ルーズボールの取り方やリバウンドの取り方!練習の参考に動画も

バスケの試合では、ボールを奪い取るシーンが何回も出てきます。ルーズボールやリバウンド、それぞれボールを保持した方がチームボールになるので、大切なプレーです。そこで今回は、ルーズボールやリバウンドの取り方について解説します。

 

 

ルーズボールって何?

そもそも、ルーズボールって何? と思う方も多いので、最初はまずルーズボールについて説明していきます。

 

ルーズボールとは、両チームの誰もが保持していないボールです。こぼれ球という意味で、英語では「loose ball」といいます。サッカーやバレーでも使われていますが、意味が同じセカンドボールとも言われています。

このルーズボールを先に保持した方が、チームボールになるので、全力で奪いにいくプレイヤーが多いでしょう。

ルーズボールは、パスミス・キャッチミス・シュートミスなどのミスから発生するボールです。試合中に、ミスをしてしまったり相手からミスをつかれてしまったりすることはたくさんあるでしょう。

ですが、激しいプレーの中でルーズボールを自ら生み出してボールを奪いにいく戦術ももちろんあります。そのため、戦術としてとても重要な技の一つです。

 

ルーズボールは試合の勝敗に大きく関わる

ルーズボールの奪い合いは、試合の勝敗を大きく左右します。

先にボールを保持した方のボールになるので、相手より早くボールに向かって走りましょう。

相手よりも先にボールを保持することができれば、オフェンス側になれるので有利になります。そのため、ルーズボールを奪うのはとても大切なことです。

 

 

ルーズボールの取り方

それでは、具体的にルーズボールの取り方を解説していきます。

以下のことを心がけて、ルーズボールを積極的に取りにいきましょう。

 

反応、動き出しを早く!

1つ目、相手チームよりも早く動き出すことです。

この時、足の速い方が有利というイメージが持たれやすいですが、実は足の速い遅いはそれほど関係ありません。

足の速い遅いではなく、反応の速い遅いで決まります。そのため、相手よりも速く動き出す意識を持ってボールを追いかけましょう。

 

ボールをつかめなくても指先で味方の方にボールを弾く

2つ目は、ボールが奪えなくても、指先で味方の方にボールを弾くことです。

ルーズボールを奪いに行く時、床に滑り込んだり体ごと飛び込んだりするプレイヤーが多いでしょう。その時、ボールを掴むことはとても大変です。 

しかし、ボールに触れることはできます。その時に、指先を使い味方の方に、ボールを弾くようにボールを取りましょう。

 

相手とボールの間に体を入れる

3つ目は、相手とボールの間に自分の体を入れることです。

相手とボールの間に体を入れることができれば、相手チームの動きを制御することができます。また、自分がボールを保持できる可能性を高くすることが可能です。

 

相手選手との身体の接触を怖がらない

4つ目は、身体の接触を怖がらないことです。

ルーズボールを奪いに行くときに、身体の接触を怖がっていたら、ボールを奪うことは不可能でしょう。確実にボールは奪えません。

そうなれば、相手チームが優勢になります。それを防ぐためにも、相手チームとの接触を怖がらないようにしましょう。

 

掴んだボールは素早く自分に引き付ける

5つ目は、掴んだボールを自分の体に引きつけることです。

ボールを奪えても安心してはいけません。相手チームが強引にボールを奪ってきます。

そのため、ボールを奪った瞬間にボールを抱きしめるイメージで、自分の体に引きつけるようにしてください。そうすれば、簡単に奪われなくなります。

 

外に出すか、コートに戻すかの判断はしっかり!

6つ目は、ボールに触れた時にコート外に出すかコート内に戻すかの判断をはっきりさせておくことです。

ルーズボールを奪えたとしても、場合によって味方が見えなかったり体の半分がコート外に出たりする時があります。その際は必ず、ボールをコート外に出すかコート内に戻すかをはっきりさせておきましょう。

個人的に決めてもいいですが、事前にチームで決めるのも作戦の1つです。

 

 

ルーズボールの1種「リバウンド」

ルーズボールの1種とも言われる「リバウンド」。リバウンドについても解説していきます!

 

1回のリバウンドは4点分の価値に相当する!?

バスケでは、1回のリバウンドは4点分の価値があるとも言われています。

リバウンドが成功すると、以下のメリットが得られます。

・相手チームの得点を防ぐ

・自分チームの得点の機会を増やす

以上のメリットがあるため、リバウンドというプレーは非常に重要なプレーなのです。

そしてリバウンドには、ディフェンスリバウンドとオフェンスリバウンドに分かれます。

それぞれのリバウンドの取り方について、解説してきましょう。

 

ディフェンスリバウンドの取り方

ディフェンスリバウンドの取り方は、ボールを奪うというよりもオフェンス側にボールをとらせないことを意識することが大切です。

ボールをとらせないためには、2つの方法がありますので、ご紹介します。

 

スクリーンアウトをしっかり行う

1つ目は、スクリーンアウトをしっかり行いましょう。

オフェンス側がリバウンドする際に、好位置でやらせないようにブロックするのが、スクリーンアウトになります。

相手のオフェンスに対して、背中を向け足を広げ、腰を落とした姿勢でオフェンスを押し出し、相手チームにボールを取らせないようにしましょう。

もちろん、スクリーンアウトだけではなく、ボックスアウトやブロックアウトも行うと効果的です。

 

相手より早めにジャンプする

2つ目は、相手よりも早くジャンプすることです。

前途でお伝えした、ルーズボールで足の速い遅いではなく、反射の速い遅いと同様に、リバウンドも、身長が高い低いではなく、反応の速い遅いで決まります。

身長が低くても、相手チームよろ反射が早ければ、ボールを奪うことが可能です。リングにボールが当たった瞬間にジャンプするのがいいでしょう。

 

オフェンスリバウンドの取り方

次は、オフェンスリバウンドについて解説していきます。

オフェンスリバウンドは、ボールがリングから弾かれた時に、どの場所に落ちてくる可能性が高いのかを察知しジャンプすることが大切です。

具体的にどのようなことを行うか、説明していきましょう。

 

ボールが落ちてくる確率が高い場所にポジショニングする

1つ目は、ボールが落ちてくる確率が高い場所に入り込むことです。

ディフェンスがスクリーンアウトしにきた時、先にスクリーンアウトをして、落ちてくる可能性が高い場所に入り込み、ディフェンス側を入れないようにします。

ディフェンスをスクリーンアウトするためには、ディフェンスよりも早く動き始めなければならないので、常にボールの行方を見ておく必要があるでしょう。

ボールがリングに触れる前にから、ディフェンスをスクリーンアウトをするのも作戦の1つです。

 

スクリーンアウトされた場合は相手と横に並べるよう努力する

2つ目は、スクリーンアウトをされた時に相手と横に並ぶようにすることです。

スクリーンアウトをされたままだと、リバウンドすらできません。そうなれば、ボールを奪うことができなくなるので、スクリーンアウトをされても諦めずに相手の横に並べるように努力しましょう。

相手の横に並ぶことができれば、反応の速さによってはリバウンドはできます。

 

以上で、リバウンドについて解説しました。リバウンドは、勝敗を左右する重要なプレーですが、その分リスクもあります。そのリスクとは、ファウルです。

ファウルになってしまうと、ボールは相手チームになります、気をつけましょう。

 

 

リバウンドが得意なNBA選手

 

リバウンドの練習は、動画を参考にするのもオススメです。動画を参考にすると、リバウンドのイメージがつきやすいですし、モチベーションも高まります!

そこで、リバウンドが得意なNBA選手を紹介していきましょう!

  

デニス・ロッドマン

 

ウィルト・チェンバレン

 

ディアンドレ・ジョーダン

 

 

まとめ

今回は、ルーズボールの取り方からリバウンドの取り方について解説してきました。

ルーズボールとリバウンドの違いを理解し、それぞれのプレーで実戦すべき取り方についてもしっかり理解していただけたら幸いです。

各プレーも中途半端な気持ちで行うと、怪我をしたりするので、ルーズボール奪取とリバウンドを行う際は、しっかり覚悟をもちプレイしましょう。

当記事を参考にし、今後のプレーがチームへの貢献になればと思います。

 

 

【関連記事】

反復練習をしない時短練習とは?近畿大学付属高校の強さのヒミツに迫る

バスケットボールのルールまとめ! 覚えておきたいファウルや2018年変更点

バスケのジャンプ力を上げる筋トレ3選&ストレッチ2選!正しいフォームを学ぼう

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  2. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  3. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  4. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
Return Top