【バスケ】ノーチャージエリアはいつからできた?!理由や定義を解説!

バスケットルールの競技規則が変更されていたことを知っていましたか? 変更されたルールを知らないまま試合に出ても、チームにとってデメリットしかありません。

そこで今回は、変更されたルールについて徹底解説していきますので、この機会に覚えていただけたら嬉しいです。

 

 

ノーチャージエリアとは?

バスケットボールの競技規則で変更されたルールは、「ノーチャージエリア」です。このノーチャージエリアは、新しいルールとして改正が行われました。正式名称は、「ノーチャージセミサークルエリア」です。

ノーチャージエリアとは、ゴール周辺に区切られている制限区域を他の区域とは異なった色でラインされた半円形の区域のことを示します。

ノーチャージエリアの区域内では、チャージングが適用されません。そのため、オフェンスチャージングを奪うことを得意とするデフィンスプレーヤーは、ノーチャージエリアのラインに踏み込まないように意識してプレーする必要があります。

また、ノーチャージエリアはラフプレーやルーズボールファールも審判からコールされるので要注意です。

 

 

セミサークルのライン上はエリア内?外?

ノーチャージエリアのライン上は、ノーチャージエリア内です。

すなわち、ノーチャージエリアのラインに触れているデフェンス側のプレーヤーは、ノーチャージエリア内にいるものとみなされることになりました。

そのため、ディフェンス側のプレーヤーがノーチャージエリアの外側にいたとしても、ノーチャージエリアのラインに触れていれば、その時は審判からコールされることになったのです。

 

片足だけラインに触れている場合は?

ノーチャージエリアのラインに片足だけ触れている場合は、ノーチャージエリアルールの規定が適用されます。

すなわち、片足でもノーチャージエリアのラインに触れているディフェンスのプレーヤーは、コールされるので注意が必要です。

ですが、オフェンス側のプレーヤーは変更点がありませんので、間違えないよう気をつけてください。

 

ノーチャージエリアを動画で見てみよう!

動画を見ていただけたらわかると思いますが、ゴールをする直前のディフェンス側のプレーヤーは、ノーチャージエリアの外側にいます。

すなわち、ディフェンスはオフェンスプレーヤーに、ノーチャージエリアの中に入られると負けです。

そのため、オフェンス側はノーチャージエリア内に入ってしまえば確実に得点を獲得できます。圧倒的にオフェンス側が有利でしょう。

ですが、見せ場としての華やかなプレーを魅せることが可能です。これもバスケットの楽しみ方かと思います。

 

ノーチャージエリアでファウルを取られる場合も

ノーチャージエリア内でも、ファウルを取られる場合があります。ファウルの種類は、オフェンスファウルです。

オフェンス側のプレーヤーが手、腕、足などの体の一部を不当な使い方で、ディフェンスと触れ合いを起こした場合には、ノーチャージエリアルールではなく、通常通りのオフェンスファウルが適用されます。

これは、ディフェンスも同様に、体の一部を不当な使い方をして、オフェンスと触れ合った場合には、ファウルとコールされるので、要注意です。

つまり、ノーチャージエリアに関係なく、オフェンスもディフェンスも、腕や足で押したり叩いたりすると通常のファウルになります。

 

ファウルの種類を知りたい方はこちら

【バスケファウル】ファウルの種類や退場、ルールなど徹底解説!

 

 

ノーチャージエリアはいつから?

ノーチャージエリアはいつから適用されるようになったのでしょうか?

ノーチャージエリアが日本で適用されたのは、2011年4月1日です。ミニバスや中学では、2012年に適用され、高校は2013年から適用されています。

そして、ノーチャージエリアのルールが改正されたのは、2015年です。2011年から2014年までは、「ノーチャージエリアのラインに触れいてもエリア外」でした。

しかし、2015年のルール改正により、「ノーチャージエリアのラインに触れいてもエリア外」が「ノーチャージエリアのラインに触れいている場合は、エリア内」と改正されたのです。

 

 

ノーチャージエリアができた理由はあのNBA選手?!

バスケットボールのルールをいくつも変えた!? と言われている選手がいます。

その選手は、NBAで史上最強とも呼ばれる「シャキール・ラシャウン・オニール」です。通称「シャック」ともいいます。

今はすでに引退していますが、未だに伝説のセンターとしてバスケプレーヤーから人気のある選手です。

そこで、NBAの史上最強とも呼ばれるシャックについてご紹介してきましょう!

 

シャキール・ラシャウン・オニール(通称:シャック)

シャキール・ラシャウン・オニールは、1972年3月6日にアメリカ合衆国・ニュージャージー州ニューアーク出身の元プロバスケット選手です。

身長231cm、体重156kg、足のサイズ41cmと、ずば抜けて巨大な体を持つシャックですが、この大きな体に見合わない高い運動神経とパワフルな技術をいくつも持っています。

シャック独自のパワフルな技術は、世界中に認められ、NBAチャンピオンを4回も獲得しています。

NBAチャンピオンだけではなく、

・得点王:2回

・シーズン通算最多得点:3回

・シーズン最多フィールド・ゴール率:9回

といった、バスケット選手にとって名誉なタイトルを何度も獲得しているのです。

 

シャックのプレーを動画で見てみよう!

動画に載せているシャックのプレー集では、ノーチャージエリアが設置される前の動画が多いです。

ですが、このシャックのゴール技「シャック・アタック」は、何もせずに黙って通り過ぎるのを待ったほうがいいと、多くのプレーヤー達に思われるほど、止められる選手が誰もいませんでした。

このシャックのゴール技「シャックアタック」が起因して、怪我をしないためという理由で、「ノーチャージエリア」が設置されるようになったのです。

 

 

まとめ

今回は、バスケットルールのノーチャージエリアについて解説してきました。

ノーチャージエリアのルールの改正は、2015年です。改正された内容は、「ノーチャージエリアのラインに触れいてもエリア外」という内容が、「ノーチャージエリアのラインに触れた場合は、エリア内」という内容に変更されました。

一方、ノーチャージエリアが適用されないファウルに関しての変更はありませんので、間違えないように意識してプレーしましょう。

日本は、2011年からノーチャージエリアのルールが適用されていますが、NBAでは、日本よりも数年前から適用されているルールです。

ルール変更に気づかずに試合に出たり練習したりする方が多いですが、プレー状況の判断によりルールは変更されていきます。そのため、毎年一回はルールに変更がないか確かめるようにしましょう。

 

 

【関連記事】

バスケのジャンプ力を上げる方法【動画付き】ダンクにおすすめの筋力トレーニング

体を大きくする方法【小中高生必見】筋肉におすすめの栄養素や食べ物例、睡眠方法

バスケのシュート成功率を上げるポイントやコツを解説!飛距離を伸ばす筋トレも

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top