【バスケ】チャージングとブロッキングは紙一重!取り方のコツも!

バスケットボールには、チャージングというプレーがあります。このチャージングはブロッキングというプレーと紙一重です。ですが、この違いを把握している方はとても少ないでしょう。そこで今回は、チャージングについて解説します。

 

 

【バスケ】チャージングとは?

チャージングとは、オフェンスのファウルのことです。 

ゲーム中で、相手のプレーヤーに対して、体当たりをした、手で無理やり押したりするとファウルになります。

相手プレーヤーがボールを持っていても持ってないなくても、攻め側が相手側に突っ込んだらアウトです。

 

チャージングとブロッキングは紙一重

チャージングは、相手プレーヤーに無理やり突っ込んだりすると、起こるプレーです。

ですが、攻める側が進みたい方向に向かって走っている時に、相手側のプレーヤーが遅れて前に出てきて衝突した場合、このときは、チャージングと言わずにブロッキングと言います。

チャージングとブロッキングは、紙一重のプレーとも言われているのです。

 

ブロッキングとは?

ブロッキングとは、ディフェンス側のファウルのことです。

相手プレーヤーの進行の邪魔をするとブロッキングになります。これは、ボールを持っていても持っていなくても関係ありません。

無理やり相手側のプレーヤーの進行を邪魔すれば、どんな体制でもファウルになってしまいます。

 

チャージングとブロッキングの判定基準

チャージングとブロッキングは紙一重のため、しっかり区別できるプレーヤーは少ないかと思います。

そこで、チャージングとブロッキングの判定基準を紹介しましょう。

 

チャージング(オフェンスのファウル):ディフェンスが先にコース内に入っているところに、オフェンスが体当たりしたり手で押したりしたとき。

ブロッキング(デフェンスのファウル):オフェンスが先にコース内に入っているところに遅れてディフェンスが邪魔して接触したとき。

 

チャージングの際の審判のジェスチャー

ファウルが起きた時の審判は、選手とT.Oに向かって2度に分けて合図を送ります。ファウルが起きたときは、3つの内容をジェスチャーにするので、正確に読み取れるように集中しましょう。

 

3つの内容とは、

1、ファウルをした選手の番号

2、ファウルの種類

3、ファウル後の処置

 

この3つの内容をジェスチャーで表現しています。

この合図は、個人(パーソナルファウル)とチーム(チームファウル)の両方に記録され、スコアがたまるとフリースローや退場の罰則がかせられるのです。

 

そして、チャージングの際の審判のジェスチャーは、2種類あります。

1、両手で前に押し出す:プッシングまたはボールを持ってない選手へのチャージング

2、片手の手のひらを拳で叩く:ボールを持っている選手へのチャージング

 

ノーチャージセミサークルではチャージングは取られない

最近、ノーチャージセミサークルではチャージングは取られないというルールができました。このルールが適用されるのは、ノーチャージセミサークルをジャンプして横切ろうとしているときだけです。なので、走って突っ込んだり、強力なパワードリブルなどをしたりした際は、オフェンスチャージングになります。

意外と、この違いを把握している方が少ないので、この機会にしっかりと覚えて起きましょう。

 

 

【バスケ】チャージングの取り方のコツ

バスケのプレー中にできるチャージングの取り方のコツを紹介します。

コツは、

・相手の行動を予測する

・チャージングの取り方が上手い選手を見て学ぶ

それぞれについて解説していきましょう。

 

相手の行動を予測する

相手の行動を予測するのが必要になります。その相手の予測を元にどこに立っていればいいかを判断し、相手から衝突してくるのを焦らずに待つのです。

最初からできるようになるのは、難しいですが、練習すればできるようになるので、先輩や友人と一緒に練習してみてください。

 

チャージングの取り方が上手い選手を見て学ぶ

チャージングの取り方が上手い選手の真似をしてみるのが、一番早く習得できる練習方法です。

今回参考に載せた選手は、チャージングの取り方がとても上手いので、是非参考にしてみるといいでしょう。

 

 

【バスケ】チャージングを狙った故意の演技はテクニカルファウルになる可能性がある

チャージングの取り方について、解説してきましたが、1つだけ注意点があります。

それは、チャージングを狙った故意の演技は、テクニカルファウルになる可能性があることです。

それでは、テクニカルファウルについて解説していきます。

 

テクニカルファウルとは?

テクニカルファウルとは、プレーヤー/ベンチにいるコーチ、そして審判への暴言による違反行為のことを示します。スポーツマンらしくない不適切な言動やジェスチャーなどもテクニカルファウルです。

なので、チャージをわざと取るような故意の演技もスポーツマンらしくない不適切な行動になるので、審判や相手チームにバレると、テクニカルファウルになります。

 

テクニカルファウルをくわしく知りたい方はこちら

【バスケ】テクニカルファウルとは?処置や審判のジェスチャーも紹介

 

あくまで良いディフェンスをするよう心がける

チャージングは、無理に取りに行こうとしなくても、良いディフェンスができれば、チャージングに結びつくことが多くなります。

つまり、オフェンスの行動を予測して、先に待っていれば、オフェンスが無理に突っ込んでくれば、チャージングになるのです。

なので、あくまで良いディフェンスをするよう心がけましょう。

 

 

【バスケ】チャージングを狙うディフェンスへの対応

チャージングを狙うディフェンスへの対応は、

・ドライブにこだわらない

・ピック&ロール

・ポストアップ

以上の3つを気にして、対応するのがいいでしょう。

 

それぞれについて解説します。

 

ドライブにこだわらない

センターの1対1のときに、無理やりディフェンスしてくるプレーヤーに対しては、ドライブにこだわらない方がいいでしょう。

ムキになってドライブでかわしてやろうとか思ってプレーしては、ディフェンス側の思う壺です。

また、オフェンスファウル吹かれたり、バランスを崩したりして、怪我を負う可能性も高くなります。

なので、嫌なディフェンスが前に来てもドライブにこだわらずにしましょう。

 

ピック&ロール

しつこいディフェンスには、ピック&ロールがおすすめです。バスケ用語として、呼ばれている戦術ですが、有名な戦術になります。

ピック&ロールとは、バスケットボールのオフェンス戦術の1つです。

ドリブルしているプレーヤーをマークしているディフェンスに対し、スクリーンを仕掛け(ピック)、ディフェンスのマークを遅らせつつ次の進路を塞ぎ、自らのフリースペースへ移動し(ロール)、パスを受けるプレーになります。

 

ポストアップ

ポストアップとは、オフェンス側が攻めるゴールに対し背中を向けた状態で、味方からボールをもらおうとするプレーのことです。

コース内に先に入っていることが多いので、ディフェンス側のファウルが多くなります。また、ゴールに近い方が、シュートの確率も高くなります。

 

 

まとめ

今回は、チャージングについてや取り方のコツなどを解説してきました。

チャージングとブロッキングが紙一重の差なので、間違えることがあるかと思いますが、それぞれのファウルの意味は、別物のため、しっかり把握しておきましょう。

そうすれば、試合中でも思い切りプレーに集中することができるかと思います。

 

 

【関連記事】

【バスケファウル】ファウルの種類や退場、ルールなど徹底解説!

バスケ審判のジェスチャー&ルール一覧【2018】服装や資格も解説

3×3で使えるテクニックを身につけよう!

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top