【バスケ】マッチアップとは?マッチアップゾーンも解説!

マッチアップは、マンツーマンと間違えられることが多いかと思いますが、実は違うんです。そこで今回は、マッチアップとマンツーマンについて解説! また、マッチアップとゾーンのいいとこどりのマッチアップゾーンについても解説していきます。

 

 

マッチアップとは?

マッチマップ(英語:match up)とは、相手プレイヤーと1対1で駆け引きをするディフェンスです。

そのため、マッチアップを行う際は、相互プレイヤーの実力が同じくらいのときが多いでしょう。

バスケ以外にもサッカーも同じ意味として使われています。

 

マッチアップとマンツーマンディフェンス

1対1でオフェンスをマークするのは、マッチアップだけではなくマンツーマンディフェンスも似たような意味がありますが、少し違います。

ですが、この違いを理解している方は、とても少ないでしょう。

そこで簡単に、この2つの違いを説明します。

 

マッチアップ:相手プレイヤーと1対1で駆け引きをする

マンツーマン:特定された相手チームのプレイヤーをマークする

 

この違いを理解しているかしてないかで、プレイは変わっていきます。少しでも自分のプレイスキルを底上げしたいのであれば、是非覚えておきましょう。

 

 

【バスケ】マンツーマンディフェンスのメリット

マンツーマンは、ディフェンスの基礎です。基礎となる部分のメリットとデメリットを理解しておきましょう。

 

戦術理解がしやすい

マンツーマンは、常に誰か1人をディフェンスしています。常にマークをしているため、オフェンス側の戦術理解がしやすいです。

戦術理解ができると、オフェンスのプレイ範囲を狭くしたり、プレッシャーをかけたりすることができます。

 

自チームの選手の身体能力を生かせる

マンツーマンで行うディフェンスは、マークする選手を選べるメリットがあります。マークをする選手を選ぶことができると、自チームの選手の身体能力を生かしてプレイに望めることが可能です。

 

個人のディフェンス能力が高まる

マンツーマンで行うディフェンスは、個人のディフェンス能力が高まります。試合開始から終了するまで相手プレイヤーからゴールを守るので、集中力が上がったり、体力維持能力が上がったりするのです。

 

以上で、マンツーマンディフェンスのメリットをお伝えしました。次は、デメリットについてお伝えします。

 

 

【バスケ】マンツーマンディフェンスのデメリット

マンツーマンディフェンスのデメリットを4つ挙げて解説します。

 

相手選手の実力が明らかに上回っている場合は不利になる

1つ目は、明らかに相手選手の実力の方が上回っている場合です。この実力というのは、精神論とかではなく、物理的な実力のことをいいます。

ドリブルの速さ、パスの速さなど、目でわかるくらいの実力が上回っている選手には、ディフェンスをしても無意味に近いです。

このような実力の差を感じないためにも、自分の実力を同じくらいの選手をマークするようにしましょう。

 

かわされた場合はマークにズレが生じる

2つ目は、マンツーマンでかわされた場合にチームの中でズレが生じることです。

マンツーマンのディデンスは、自分だけではなく他の選手もマンツーマンをしている状況のため、かわされた時に違う人がすぐマークしにいくか、自分がオフェンスを追いかけるかという判断を求められます。

その際に、少しでも迷いがあると、マークにズレが生じてしまうのです。この問題は、よくあるため、事前に作戦を練って決めておくといいかと思います。

 

速攻が出にくい

3つ目は、速攻しにくいことです。

マンツーマンは、常にオフェンスをマークしているため、自チームがオフェンス側になっても、ディフェンスからオフェンスに切り替えるのに時間が少しかかるので、速攻が出にくくなります。

 

疲労しやすい

4つ目は、疲労しやすいことです。

バスケは、オフェンスとディフェンスを交互に行なっています。この交互に行う頻度が多ければ多いほど、疲労しやすいでしょう。

特に、ディフェンスはオフェンスとは違い膨大な集中力を使います。そのため、脳みそへの疲労がとても大きいです。

脳みその疲労がたまると、体力の疲労も少しずつたまります。

 

以上で、4つのデメリットを紹介してきました。デメリットといっても、どのデメリットもたくさん練習して努力を積み重ねれば、補うことができます。

 

 

【バスケ】マンツーマンディフェンスと使い分けられるゾーンディフェンス

マンツーマンディフェンスと使い分けることができるゾーンディフェンスがあります。

このゾーンディフェンスの特徴は、

・ゾーンを守る

ということです。マンツーマンディフェンスは、「人」を守り、ゾーンディフェンスは「エリア」を守ります。大きな違いでもあり、特徴でもあります。

 

 

【バスケ】マンツーマンとゾーンのいいとこ取り!マッチアップゾーン

マッチアップゾーンとは、マンツーマンディフェンスとゾーンディフェンスの長所を組み合わせたディフェンスのことです。

オフェンス側のプレーに対応して、そのオフェンス側のゾーンの中に、ディフェンス側がそれぞれの責任を持ち、マンツーマンディフェンスを行います。

このマッチアップゾーンには、メリットとデメリットがあるので、解説してきましょう。チームの戦力として取り入れたい方は是非、お読みください。

 

マッチアップゾーンのメリット

マッチアップゾーンのメリットは、

 

・オフェンス側のリズムを崩すことができる

オフェンス側は、マンツーマンに対して戦略を考え実践してきます。そこに、ゾーンを使ってディフェンスを行うと、オフェンス側や相手チームのリズムが崩れるのです。

・チームワークのレベルが上がる

選手ごとに持っている特徴を上手く活用することで、チームワークのレベルが上がります。また、選手の弱点を補うことが可能です。

・速攻しやすくなる

マンツーマンとは違い、ずっと同じ人をマークする必要が無くなります。そのため、ディフェンスでのリバウンドやスティールなどでボールを保持した時に速攻がしやすくなるのです。

 

高いチーム力の理由を徹底分析!法政大学第二高校のチーム作りとは?

 

マッチアップゾーンのデメリット

マッチアップゾーンのデメリットは、

 

・マークにズレが生じる

マンツーマンディフェンスよりもマークする選手が固定されていないため、マークの受け渡しをする際にズレが生じやすくなります。特に、自分のゾーンから出て行こうとしている時が多いです。

・ノーマークになる人がでる

ゾーンディフェンスの場合、ノーマークになる人が出てしまいます。例えば、実力的に1対1が難しい時に、2対1でディフェンスを行うことがあり、結果、ノーマークになる人が出てくるのです。

 

以上が、マッチアップゾーンのメリットとデメリットについて解説してきました。

 

 

【バスケ】マッチアップゾーンの配置

マッチアップゾーンには、5つの配置があります。

それぞれの配置について、説明していきましょう。

 

1-1-3

ゴール下に3人を配置します。ゴール下は、センター。その左右にフォワードです。そした、前方には2人を縦に配置します。

インサイドに攻めてくるチームに対して効果的で、リバウンド勝負で勝ったときに速攻を出すことが可能です。

 

1-3-1

ゴール下に十字形となるように配置につきます。配置につく時は、中央と最後尾に長身選手を並べましょう。ポストプレイヤーや前方からのスリーポイントシュートに強いです。

ですが、コーナーからの3Pやリバウンド勝負には弱くなります。

 

3-2

ゴール下の2人、その前方に3人となるように配置してください。ゴール下の2人に、センターやパワーフォワードなどの長身選手、そして、前方の3人は速攻しやすいタイプの選手がおすすめです。

インサイドの守備は弱くなりますが、左右45度までの3Pの対処が強くなります。

 

2-1-2

2-1-2は、変則な配置スタイルです。ゾーン内で、「X」の字となるように配置します。ハイポストへのケアがスムーズになります。

 

1-2-2

1-2-2は、3-2の変則型です。前方3人の中心が少し前に出て、「五角形」になります。特性は、3-2と同様で、相手側に少しだけプレッシャーを与えることができます。

 

以上が、マッチアップゾーンの配置です。

 

 

まとめ

今回は、マッチアップやマンツーマン、そして、マッチアップゾーンについて解説してきました。

マンツーマンとマッチアップは違う意味をもち、この2つを上手く使いこなせるマッチアップゾーンがあります。

それぞれの長所を上手く使いこなし試合で勝つためには、それなりの練習が必要でしょう。また、マッチアップゾーンは、チームとしての実力が求められるので、個人だけの練習だけでは、上手く使いこなすことは難しいです。

ですが、チームのレベルアップ、スキル向上を目指すのであれば、チームの戦力として取り入れた方が良い戦術でしょう。取り入れる際は、是非当記事を参照し練習に励んでいただけたら嬉しいです。

 

 

【関連記事】

3×3で使えるテクニックを身につけよう!

【初心者向け】レッグスルーとは?やり方やコツ、練習方法など

バスケのドリブル練習やコツを解説!小学生や初心者の室内メニューも【動画あり】

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  2. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  3. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  4. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
Return Top