【バスケファウル】ファウルの種類や退場、ルールなど徹底解説!

バスケットボールって面白いですよね。しかし、細かいルールやファウルが多くてよくわからないという方もいると思います。

 

  • バスケのファウルについて細かく知りたい!
  • パーソナル・ファウルとテクニカル・ファウルの違いは?
  • チャージングとブロッキングって同じじゃないの?
  • ファウルゲームってなに?

 

このようなお悩みをお持ちの方に対して、バスケのファウルの種類を徹底解説します!

 

バスケットボール初心者の方や、子供がバスケットボールを始められた親御さんは、この記事を読んでバスケの知識を深めてください!

 

 

バスケのファウルは2つの種類に分かれる

ファウルが多くてルールが難しいバスケットボールですが、じつはファウルの種類が2つに分かれています。

 

  • パーソナル・ファウル
  • テクニカル・ファウル

 

以上の2つのファウルが存在し、シチュエーションによって2つのファウルが使い分けられます。まずは、そんな2つのファウルの違いを解説していきます。

 

パーソナル・ファウル

パーソナル・ファウルは、コート上で選手同士の接触があった場合に言い渡されるファウルです。

 

バスケットボールは基本的に接触禁止のスポーツなので、抑える・ぶつかる・押すなどの行為はパーソナル・ファウルが言い渡されます。

 

パーソナル・ファウルが言い渡された場合の罰則は以下の2種類があります。

 

  1. フリースロー
  2. スローイン

 

ファウルを受けた選手がシュート体勢に入っていれば、ファウルを受けたチームにフリースローが与えられます。

 

またシュート体勢中にファウルを受けながらシュートを打ち、ゴールが決まった場合は得点は認められ、さらにファウルを受けたチームにフリースローが1本与えられるのです。

 

シュート体勢中にファウルを受けながら打ったシュートが外れた場合は、ファウルを受けたチームに2本のフリースローが与えられます。

 

シュート体勢以外で起きたパーソナル・ファウルに関しては、ファウルが起きた場所から最も近いサイドライン、もしくはエンドラインからのスローインがファウルを受けたチームに与えられます。

 

テクニカル・ファウル

テクニカル・ファウルは試合中に選手同士の接触がない場合でのファウルのことです。

 

スポーツマンシップに則っていないプレーや言動を行った選手にテクニカル・ファウルが言い渡されます。

 

テクニカル・ファウルに関しては、フィールド外の選手や監督、スタッフにも適用されるので、ベンチの選手が相手の選手・監督・審判などに不適切な発言をすれば、発言した選手に対してテクニカル・ファウルが言い渡されます。

 

コート上の選手によってテクニカル・ファウルが発生した場合、ファウルをしていないチームに2本のフリースローが与えられ、ファウルをしていないチームのスローインから試合が再開します。

 

コート外の人間が発生させたテクニカル・ファウルに関しては、コーチのファウルとして数えられます。

 

コーチ自身が2回もしくはベンチにいる選手が3回テクニカルファウルを言い渡されると、コーチが退場という扱いになります。

 

パーソナル・ファウルの種類

ここまででバスケットボールのファウルが2種類あることを解説してきました。

ここからはパーソナル・ファウルが言い渡されるプレーを具体的に解説していきます。

 

プッシング

プッシングは相手を押した時に言い渡されるファウルです。相手がボールを持っているかどうかは関係ないので、リバウンドの際によく発生します。

 

プッシングの判定は手以外にも、肩や体で押した場合も適用されます。

 

ただし、故意ではない場合は言い渡されず、故意に相手を押して突き飛ばしたり、ゴール下でのポジション争いでの競り合いなどは過度でなければ、プッシングでファウルを言い渡されることはありません。

 

ホールディング

ホールディングは相手の選手を掴んだ時に言い渡されるファウルです。腕やユニフォームを掴む以外に、相手選手の体を抱きかかえた場合もホールディングに該当します。

 

ゴール付近で相手の選手に動き回られないように体に手をまわしている場合などによく言い渡されるファウルです。

 

チャージング

チャージングはオフェンスの選手が相手のディフェンスの選手に接触した場合に言い渡されるファウルです。

 

自分が進みたいコースにいる相手の選手を突き飛ばしたり、押したりすればチャージングに該当します。

 

よくブロッキングと間違われやすいですが、オフェンスが行った場合はチャージング(オフェンスチャージングとも呼ばれる)、ディフェンスが行った場合はブロッキングとして言い渡されることが多いです。

 

ブロッキング

相手選手がボールを持っているかどうかに関わらず、相手選手の進行を妨げた場合に言い渡されるファウルです。

 

チャージングとの区別は、進路に入ったタイミングで判断され、オフェンス選手の進路にディフェンス選手が入り進行を妨げた場合はブロッキングが言い渡されます。

 

対して、ディフェンス選手がすでに存在する進路にオフェンス選手が突っ込んでいき接触すればチャージングが言い渡されます。

 

イリーガル・スクリーン

オフェンスの選手がスクリーンを正しく行わなかった時に言い渡されるファウルです。

 

通常、スクリーンは両足を地面に設置し、上半身を動かさない状態でスクリーンを行わなければいけません。

 

しかし、移動したり手を出して相手の進路を妨げるとイリーガル・スクリーンに該当します。

 

イリーガル・ユース・オブ・ハンズ

イリーガル・ユース・オブ・ハンズは相手の服を掴んだり相手の手を叩いたりして相手の動作を妨げる行為をした時に言い渡されるファウルです。

 

手で軽い妨害をした際には全てイリーガル・ユース・オブ・ハンズとして扱われますが、悪質になるとプッシングやホールディングとして扱われます。

 

ダブルファウル

ダブルファウルはゲーム中に両チームがほぼ同時にパーソナル・ファウル起こした状態のことです。

 

ダブルファウルが発生した場合は、ファウルを起こした両選手にパーソナル・ファウルが言い渡されます。

 

 

テクニカル・ファウルの種類

ここまででパーソナル・ファウルの種類を紹介しました。次はテクニカル・ファウルの種類とその内容について解説していきます。

 

アン・スポーツマンライク・ファウル

アン・スポーツマンライク・ファウルは選手同士の接触プレーの中でも故意に、押す・掴む・突き飛ばす・蹴る・殴るなどのスポーツマンシップにかける行為が行われた場合に言い渡されるファウルです。

 

このファウルを2度言い渡されると退場となり、そのゲームには出場することができません。

 

シュートを打ちながらアン・スポーツマンライク・ファウルを受けた場合、ゴールが決まれば得点は認められ、さらに1本のフリースローがファウルを受けたチームに与えられます。

 

またシュートが外れた場合は2本のフリースローがファウルを受けたチームに与えられます。

 

シュート体勢ではない場合にアン・スポーツマンライク・ファウルを受けた場合は、2本のフリースローがファウルを受けたチームに与えられ、いずれの場合も、フリースロー後はファウルを受けたチームのスローインからゲーム再開となります。

 

ディスクオリファイング・ファウル

ディスクオリファイイング・ファウルは極めて悪質で尚且つ危険なプレーが起きた時に言い渡されるファウルのことです。

 

このファウルを言い渡された選手はファウルの累積数に関わらず、即退場となり、そのゲームには出場できません。

 

例えば、意図的に相手の顔面に肘打ちをした場合や、相手の選手に殴る・蹴るなどの暴行を加えた場合はディスクオリファイイング・ファウルが言い渡され即退場となります。

 

その他

他にも審判への講義があまりにもしつこい場合や、相手選手や観客への暴言、遅延行為などはテクニカルファウルが言い渡されることもあります。

 

 

【バスケ】ファウルは5回もらうと退場になる

バスケについてそんなに詳しくない方でも「ファウルを5回貰うと退場になる」というルールを聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?

 

その噂のとおり、バスケットボールには5ファウルというルールが存在し、パーソナル・ファウル、テクニカル・ファウルに関わらずファウルを5回言い渡されると、言い渡された選手は退場のなり、その試合には出場することができません。

 

また5回目のファウルが言い渡され、退場になった選手は30秒以内に他の選手と後退しなければいけないというルールがあり、多くのチームが4回目のファウルを言い渡された時点で、交代の選手を用意しています。

 

バスケではファウルがゲームの流れを変える!

バスケットボールにはたくさんのファウルが存在するということがわかりましたね。

実はバスケットボールではファウルが非常に重要な要素と言われており、ゲームの流れを大きく左右するのです!

 

バスケットボールは狭いコートの中で10人の選手が走る・飛ぶ・投げるなどの動作を行うスポーツです。決してコンタクトスポーツではありませんが、選手同士の接触もあります。

 

そんなバスケットボールではコートにいる選手が自らファウルを誘うプレーもあるんです!

ファウルを誘うプレー

バスケットボールではファウルを敢えて貰いに行くというプレーもあります!

 

試合で負けている時にファウルを貰った場合、ファウルを受けたチームにフリースローが与えられるので得点機が増え、効率よく点数が取れる可能性があるのです。

 

ファウルのもらい方のコツとしては、相手の体に自分の体をなでるような意識でシュートモーションに入ることで、あいてのファウルを誘い、フリースローをもらえる可能性が高くなります。

特にレイアップシュートなどの走り込んでシュートを打つ時には、よく使われているプレーですね。

 

ファウルゲーム

ファウルを誘い得点機を増やすプレーに対して、ファウルを利用して敢えて相手にフリースローを与える「ファウルゲーム」という戦術もバスケットボールでは、よく使用されています。

 

ファウルゲームとは、相手との得点差がそれほどなく、数回のゴールで追いつくことができる。もしくは逆転できる可能性のあるチームが使う戦術です。

 

ファウルゲームの目的は2つあります。

 

  1. 相手の得点効率を下げる
  2. 相手に時間を使わせない

 

普段通りに試合を進めていると、ゴールの得点は2点か3点ですよね?

 

しかし、ファウルによって与えられるフリースローは1ゴールで1点、フリースローが2本えられたとしても、2本ともゴールを決めなければ2点にはなりません。

 

1本も決められなければ0点なのでそこで相手チームのフリースローが下手な選手にファウルをして、得点効率を下げるのが1つ目の目的です

 

もう1つの目的が、相手に時間を使わせないということです。

 

負けているチームが相手にボールを持たれていると、相手のボールを奪うまで、自分たちは攻撃できません。

 

さらなる追加点の可能性やボール回しをして時間を使われる可能性もあるので、ファウルをします。

 

フリースローの間は試合の時計が止まっており、尚且つ、2本目のシュートが外れてリバウンドに勝つことができれば、自分のチームのボールになります。

 

相手の得点効率を減らし、試合の時間を止め、尚且つ自分たちのボールになる可能性があるなんて、僅差で負けているチームからすれば、とても美味しい話なのでファウルゲームが使用されているのです。

 

 

まとめ

細かいバスケのファウルについて理解を深めることはできましたか?バスケのファウルの種類とルールを徹底解説しました。

 

バスケは様々なファウルがあり、一見同じようなファウルもありますが、実はしっかりと

区別されているのです。

 

バスケを見ていて分からなかったファウルやルールがこの記事を読んで理解していただければ幸いです。

バスケの知識を深めることで今まで以上にバスケが楽しくなります!

 

【関連記事】

バスケ審判のジェスチャー&ルール一覧【2018】服装や資格も解説

お悩み解決!最新のルールを理解して、試合を有利に持っていきたい(指導編)

バスケットボールのルールまとめ! 覚えておきたいファウルや2018年変更点

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. シューズ選びで困ったことやわからないことはありませんか? 例えば、いつも靴擦れをしてしまう、足が痛…
  2. ねんざのリスクが高まる要因とは? 足のねんざが発生する原因の1つとして、小出敦…
  3. プロテインの美味しい飲み方や初心者でも簡単なレシピ集、おすすめ商品をご紹介します。今回はパーソナルト…
  4. スポーツをやっている方はテーピングをうまく使って怪我の予防や悪化などに備えたりすると思います。テーピ…
Return Top