【バスケ】テクニカルファウルとは?処置や審判のジェスチャーも紹介

バスケットボールの試合中に起こるファウルといえば、身体的接触をともなうものだと思われがちですが、身体の接触をともなわないテクニカルファウルというものもあります。

 

また、重い処罰が課せられる、アンスポーツマンライクファウルや、ディスクォリファイングファウルというのもあります。

 

今回は、テクニカルファウルを中心に、バスケットボールのファウルについて、処置や審判のジェスチャーなどを詳しく解説していきます。

 

 

テクニカルファウルとは?

ルール違反をすることをファウルといいますが、その中でも、試合中に起こる身体の接触をともなわないファウルのことをテクニカルファウルといいます。

 

コート上のプレイヤーはもちろん、ベンチにいるコーチや監督、ベンチプレイヤーなどによるスポーツマンらしからぬ言動が行われたときも、テクニカルファウルが宣告されます。

 

これに対し、コート上のプレーヤー同士の身体の接触によるファウルをパーソナルファウルといいます。

 

どんなときにテクニカルファウルを取られる?

では、テクニカルファウルはどんなときに取られるのでしょうか?

 

コート上のプレイヤーと、ベンチにいるコーチ・プレイヤーの場合をそれぞれ見ていきましょう。

 

プレイヤーの場合

まず、コート上のプレイヤーは、どんなときにテクニカルファウルの宣告を受けるのでしょうか?

相手チームへの暴言、挑発など

相手チームのプレイヤーやベンチ、審判に対して口汚い言葉で罵るなどの暴言を吐く、または激しく抗議をしたり挑発行為をしたり、進行を妨げたりなどすると、テクニカルファウルの対象になります。

 

他にも、怒りにまかせてボールやベンチなどを蹴ったり、物を投げたりすることもテクニカルファウルの対象となります。

 

審判の警告を無視する

審判の忠告や警告を無視することも、テクニカルファウルに該当します。

 

審判の言うことを聞かないというのは、最もスポーツマンシップに反していることだといえますので、この態度がテクニカルファウルの対象になるのは当然のことだといえます。

 

肘を振り回したりして相手の視界を妨げる

相手の目の前で腕を振り回したりして、視界を妨げるのもテクニカルファウルとなります。

 

相手の目や鼻に腕や肘が当たるなどすれば大ケガにも繋がりかねませんので、これもテクニカルファウルになるのは当然といえます。

 

処置

コート上のプレイヤーがテクニカルファウルを犯した場合、ペナルティによって相手チームに1本のフリースローが与えられます。

 

シューター以外のプレイヤーはフリースローレーンに入ることができず、3ポイントラインよりも外側にいなくてはなりません。

 

以前は、オフェンスをしているチームの選手やベンチがテクニカルファウルを取られた場合、相手にフリースローを1本与えることに加え、相手ボールでゲーム再開となっていました。

 

しかし最新のルール改正では、オフェンスをしているチームの選手がテクニカルファウルを取られても、相手チームに攻撃権が移るというルールはなくなり、オフェンスを継続できることとなりました。

 

プレイヤー以外も取られる

次に、コート上のプレイヤー以外でテクニカルファウルを取られるケースと、その処置を見ていきましょう。

 

コーチやベンチプレーヤーの暴言

コーチやベンチにいるプレイヤーなどのチーム関係者が、相手チームや審判に対して暴言を吐いたり、挑発行為や抗議をした場合でも、テクニカルファウルの対象となります。

 

勝手にベンチエリアを離れる

選手交代を申請する、コーチがタイムアウトを要求するといった正当な理由もなく、ゲーム中に勝手にベンチエリアを離れた場合もテクニカルファウルの対象です。

 

処置

コーチやベンチプレイヤーなどの、コート上のプレーヤー以外の人がテクニカルファウルを犯した場合も、相手チームにフリースローが1本与えられます。

 

コート上のプレイヤーのファウルはチームファウルに加算されますが、コート上のプレイヤー以外の者がテクニカルファウルを犯すと、そのファウルはコーチに記録されます。

 

コーチは自分自身でテクニカルファウルを2回犯してしまうか、ベンチプレイヤーなどが3回犯してしまうと、即刻退場となります。

 

 

テクニカルファウルの際の審判のジェスチャー

テクニカルファウルが宣告されると、審判は両手を頭の上に回し、手のひらでT字を作るジェスチャーをします。

 

ファウルについてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事もチェック!

バスケットボールのルールまとめ! 覚えておきたいファウルや2018年変更点

 

 

重い処置が課せられる2つのファウルを知っておこう

アンスポーツマンライクファウル

その名の通り「スポーツマンらしくないファウル」のことで、ケガをさせるおそれのある危険行為だと審判に判断されたときに宣告されるファウルです。

 

NBAでは「フレグラントファウル」とも呼ばれており、NBAの場合には危険度合いによってレベル1とレベル2に分けられています。

 

レベル1は2回宣告されると退場となり、レベル2のフレグラントファウルを宣告された場合には、一発退場となります。

 

処置

アンスポーツマンライクファウルが宣告されると、相手チームにフリースローと直後の攻撃権が与えられます。

 

事例

アンスポーツマンライクファウルがどのようなものなのかがわかる動画をご紹介します。

上の動画では、ディフェンス側のプレイヤーが、ドリブルをしてくる相手選手の腕をつかみにいっています。

 

これは、ドリブルを止めることだけが目的のファウルで、オフェンスの進行を妨害することを目的とした必要のないファウルであるため、バスケの正当なプレイではないと審判に判断されたのです。

 

ディスクォリファイングファウル

ディスクォリファイングファウルは、極めて悪質で危険な行為に対して宣告されるファウルです。

 

肘を相手の顔にぶつけるなどのラフプレーがディスクォリファイングファウルに該当します。

 

コーチや監督があまりにもしつこく審判に抗議し続けることで、ディスクォリファイングファウルを宣告されることもあります。

 

処置

ディスクォリファイングファウルを宣告されたプレイヤーは一発退場となり、相手チームにはフリースローと、直後の攻撃権が与えられます。

 

事例

ディスクォリファイングファウルの動画です。

上の動画でもわかるように、蹴ったり肘を顔面に当てたり、相手選手を引っ張って倒したりすると、一発退場となります。

 

こうしたラフプレーでは乱闘に発展することもよくありますので、絶対にやらないように気をつけましょう。

 

まとめ

バスケットボールの試合中に発生するファウルは身体の接触によるもの以外にもあり、それがテクニカルファウルです。不適切な行為だと審判に判断されたらテクニカルファウルを宣告され、チームに迷惑をかけてしまうことになります。

 

テクニカルファウルはコートの外にいる人間であっても適用されるため、事前にそのルールをしっかりと理解しておきましょう。

【関連記事】

バスケの基礎ハンドリングのコツは? 練習メニューも紹介!

ジャンプ力を上げる筋トレ3選!【2018決定版】バスケやバレーでのトレーニング方法も解説!

バスケのシュート成功率を上げるポイントやコツを解説!飛距離を伸ばす筋トレも

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  2. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  3. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  4. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
Return Top