの精度

フェイダウェイシュートの精度を求めるのであれば、通常のジャンプシュートの精度が高くなければ話になりません。

ゴール下からしかシュートできないのであれば、ゴール下のシュート精度を上げる。次にペイントエリアのライン上、ミドルシュート、最後は3ポイントの精度も向上させましょう。どのエリアからも効率よくボールに力が伝わるよう意識することが大切です。

 

シュート成功率を上げるコツを知りたい方はこちら

バスケのシュート成功率を上げるポイントやコツを解説!飛距離を伸ばす筋トレも

 

ボディバランス

ボディバランスが悪いとフォームが不安定になり、フェイダウェイシュートは入りません。

ボディバランスを良くする練習は、ボールを持ち立った状態から利き足を後ろにステップさせてシュートを打つ練習が効果的です。シュートを打たなくてもフェイダウェイシュートのバランス感覚を掴めます。

 

筋力

フェイダウェイシュートには筋力もボディバランスと同じくらい重要です。特に体幹の筋肉がしっかりしていなければ、フォームが崩れてシュートが安定しません。加えて筋力がないと飛距離が足りず、エアボールになる可能性もあります。そこでスクワットや腕立て伏せ、背筋などを練習に取り入れて筋力を上げましょう。

 

 

参考にしたい!NBAのフェイダウェイの名手

こちらではNBAのスーパースター、マイケルジョーダンのキャリアやプレースタイルを中心に紹介します。ジョーダンの後継者と呼ばれたコービーブライアントや、まだ現役を続けているダークノビツキーのフェイダウェイシュートについても取り上げていきます。

 

マイケル・ジョーダン

NBA史上最も優れた選手として頻繁に上げられる選手が、マイケルジョーダンです。NBA人気を爆発的に高め、ナイキが発売したエアジョーダンシリーズは現在でも新モデルが発売され、バスケファン以外の層にも多大な影響を与え続けています。ちなみに俳優のマイケル・B・ジョーダンは息子ではありません。

 

エアジョーダンシリーズをくわしく知りたい方はこちら

【バッシュ】エアジョーダンの歴代人気モデル7選!レディース向けや最新も!

 

身長

身長は198cm、体重は99kg、足のサイズは31cmです(3つとも現役当時)。2m級の選手がゴロゴロいるNBAの中では秀でたサイズではありません。

 

ポジション

シカゴブルズ時代はSG、2度目の現役復帰となったワシントンウィザーズではSFを任されました。

 

キャリア

ノースカロライナ大学から1984年ドラフトでシカゴブルズに加入。野球選手を目指し引退した時期もありましたが、6度のNBAチャンピオン、オリンピックで金メダルを2つ獲得、得点王10回、平均得点30.12点を記録しています。キャリア最後のチームをワシントンウィザーズで終え、2003年に3度目の引退をしました。

 

プレースタイル

キャリア初期はダブルクラッチや派手なダンク、滞空時間の長いアウトサイドシュートを得意としました。キャリア後期からはフェイダウェイシュートを多用して、高い得点能力を保ちました。

 

マイケルジョーダンの凄さがわかる動画

動画で見てわかる通り、滞空時間の長いアウトサイドシュートが目を引きます。キャリア終盤は全盛期に比べジャンプ力が落ちましたが、それでもとんでもなくジャンプしており、ジャンプ力の凄さがわかります。

 

コービー・ブライアント

コービーブライアントは学生時代、マイケル・ジョーダンのプレーを真似し練習したと言われています。ジャンプシュートのフォームや、クラッチシュート、シュートする際の舌を出す仕草までコピーしています。マイケル・ジョーダンと並ぶNBAのスーパースターでした。

 

コービーモデルのバッシュをくわしく知りたい方はこちら

【バッシュ】コービーモデルの種類!新作も紹介!

 

ダーク・ノビツキー

ダークノビツキーはダラスマーベリックス一筋のベテランPFです。身長213cm、体重111kgのサイズを活かしたフェイダウェイシュートを得意としています。ディフェンスに体を当ててからのフェイダウェイシュートを止められる選手はNBAの中でもほとんどいないほど、高確率なシュートです。

 

 

まとめ

「何かを始めることは怖いことではない。怖いのは何も始めないことだ」、というマイケルジョーダンの名言があります。NBAを2度引退してからのカムバック、MLB挑戦、など多くの挑戦をし成功も失敗を繰り返してきました。フェイダウェイシュートの練習も他の練習もうまくいかないときは彼の名言を思い出し、辛抱強く練習しましょう。

 

 

【関連記事】

バスケのシュートに回転が必要な3つの理由

【バスケ】シュートの種類(名前)一覧!フォームの基本や練習方法も!

スリーポイントシュートとは?距離が届かない場合は?コツは?

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケは見ていてもとてもかっこいいスポーツですので、どうせならかっこいい技も覚えたいものです。そして…
  2. バスケ初心者に役立つ練習メニューと方法をご紹介していきます。また練習場所に困っている人のために家でも…
  3. バスケのディフェンスにおけるテクニック「ハーキーステップ」について紹介します。そのやり方、練習方法、…
  4. ジャンプシュートを確実に決められるようになりたい。 空中でのボールコントロールスキルを高めたい…
Return Top