レイアップシュートとは?コツを解説!レイバックシュートなどの種類も

レイアップシュートとはバスケットボールの基本中の基本のシュートで、試合の中でよく使われるシュートですが、レイバックシュートもレイアップシュートと同じく頻繁に使うシュートで基本のシュートのひとつです。

そこで本記事ではレイアップシュートと並ぶ基本シュート、レイバックシュートをうまく打つコツやポイント、種類について紹介します。

 

 

レイアップシュートに加えてマスターしたいレイバックシュート

レイバックシュートをマスターすれば相手ディフェンスとの駆け引きを優位にしシュートが打てるようになります。

しかしレイアップシュートとレイバックシュートは似たような名前ですが、どのような違いがあるのでしょうか?早速説明していきます。

 

レイバックシュートとは?

レイアップシュートは右手でシュートする場合は1歩目が右足、2歩目が左足でジャンプし、ボールを体の前方に放るシュートです。

反対にレイバックシュートは、レイアップと同じくステップですが、シュートするとき、ゴールを背後にしてシュートします。距離感やシュートを打つタイミングがレイアップとは違い、レイアップよりも難易度が上がります。

 

 

レイバックシュートが有効な場面

レイバックシュートは練習の最初こそ難しいシュートですが、マスターすれば相手ディフェンスを出し抜いてシュートを打てます。レイバックシュートが有効な場面は、代表的なもので2つあります。

 

レイアップシュートではマークが外せない時

レイアップシュートは基本中の基本のシュートであるため、相手選手もどのタイミングでシュートを打つかは承知済みです。そのため、相手ディフェンスがぴったりとマークしている状態でレイアップシュートするとボールカットされる確率が高いです。

そこでレイバックシュートを使えば、ゴール背後からのシュートになるので通常のレイアップシュート予想していた相手のマークを外しやすくなります。

 

レイアップシュートが打てないタイミングの時

レイアップシュートを打とうとしてもステップがゴール真下になり、打てない場合もレイバックシュートは使えます。ゴール背後からのシュートになるので、レイアップシュートが打てないタイミングだと、レイバックシュートに切り替えて打ちやすいシュートにできます。

 

 

レイバックシュートのやり方、コツ

レイバックシュートはゴール背後からのシュートになるので、レイアップシュートよりもレベルが高いです。

そこで正しいやり方でコツを掴み、成功率の高いレイバックシュートをマスターしましょう。

 

バックボードに対して45度にジャンプする

バックボードに対してのジャンプの角度を気をつけると上手くレイバックシュートが打てます。角度はバックボードに対して45度でジャンプすると、角度がつき狙いを定めやすいです。

もし角度ゼロでシュートすると、バックボードが視野に入りづらく狙いが定めにくいのでシュート難易度が上がってしまいます。

 

手首のスナップを使ってバックボードに当てる

手首のスナップを使ってバックボードに当てることでレイバックシュートの成功率が上がります。手首のスナップをかけることでバックスピンがかかり、バックボードに当たったときに、リングに入りやすくなります。

しかし女子選手は両手でおこなうシュート(英語でボースハンドシュート)が多いため回転がかけにくいです。そのため両手でシュートしている場合はレイバックシュートのときは回転をかけやすくするため、片手シュートできるよう練習しましょう。

 

 

レイバックシュート以外のレイアップシュートの種類

レイアップシュートの種類はレイバックシュート以外にもあり、その数はジャンプシュート系やダンクシュート系と比較しても多いです。

こちらではレイバックシュート以外のレイアップシュート10種類を紹介します。

 

オーバーハンドレイアップ

オーバーハンドレイアップは、シュートする手が通常のジャンプシュートと同じ形で打つシュートになります。アンダーハンドレイアップシュートと共に試合で頻繁に使うレイアップシュートです。

 

フックレイアップシュート

フックシュートを打つようにレイアップするシュートです。ディフェンスが横にぴったりついていて、通常のレイアップシュートができにくい場合に有効です。肩を使って相手ディフェンスをブロックできます。

 

1ステップでのレイアップシュート

1ステップのレイアップシュートはディフェンスのタイミングをずらしシュートします。レイアップシュートで来ると思い込んでいるディフェンスに対して有効で、相手との駆け引きの中で使うかどうか見極める力が必要です。

 

スクープショット

レイアップシュートよりも宙高くボールを上げてシュートします。ディフェンスのブロックが高い場合に有効なシュートですが、通常のレイアップシュートより難易度が上がるため多く練習を積む必要があります。

 

パワーレイアップ

ゴール下でディフェンスとのコンタクトが強い場合に有効なシュートです。エンドラインに両足を平行にして、両足で踏み切ります。肩幅以上に両足を広げ、ディフェンスに向かってシュートすることでシュートスペースを作ります。シュートする手がジャンプシュートに似た形になります。

 

ダブルクラッチ

ダブルクラッチはイメージとして、空中でレイアップを2回するようなシュートになります。ディフェンスがブロックしようとしたときに、空中でかわしてもう一度シュート態勢に入ることで、ブロックを避けてシュートが打てます。

 

ユーロステップシュート

マヌジノビリやジェームスハーデンが得意とするシュートです。

通常のレイアップシュートのステップは1方向に進んでいくのに対して、ユーロステップシュートは2歩目の方向が1歩目と逆に向きます。そのため、ディフェンスのマークを外してシュートできます。

しかし相手に読まれたり、ステップが中途半端になるとオフェンスファウルになる可能性が高いため、大きく方向転換する必要があります。

 

逆ステップレイアップシュート

逆ステップレイアップシュートは、通常のレイアップのステップと逆のステップでのシュートで、ディフェンスのタイミングをずらしてシュートできます。左手でシュートする場合、通常とは逆の右、左の順番でステップしシュートすることになります。

 

フローターシュート

スクープショットと同じくボールを宙に高く上げて打つシュートになります。

スクープショットがアンダーハンドでのシュートに対して、フローターはオーバーハンドで打つレイアップシュートになります。スクープショットと同様にレイアップシュートの中でも難しいシュートです。

 

フィンガーロール

通常のレイアップはボールをリングに置いてくるイメージであまり回転をかけません。

しかしフィンガーロールは指先で回転をかけてレイアップシュートします。ゴール下ではディフェンスとのコンタクトは多く、打ちやすい体勢でのレイアップシュートがしにくいです。そこでフィンガーロールを使って回転をかけることによって、ボールがリングに吸い込まれやすくなり、シュート成功率が上げることができます。

まとめ

レイアップシュートはバスケットボールの中で種類が多いシュートです。そのうちのひとつがレイバックシュートで、習得すればシュートの選択肢が増え、味方チームのオフェンスパターンを増やせます。レイバック以外のレイアップシュートもマスターして、いまよりもオフェンスパターンを増やし、試合を優位に進めましょう!

 

 

【関連記事】

バスケのシュート成功率を上げるポイントやコツを解説!飛距離を伸ばす筋トレも

バスケのシュートに回転が必要な3つの理由

反復練習をしない時短練習とは?近畿大学付属高校の強さのヒミツに迫る

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top