【初心者向け】レッグスルーとは?やり方やコツ、練習方法など

バスケットの試合で、ディフェンスとの距離が狭いときに何度もボールを奪われてしまうなんてことありませんか? そんな時は、レッグスルーといいうスキルを使いましょう!

 

そこで今回は、レッグスルーについてコツややり方などを徹底解説します!

 

 

レッグスルーとは?

レッグスルーとは、ドリブルテクニックの一つです。

 

方向転換したいときに行う技になります。自分の股下でボールをバウンドさせ、足の間を通すイメージです。

 

ボールを右から左、左から右へと持ち替えるため、ディフェンスにボールを奪えにくくさせ、ディフェンスとの距離を保ちながらかわすことができます。

 

また、海外との共通用語として活用しているので、英語もレッグスルーと読むことが可能です。

 

 

レッグスルーが有効な場面

レッグスルーが有効な場面は、いくつもあります。場面を4つ紹介しますので、それぞれの場面でどのような有効なのか解説していきましょう。

 

 

相手にボールをスティールされそうになった時

1つ目は、相手にボールをスティールされそうになったときです。

 

スティールとは、ディフェンス側がオフェンス側のドリブルやパスキャッチ、リバウンドの瞬間を狙って、相手ボールを奪うことを言います。

 

このスティールをディフェンス側がしてきた瞬間に、レッグスルーをして、交わしましょう。そう簡単なことではありませんが、練習を重ねれば習得できるかと思いますので、是非練習で身につけてください。

 

 

狭い場所や選手が密集している場面

2つ目は、狭い場所や選手が密集している場面です。

 

ディフェンスとオフェンスとの距離が狭かったり密集してたりすると、ボールが奪われやすくなります。しかし、レッグスルーは狭い空間でも使えるので、このような狭い場所や選手が密集している場面にはとても有効です。

 

 

相手を揺さぶりたい時

3つ目は、相手を揺さぶりたい時です。

 

ディフェンス側を揺さぶる時にレッグスルーを使うのは、試合などでよく見かける光景でしょう。相手のディフェンスを揺さぶることで、ディフェンスを交わせたりマークから外れやすくなったりするので、とても有効です。

 

 

相手を素早く抜き去りたい時

最後の4つ目は、相手を素早く抜き去りたい時です。

 

この場面は、ディフェンスと1対1の時に使われることが多いでしょう。シュートを打ちにいく時やドリブルでコースを作りたい時に仕掛けるテクニックです。

 

通常のドリブルで交わすよりも、レッグスルーで交わす方が素早く抜きさることができるので、基本レッグスルーで抜きさるプレイヤーが多いですが、失敗してしまうこともあるので、しっかり練習する必要があるかと思います。

 

 

以上で、4つの場面を紹介しました。どの場面でもレッグスルーは有効なので、是非身につけて損はないテクニックです。

 

 

レッグスルーのやり方、コツ

レッグスルーのやり方やコツを紹介します。

 

 

重心を落とし低い姿勢を保つ

1つ目は、重心を落とし低い姿勢を保つことです。

 

レッグスルーは、ボールを足の間で持ち替えるため、ある程度重心を落として低い姿勢になることが必要になります。

 

初心者に多いのが、低い姿勢を保つことができなくてレッグスルーを失敗することです。確かに、低い姿勢を保つのはとても大変です。しかし、低い姿勢を保つことができれば、楽にボールを持ち替えることができるようになります。

 

低い姿勢の状態でのレッグスルーのコツは、ボールを通す時に太ももあたりを目がけることです。慣れるまで、たくさん練習してみましょう。

 

 

片足を大きく踏み出す

2つ目は、片足を大きく踏み出すことです。

 

ボールを股下に通すタイミングで、片足を大きく前に出すことで、ボールの持ち替えが簡単にできます。

 

ただ、足だけを前に大きく突き出すというイメージよりもは、体を前のめりにして足を踏み出すととてもやりやすいです。

 

普段の練習にも取り入れることができるので、是非試してください。

 

 

開いた両足の中心を狙ってボールをバウンドさせる

3つ目は、開いた両足の中心を狙ってボールをバウンドさせることです。

 

中心でバウンドさせることで、ボールがスムーズに股下を通ってくれます。ですが、少しでもボールをバウンドさせる位置が、前だったり後ろだったりすると、失敗する確率が高くなります。

 

ボールを受け取れなかったり足にぶつかったりするのです。上手にボールをバウンドさせるためにも、中心をめがけてバウンドさせましょう。

 

 

手首のスナップを利かせてバウンドさせる

 

4つ目は、手首のスナップを利かせてバウンドさせることです。

 

動画には、いくつものレッグスルーが載っています。どの動画を見ても、ボールの持ち替えが速いです。

 

これは手首のスナップが関係しています。手首のスナップをボールに利かせると、ボールのスピードが上がり、素早く持ち替えることができるのです。

 

最初は練習しても難しいかと思いますが、反復練習すれば、習得できるスキルなので、是非挑戦してみてください。

 

 

以上が、4つのやり方とコツです。

 

 

レッグスルーの練習方法

レッグスルーの練習方法は、3つです。

 

・止まる

・歩きながら

・ボールを見ない

 

たったのこの3つの練習方法でレッグスルーを習得できるので、是非ご参照していただけたら嬉しいです。

 

 

まずは止まって行う

 

初心者はまず、止まってレッグスルーを行いましょう。両足を広げた状態で、ボールの持ち替えに慣れることから始めてください。

 

やり方は、低姿勢の状態で、ボールの持ち替えを何回も繰り返します。最初は、ゆっくりなスピードでやり、持ち替えに安定してきたらスピードを速くしてみましょう。

 

 

歩きながら行う

 

止まった状態でボールの持ち替えに慣れてきたら、次は歩きながらレッグスルーをしてみましょう。

最初は、できないことに苦戦するかもしれませんが、自分のペースで構いません。

 

ゆっくり歩きながら着実にボールをバウンドさせ、持ち替えましょう。

 

コツは、足をしっかり大きく踏み出すことです。足と足の間が大きければ大きいほど、持ち替えは簡単ですので、大きく踏み出すことを意識してみてください。

 

 

ボールを見ないで行う

 

そして最後は、ボールを見ないで練習してみましょう。

 

試合中は、仲間の位置やゴール位置を確認する必要があります。その時に、ボールを見ながらレッグスルーをしていたら、ディフェンス側と不要な接触をしてしまったり、パスする方向が間違えてしまったりする可能性が上がるでしょう。

 

そうならないためにも、なるべくボールを見ないでレッグスルーを練習してください。ボールを見ないコツは、顎を上に向けることです。

 

意識的に顎を上に向けさせれば、ボールに目線がいかなくなります。是非、練習に取り入れて見てください。

 

 

レッグスルーの応用

レッグスルーは、単体のスキルとして使える技ですが、他の技と組み合わせて使うこともできます!

 

そこで、レッグスルーの応用編をいくつか紹介していきましょう。

 

レッグスルー+クロスオーバー

1つ目は、レッグスルーとクロスオーバーを組み合わせた技です。

 

方向転換したいときに、クロスオーバーを組み合わせると、スムーズに方向転換ができ、ディフェンスを追い抜くことができます。

 

高度なテクニックになりますが、練習して身につければ強力なテクニックになるでしょう。

 

レッグスルー+ロール

2つ目は、レッグスルーとロールを組み合わせた技です。

 

レッグスルーをした後にすぐロールターンをする技で、ディフェンスを確実に追い抜いたり3Pシュートをしたりしたいときに使われることが多いでしょう。

 

ロールターンは、体の中心に軸が固まっていないと手からボールが離れてしまうので、体幹のトレーニングも行うといいかもしれません。

 

レッグスルー+ビハインドバック

3つ目は、レッグスルーとビハインドバックを組み合わせた技です。

 

ビハインドバックは、ボールを背後に回して方向転換ができます。そのため、レッグスルーで方向転換した後にさらにビハインドバックをすれば、ディフェンスを追い抜くことが可能です。

 

 

レッグスルーが得意なNBA選手

バスケの試合で、レッグスルーができるといろんなシーンで活用できるので、見つけておいて損はない技です。

 

特に、NBA選手には得意な方達がたくさんいます。その中でも、「アレン・アイバーソン」「カイリー・アービング」は、レッグスルーを得意としています。

 

それぞれの選手のレッグスルーを動画で確認してみましょう。

 

アレン・アイバーソン

 

カイリー・アービング

 

 

まとめ

今回は、レッグスルーのコツややり方、練習方法について解説してきました。

 

ディフェンスを追い抜くために、レッグスルーを使うプレイヤーは多いです。また、レッグスルーだけではなく、レッグスルーに様々な技を組み合わせて、自己流のテクニックを作り出す選手も多くなっています。

 

そのため、レッグスルーをしっかり身につけたら、自分の得意とする技を組み合わせると良いでしょう。そうすれば、自分にしかない強力なテクニックを使いこなすことができます。

 

習得するまでに時間はかかるかと思いますが、諦めずに練習を積み重ねれば、必ず上達すると思いますので、是非練習する際は、当記事を参考にしていただけたら幸いです。

 

 

【関連記事】

バスケのドリブル練習やコツを解説!小学生や初心者の室内メニューも【動画あり】

【バスケ初心者必見!】試合で役に立つ基礎の練習方法を教えます!

バスケのシュート成功率を上げるポイントやコツを解説!飛距離を伸ばす筋トレも

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケは見ていてもとてもかっこいいスポーツですので、どうせならかっこいい技も覚えたいものです。そして…
  2. バスケ初心者に役立つ練習メニューと方法をご紹介していきます。また練習場所に困っている人のために家でも…
  3. バスケのディフェンスにおけるテクニック「ハーキーステップ」について紹介します。そのやり方、練習方法、…
  4. ジャンプシュートを確実に決められるようになりたい。 空中でのボールコントロールスキルを高めたい…
Return Top