バスケットカウントとは?ワンスロー?ツースロー?バスカン狙いのコツも

バスケットボールのルールで初心者が1番最初に躓くルールがバスケットカウントです。

この記事ではバスケットカウントのルールについて、バスケットカウントを狙うプレーについて解説します!

 

 

バスケットカウントとは?

そもそもバスケットカウントとは何なのかということを解説しますね。

バスケットカウントとは、オフェンス時のシュート動作中にファウルを受けながらシュートが決まった時のことを指します。

 

ワンスロー

ファウルを受けながら打ったシュートが決まった場合は得点に数えられ、さらにフリースローが1本与えられます。

これをワンスローと言い、時計を止めた状態で得点のチャンスになります。

 

ツースロー

ファウルを受けながら打ったシュートが決まらなかった場合は、そのファウルはバスケットカウントではなく、通常のパーソナル・ファウルとして扱われます。

パーソナル・ファウルは2本のフリースローが与えられ、時計を止めた状態で2点得るチャンスになります。

 

3ポイントエリアでのシュート動作中にファウルを受けた場合は、シュートが決まれば3点は得点になり、さらにフリースローが一本与えられます。

3ポイントエリアでのシュート動作中にファウルを受け、シュートが決まらなかった場合は3本のフリースローが与えられます。

 

 

バスケットカウントの審判のジェスチャーは?

 

バスケットカウントが起きた時は、審判が2つのジェスチャーを行います。

  1. 時計を止めるためのジェスチャー
  2. 得点を認めるためのジェスチャー

この2つのジェスチャーが連続して行われたときはバスケットカウントが認められたということです。

 

時計を止めるためのジェスチャーは「一方の腕は拳を上げ、一方の腕ではファウルをした選手を指す動作」です。

この動作を行うことで、◯◯選手がファウルをしたので時計を止めます。ということが分かります。

 

得点を認めるたのジェスチャーは「2本指を立てた腕を高く上げて、手首を上下させる動作」です。これが3ポイントだと3本指を立てた腕を高く上げて、手首を上下します。

審判によっては分かりやすくするために、手首ではなく腕を振って得点をアピールする方もいます。

 

 

バスケットカウント狙いのプレー上達のコツ

バスケットカウントは、オフェンスの選手がディフェンスの選手からファウルをされた時に発生しますが、オフェンスの選手がバスケットカウントを狙ってファウルを誘うようなプレーもあります。

バスケットカウントを誘うプレーを上達させるコツをいくつか紹介しますね。

 

フェイクと組み合わせてジャンプを誘う

フェイクやフェイントをプレーに組み込むことで相手にジャンプをさせて体の接触させ、バスケットカウントを狙います。

特にゴール下で行われることが多く、ディフェンス選手を先にジャンプさせてオフェンス選手が後からジャンプしシュートを打つことで、接触の可能性が高くなり、バスケットカウントをもらいやすくなります。

 

身体をこするように当てる

オフェンス選手が自分の身体をディフェンス選手の身体にこするようにシュートを放つことで、バスケットカウントを狙います。

特にレイアップやダンクシュートなど、走り込んでジャンプをするシュートでよく使われており、ディフェンス選手に体をこするような意識でジャンプをするとバスケットカウントをもらいやすくなります。

 

接触を怖がらない

バスケットカウントで大切なのは、接触を怖がらないことです。バスケットボールはルール上はコンタクトスポーツではないですが、いざ試合になると接触プレーはかなり起こります。

接触が起きた罰としてバスケットカウントなどのルールが存在します。接触を恐れずにプレーしましょう。

ただ過度な接触や故意に激しく接触するなどの行為は、危険なので絶対にしないでくださいね!

 

ボールをしっかりプロテクトする

バスケットカウントを誘うプレーで最も大切なのはボールをしっかりとプロテクト(保護)しながらシュートを打つということです。

例えばレイアップの時に、オフェンス選手のシュート動作中にディフェンス選手と体が接触したとしても、ボールを弾かれたり落としたりすれば、バスケットカウントにはなりません。

最後までボールをプロテクトし、シュートを打つことがバスケットカウントをもらう上で、最も大切になります。

 

 

NBAでバスケットカウントが多い選手

バスケットカウントを狙うプレーについて解説しましたが、実際バスケットカウントが多い選手って誰なのか気になりますよね?

 

現在のNBAでバスケットカウントが多い選手と言えば、レブロン・ジェームズかステファン・カリーではないでしょうか。

 

バスケットカウントをもらう選手は、レブロン・ジェームズのようにどんどんドリブルをしてバスケットカウントをもらうパワータイプと、ステファン・カリーのように相手の意表を突いたプレーでバスケットカウントを狙うテクニックタイプの2つに分かれます。

 

 

NBAのバスケットカウント集

では実際にNBAの選手がバスケットカウントをもらったプレーを紹介していきます。先ほど紹介したレブロン・ジェームズとステファン・カリーのプレーも紹介しますね!

 

マイケル・ジョーダン

マイケル・ジョーダンはバスケットボールの神様と称されています。そのすごさは何と言っても、ジャンプの滞空時間の長さとゴールの嗅覚、フェイントを織り交ぜたトリッキーなプレー。

 

相手がファウルをしないと止められない状況をジョーダン一人で作ることができるため、バスケットカウントにつながっています。

 

エアジョーダンの人気モデルが知りたい方はこちら

【バッシュ】エアジョーダンの歴代人気モデル7選!レディース向けや最新も!

 

コービー・ブライアント

コービー・ブライアントは最も神(ジョーダン)に近づいた男として称えられています。

コービーの代名詞と言えばポンプフェイク。

 

下半身は動かさずに上半身でシュートフェイントをして相手をジャンプさせ、ジャンプした相手に身体をこするように当てながらシュートを打つことでバスケットカウントをもらうことが非常にうまいプレーヤーですね。

 

コーヒーモデルのバッシュが知りたい方はこちら

【バッシュ】コービーモデルの種類!新作も紹介!

 

レブロン・ジェームズ

現役NBA選手で最強の選手と言われているレブロン・ジェームズは、相手を恐れずにゴールに向かっていく姿勢がその最大の特徴。

 

強靭なフィジカルで相手ディフェンスに押され負けせず、接触を恐れないプレーがバスケットカウントにつながっています。

 

ステファン・カリー

ステファン・カリーのこのプレーは、ボールをもらった瞬間に相手との距離を確認して、バスケットカウントを意識しています。

 

シュート動作の1歩目で自ら身体を寄せることでバスケットカウントをもらえるようにプレーしているのです。

 

シュートは逆の手で打ち、なるべく接触の衝撃がシュートに影響しないようにして、確実にシュートを決めているので、お手本のようなバスケットカウントのもらい方と言えるでしょう。

 

ステファン・カリーのバッシュが知りたい方はこちら

ステファンカリーのバッシュは?【ナイキ編、アンダーアーマー編】

 

 

まとめ

バスケットカウントはバスケットボール初心者が最初に躓くルールですが、得点のチャンスが増えるため、バスケの試合を大きく左右します。

ただバスケットカウントをもらうコツを掴めば、その他のフィジカルやテクニックを活かしてチャンスを増やすことができます。バスケットカウントをもらうことが得意な選手は選手は相手にとってかなり脅威と言えるでしょう。

今回紹介したプレー動画を参考に自分のプレースタイルに応じた、バスケットカウントのもらい方を見つけてみてくださいね。

 

 

【関連記事】

【バスケファウル】ファウルの種類や退場、ルールなど徹底解説!

バスケットボールのルールまとめ! 覚えておきたいファウルや2018年変更点

バスケ審判のジェスチャー&ルール一覧【2018】服装や資格も解説

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top