アイソレーションとは?バスケ戦術を動画とともに徹底解説!

バスケのアイソレーションという戦術をご存知でしょうか。アイソレーションとは、ドリブル技術が高く、得点力のあるエースが1on1で勝負できるようにするオフェンスフォーメーションです。今回はバスケのアイソレーションオフェンスを動画などを交えながら、詳しく解説していきます。

 

【バスケ】アイソレーションとは?

アイソレーションとは、英語で「分離、独立」といった意味があります。バスケの戦術としてのアイソレーションオフェンスは、エースが1on1で勝負ができるように、1on1の状態を作り出す戦術です。

バスケのチーム戦術では、サインによって、各選手が連携して、スペースを作り出し、パスを繋げてシュートを決める連携によるオフェンスがほとんどです。それに対して、アイソレーションは1on1を仕掛ける選手の個人技でシュートを決めにいく戦術です。

ただ1on1のシチュエーションを確実に作るためには、ディフェンスがヘルプにいけないように周りの選手の動きも重要です。エースに託すために、スペースを作るといった意味では、チーム戦術と言えます。

 

参考になる動画を紹介!

こちらの動画では、アイソレーションオフェンスにより、1on1で得点を決め切っています。

まず注目したいのが、ボールを持っている選手と他4選手の距離感です。本来であれば、サポートに行ったり、スクリーンをかけたりするなど近い距離をとり、動きも活発です。

アイソレーションオフェンスの場合、1on1の状況を孤立させるため、距離をとります。もしディフェンスがマークを捨てて、ヘルプに行けばシュートチャンスができるため、ディフェンスは迂闊にフォローに行けません。

1on1の状況が整ったら、後は勝負を挑むのみです。個人技で相手を抜き去り、シュートを決めてオフェンスの完結です。

 

アイソレーションオフェンスのメリット

アイソレーションオフェンスには、いくつかのメリットがあります。1on1勝負を挑むというシンプルな戦術ですが、オフェンスが成功すると得点以上のメリットを期待できます。アイソレーションオフェンスのメリットを確認して、ぜひ試合で使ってみましょう。

 

1on1に強い選手がいれば得点する可能性が高い

1on1での勝負強さが、アイソレーションオフェンスの成功の秘訣です。チーム内には、シュートが得意な選手、ドリブルが得意な選手など個性のある選手が揃っています。

中でもドリブルが得意で決定力のある選手がアイソレーションオフェンスに適任です。仲間の作り出した広大なスペースを使って、勝ちきる1on1ができれば、アイソレーションオフェンスで得点する可能性がグッとあがります。

 

シンプルで理解しやすい

他のチーム戦術では、戦術の理解、各選手の動き、技術が必要です。複雑な動きを必要とすることもあり、まず動きを理解することが大切です。

アイソレーションオフェンスはとてもシンプルです。1on1を作り出すというだけを考えましょう。

ボールホルダーにディフェンスが行けないように他4選手が幅をとって、ポジションをとる、後はドリブルで仕掛けるというシンプルさが理解しやすく、戦術として採用しやすいと言えます。

 

ターンオーバーの数が少なくなる

ターンオーバーとは、ミスによって攻守が入れ替わることです。オフェンス中にパスミスなどで相手にボールが渡るとディフェンスに替わります。

スピードを持って、スティールされてしまうとターンオーバーが即失点につながってしまうため、ターンオーバーを少なくすることが勝利のために必須です。

アイソレーションオフェンスで、基本的にはパスを選択肢に入れずにドリブルで仕掛けます。そのためパスミスやスティールの可能性が少なく、ターンオーバーが減ります。

オフェンスの機会を完結させることができるため、ディフェンスへの切り替えもはっきりすることができます。

 

アイソレーションのデメリット

理解しやすいシンプルさやターンオーバーを減らすことなど、アイソレーションオフェンスにはメリットが多くあります。

デメリットもあるため、デメリットを理解した上で、使いところを見極める必要があります。メリットを踏まえつつ、デメリットを見ていきましょう。

 

1人の能力のある選手に頼ることになる

エースに勝負を委ねることで、1人の選手に負担をかけることになります。勝負を仕掛けるための体力はもちろんですが、プレッシャーなど精神的な負担もかかります。1on1の勝敗はチームの勢いにも直結し、勝負所の負けはチームの負けにもつながります。

チームで試合に勝つためには、1人の選手に頼ることは得策ではありません。バスケは局面を見ると1on1ですが、チームでボールを繋げてゴールを目指すチームスポーツです。

アイソレーションを多用して、1人の選手に頼るのではなく、ここぞという場面でエースを信頼してアイソレーションするという戦術の採用をしましょう。

 

攻撃が単調になる

アイソレーションオフェンスをディフェンスから見ると、ドリブルで仕掛けてくることがわかっているため、1on1に勝てばいいというシンプルな考えで対応ができます。攻撃が単調になり、対策をとりやすく、アイソレーションの成功率も下がっていきます。

パスやスクリーンなどを組み合わせて、動きがある方がディフェンスは守りにくいです。アイソレーション主体ではなく、クォーターの終盤など場面に合わせて採用するのをおすすめします。

 

オフェンスリバウンドがとれない

 

バスケでは、シュートが外れたときにオフェンスリバウンドをとり、オフェンスをコンティニューすることが大切です。通常のオフェンスではゴール近くに人数がいるため、オフェンスリバウンドをとれる可能性があります。

アイソレーションでは、ゴールまでの道をあけるためにボールホルダー以外はゴールから離れた位置をとります。

シュートが外れたときにリバウンドを取りにいくには距離が遠くなってしまい、オフェンスリバウンドはあまり期待できません。1on1で決めきる自信を持った選手でアイソレーションを仕掛けるか、オフェンスリバウンドを捨てるといった割り切った戦術採用が必要です。

 

アイソレーションオフェンスが効果的な場面

アイソレーションにはメリット、デメリットがあり、アイソレーション主体でオフェンスすることはあまりおすすめできません。ここぞという場面での勝負がチームの勝利を手繰り寄せます。アイソレーションオフェンスが効果的な場面を見ていきましょう。

 

残り時間が少ない時

アイソレーションオフェンスは、オフェンスリバウンドが取りにくいなどからクォーター中盤ではカウンターを受ける可能性が高いです。

残り時間が少ない終盤であれば、もし成功しなくても、クォーターが終わり、攻撃を受けることなく次のクォーターに進むことができます。

アイソレーションが成功すると、チームに勢いがつき、良い流れを作ることができ、劣勢の状況も跳ね返すきっかけとなります。

 

エースに託すような勝負所

逆転のかかったオフェンスや試合終了間際のオフェンスといった勝負所は、アイソレーションでエースに託す場面の一つです。

ここぞという場面でのエースの勝利はチームの士気を高め、逆転や追撃のきっかけとなります。試合終了前の最後のチャンスで、ブザーとともにシュートを決めるブザービーターを決めれば、勝利に直結します。

エースを信頼し、勝負所で、1on1に集中できる最高のステージを作り出しましょう。

 

アイソレーションオフェンスを向上させるための練習

アイソレーションでは、1on1に勝ちきるオフェンス能力が必要です。局面は1on1ですが、試合ではディフェンスのヘルプによって、数的不利になる可能性もあります。基本の1on1から5対5まで段階的にトレーニングをすることが必要です。

 

1対1

アイソレーションで何より大切であるのが、1on1に勝つ技術です。1on1の練習は、ヘルプなどを気にせず、ディフェンスとの駆け引きや仕掛けのタイミングを測ることができます。ハンドリングやドライブ、ディフェンスがいる状態でのシュートなどに磨きをかけましょう。

 

1対2

マークを捨てて2人でディフェンスをするダブルチームを仕掛けてくる場合も考えられます。1on1ではないディフェンスとディフェンスの間といいったスペースがあるため、1対2でも勝ちきるコツを掴むことが大切です。

1対2に対応できる技術があれば、1on1の勝率もあがり、アイソレーションの成功させる確率が上がります。

 

5対5

試合と同じ5対5での練習は、ボールホルダーの練習だけでなく、他4選手のオフェンス、ディフェンスの練習にも最適です。

アイソレーションのシチュエーションを作る動きと合わせて、もし対策されていたときのパスの選択肢などを準備することで、単調なオフェンスになることを防ぐこともできます。

 

エースがシュートの成功率を上げるために必要なこととは・・・さらなる高みを目指したい人必見!

バスケのシュート成功率を上げるポイントやコツを解説!飛距離を伸ばす筋トレも

1対1で勝つためのコツ

1対1で勝つためには、スピードや身長などの身体能力だけでなく、ディフェンスとの駆け引きなどの勝負のためのコツがあります。コツを掴むと、能力差を埋めることができるため、アイソレーションだけでなく、局面での1on1にも生かしてみてください。

 

トリプルスレットポジションをキープする

アイソレーションでは1on1に勝ちシュートを決めることが目的ですが、ドリブルやシュートだけの選択肢だけでは、ディフェンスは守りやすいです。

状況に合わせて、ドリブル、シュートと合わせてパスの選択肢を持つ体勢を作りましょう。この3つの選択肢のある体勢をトリプルスレットポジションと言います。

ゴール、ディフェンス、仲間を同一視野に入れられるように正面を向いて立ちます。足は肩幅に開き、膝を曲げ、どのような動きにも移行できるようにしましょう。

シュートのできる腕の位置をとることで、シュートの選択肢を相手に想像させます。視野が確保されているため、ドライブ、パスにもつなげることができます。

 

ディフェンスの動きをチェックする

1on1では、自分の仕掛けのタイミングだけでなく、ディフェンスの動きを見て仕掛けることも重要です。ディフェンスとの距離や重心などに気を配りましょう。

ディフェンスの仕掛けのタイミングを逃さないことで、ディフェンスの逆をとり、突破できます。

ディフェンスの仕掛けが慎重で距離が遠ければ、シュートのチャンスもあります。ディフェンスの動きを逆手にとって、勝負を優位に進めましょう。

 

シュートバリエーションを増やす

トリプルスレットポジションによって、プレーの選択肢を作ることも大切ですが、アイソレーションのフィニッシュであるシュートのバリエーションも重要です。

ドライブからレイアップなどパターンが決まっているとブロックやスティールの危険があります。ドリブルからストップやミドルシュート、フェイドアウェイなどバリエーションがあることで、ディフェンスの対応が難しくなります。

様々なシュートパターンを身につけておきましょう。

 

まとめ

アイソレーションはここぞという場面の勝負で流れを変えるオフェンス戦術です。1on1で勝つ技術が必要であるため、1on1のコツや1on1、1対2などのトレーニングで、アイソレーションの成功率をあげることができます。

勝負所での効果的なアイソレーションで、チームに勢いをつけたり、逆境を跳ね返したりして、バスケの試合の勝利を引き寄せましょう。

 

【関連記事】

膝のテーピングを簡単に解説!前十字靭帯など部位別に!

バスケのジャンプ力を上げる方法【動画付き】ダンクにおすすめの筋力トレーニング

バスケットボールのルールまとめ! 覚えておきたいファウルや2018年変更点

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. 【バスケ】3x3(スリー・バイ・スリー)とは? 3x3とは、3on3の名称で親しまれた3人制バスケ…
  2. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  3. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  4. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
Return Top