【バスケ】シュートの種類(名前)一覧!フォームの基本や練習方法も!

これからバスケットボールを始めようとする人は、ルールやシュートに関する基本的な知識はもちろん、正しい練習方法を知っておくことが非常に大切です。

この記事では、バスケのシュートの種類(名前)や練習のポイントを、初心者にもわかるように詳しく解説していきます。

 

 

【バスケ】シュートの種類(名前)・名前

バスケにはいろいろなシュートがあります。

まずはシュートの種類(名前)について見ていきましょう。

 

ランニングシュート(レイアップシュート)

ランニングシュートは別名「レイアップシュート(アンダーハンドレイアップ)」とも呼ばれる、バスケの中でも最も基本的なシュートです。基本とはいっても、試合中はディフェンスのブロックを避けながら打たなくてはいけないことが多いため決して容易ではありません。

通常のレイアップシュートを右サイドから打つ場合は「右足→左足」とステップを踏んでからジャンプして打ちます。

左サイドから打つ場合は「左足→右足」とステップを踏んでからジャンプして打ちます。

 

・レイバックシュート

通常のレイアップシュートを打つ流れでゴールに走りこんでいき、そのままゴールを通過してから後ろ向きに打つシュートです。通常のレイアップシュートの次に使用頻度が高いシュートといえます。

 

・リーチバックシュート

レイバックシュートとは逆の手で打つシュートです。

 

・オーバーハンドレイアップ(プッシュシュート)

通常のレイアップシュートは下から打ちますが、オーバーハンドレイアップは下から打ちます。

 

・スクープシュート(ハイレイアップ)

上に高く上げながら打つレイアップシュートのことです。レイアップの中で最も難しいシュートといえます。

レイアップシュートをくわしく知りたい方はこちらも

レイアップシュートとは?意味は?コツや種類を徹底解説!

 

ダンクシュート

直接リングにボールを叩き込むダンクシュートは、バスケットの中でも最も迫力のあるシュートです。

身体能力を要するシュートですが、やってみたいと誰もが憧れるシュートです

有名なバスケット漫画がありますが、リングにボールを激しく叩きつける強烈なシュートのことを「スラムダンク」といいます。

 

・アリウープ

仲間からのパスを空中でキャッチしてダンクするシュートです。自分で投げてバックボードに当てたり、床に投げて跳ね返ったボールを空中でキャッチしてそのままダンクする場合もあります。

 

・プットバック(リバウンドダンク)

リバウンドしたときにそのままダンクするシュートです。

 

・レーンアップ

フリースローラインからジャンプしてダンクするシュートです。バスケットの神様と言われるマイケル・ジョーダンが披露したことで有名になったダンクシュートです。

ダンクをしたい方におすすめの筋トレはこちら

バスケのジャンプ力を上げる方法【動画付き】ダンクにおすすめの筋力トレーニング

 

フックシュート

ディフェンスにブロックされないように、体の横から打つシュートがフックシュートです。

基本的には背が高くてセンターをやっている人が多用するシュートです。

 

・スカイフック

名選手ジャバーが得意としていたフックシュートで、リングよりも高い打点から投げおろします。ブロックしてもゴールテンディングになってしまうのでブロックは不可能です。

 

・ヘビーフック

素早いシュートモーションで打つフックシュートのことです。

 

ステップシュート

バスケはステップの仕方次第でシュートの難易度が変わります。ステップを入れることによってフリーの状態を作り、楽にシュートを打つことができます。

 

・ターンアラウンドシュート

リングに背を向けた状態から振り返り、放つシュートのことです。

 

・ステップバックシュート

後ろに一歩下がってから打つジャンプシュートのことです。下がることでディフェンスとの間にスペースができるので、ブロックを回避することができます。

 

・アップアンドアンダー

シュートフェイント(ジャンプシュートをすると見せかける)を入れてから、一歩踏み込んで打つシュートのことです。

 

・ギャロップステップシュート

一歩目でジャンプして、両足で着地してから打つシュートのことです。

 

・ユーロステップシュート

二歩目を一歩目とは逆側に大きく切り返すことで、ディフェンスをかわしてシュートを打つ高等テクニックです。

ステップシュートの中では最も難しいシュートで、言葉だけではわかりにくいと思いますので、参考動画をご紹介します、

 

ジャンプシュート

ジャンプシュートは、ジャンプの最高到達点に達したときに打つシュートのことです。

 

・ジャンピングシュート

ジャンプしながら打つ(最高到達点に達する前に打つ)シュートのことです。スリーポイントシュートなど、リングから距離が遠いときに打つことが多いシュートです。

 

・ミートシュート

パスをもらってから、ドリブルをせずにそのまま打つシュートのことです。

 

・ドリブルジャンプシュート

ドリブルでリングに向かいながら、ドリブルを止めてから打つジャンプシュートのことです。

 

・ワンドリブルジャンプシュート

ドリブルを一回ついてから打つジャンプシュートのことです。

 

・フェイドアウェイシュート

後方にジャンプしながら打つシュートのことです。

 

 

【バスケ】シュートフォームの基本

シュートの決定率を高めるためには正しいフォームを身につけることがとても大事です。

ここでは、シュートフォームの基本を紹介します。

 

構え方

シュートフォームをキレイに保つためには、シュートを打つ前の構えが大切です。

・足を肩幅に開き、膝を軽く曲げて腰を落とした姿勢をとる

・リングの方へつま先を向け、軸足でない足を少し前に出す

・ボールを胸の前にセットする

 

真上に飛ぶ

後ろに飛んでしまうなど、意外とまっすぐ上に飛べていない人は多いです。

真上に飛ぶことを意識してジャンプしましょう。

 

ボールの持ち方

シュートを打つ時のボールの持ち方のポイントは3つです。

・指を広げて、ボールを掴むように持つ

・手のひらはボールに触れず(空間を作る)、指の付け根部分はボールにくっつける

・左手は添えるだけ

 

肘を締める

キレイなシュートフォームを保つには「肘を締める」ことも重要なポイントです。

肘を締めることによって、ボールに正しく力が伝わります。

 

リリース時の指を決めておく

リリース時の指とは、シュートを打つ際にボールから最後に離れる指のことです。

一般的に「人差し指と中指」を最後に離すのが基本ですが、個人差があるので自分がしっくりくる指を見つけましょう。

 

フォロースルー

シュートがうまい選手は必ずフォロースルーがしっかりしています。

フォロースルーが雑になると、ボールの軌道が不安定になり、シュートが入らなくなってしまうことも。

・腕をしっかりと伸ばす

・手首を使ってスナップを利かせ、指先をリングへ向ける

・ボールをリリースした後は、その姿勢を少しキープするイメージ(NBA選手はボールがリングを通過するまでフォロースルーを残すことが多い

 

シュートを狙う場所

バックボードを利用する場合は角度や回転など条件により違ってきますが、直接リングを狙う場合は毎回同じところを狙って打ちましょう。

リングの手前か奥か、狙う位置は人により様々ですが、大切なのはリングの上からでないとボールは入らないという点です。

リングよりも低い位置からシュートを打つ放つわけですから、放物線を描いてリングの上から入るように放つ必要があります。

ボールの軌道をイメージし、狙う位置というよりも軌道を意識してシュートを打ちましょう。

 

 

【バスケ】初心者におすすめしたいシュート練習

ここまで、シュートを打つための基本を見てきました。

続いて、綺麗なシュートフォームを身につけるための練習法について紹介したいと思います。

 

ゴールに近い場所からシュートをし、徐々に離れていく

プロの選手を見ていると、リングから離れたところから華麗にシュートを決めるシーンをよく見ます。

あんなふうにシュートを決めてみたいと憧れる気持ちは当然ですが、初心者のうちはリングに近い場所からシュートを打つ練習を始めましょう。

近いところからのシュートが高確率で入るようになったら徐々にリングから離れて飛距離を伸ばしていき、最終的に3ポイントシュートなど、遠くから決められるようになりましょう。

 

二人一組で行う

基本的なシュートができるようになったら、次に「パスを受けてからのシュート」を練習しましょう。

二人一組となって、一人はパスをして、もう一人はパスを受けてシュートを打ちます。

シュートを打つ人はパスを受けた後、しっかりと構えを作ってから打ちましょう。パスをする人は、シュートされたボールをリバウンドをしてからパスをします。こうすることで、リバウンドとパスの両方を練習することができます。

シュートを打つ本数を決めておいて、交代しながら練習しましょう。

 

動きを入れて実戦に近いかたちで行う

実際はゲーム中、ディフェンスが邪魔をしてくる中でシュートを打たなければなりません。

より実践に近いかたちで練習を行うために、実践に近いかたちで練習しましょう。

二人一組か三人一組になって、ディフェンスをかわしながらシュートを打ちます。

様々な条件下の中でシュートを冷静に打てるようになるには場数が必要です。実戦形式の練習でどんどんシュートを打っていき、その中で感覚を身につけていきましょう。

 

 

NBA選手のお手本にしたいシュートフォーム

キレイなシュートフォームを身につけるうえで、シュートがうまい選手の真似をすることも効果的な練習法です。

以下に、シュートフォームのお手本にしたいNBA選手を紹介します。

 

レイ・アレン

NBA歴代屈指の3ポイントシューターとして知られる名選手です。

二度のNBA王座を獲得し、通算3ポイントシュート成功数で最多記録を保持しています。

 

ステファン・カリー

NBAで史上最高のシューターと言われている選手です。

多くのNBA選手から絶賛される、圧倒的なシュート率・シュート決定率を誇るカリーのシュートは、最高のお手本だと言えるでしょう。

カリーのバッシュが知りたい方はこちら

ステファンカリーのバッシュは?【ナイキ編、アンダーアーマー編】

 

コービー・ブライアント

NBA歴代最多となる18年連続オールスターゲーム選出ならびに、オールスターMVP4回獲得、そのほかNBA歴代2位の1試合81得点を記録するなど、若手のころから引退するまで長きにわたって活躍し続けたNBAを代表するスーパースターです。

その圧倒的に華麗なシュートをぜひ参考にしてみてください。

コービーのバッシュが知りたい方はこちら

【バッシュ】コービーモデルの種類!新作も紹介!

 

 

まとめ

その人が持っているリズムや筋力が違うため、シュートフォームも1人ひとり異なりますが、シュートがうまい選手に共通しているのは今回紹介した基本ができていることです。

基本に沿って練習を重ねながら、その中で自分にぴったりのシュートフォームを身につけていくと、きっとシュートは上達するでしょう。

 

 

【関連記事】

バスケのシュート成功率を上げるポイントやコツを解説!飛距離を伸ばす筋トレも

バスケのシュートに回転が必要な3つの理由

スリーポイントシュートとは?距離が届かない場合は?コツは?

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. シューズ選びで困ったことやわからないことはありませんか? 例えば、いつも靴擦れをしてしまう、足が痛…
  2. ねんざのリスクが高まる要因とは? 足のねんざが発生する原因の1つとして、小出敦…
  3. プロテインの美味しい飲み方や初心者でも簡単なレシピ集、おすすめ商品をご紹介します。今回はパーソナルト…
  4. スポーツをやっている方はテーピングをうまく使って怪我の予防や悪化などに備えたりすると思います。テーピ…
Return Top