【バスケ】指テーピングの意味は?バスケ選手におすすめの商品も紹介!

スポーツをやっている方はテーピングをうまく使って怪我の予防や悪化などに備えたりすると思います。テーピングを巻く箇所は様々ですが今回は指のテーピングに焦点を当てて解説していきます。


  • 指のテーピングの目的
  • 指のテーピングの貼り方
  • テーピングの種類とおすすめ商品
  • テーピングは指以外にも有効!
  • まとめ

指のテーピングの目的と意味を解説

まずは基礎知識として指のテーピングの目的について解説します。以下をご覧ください。

骨折などの怪我を未然に防ぐ

スポーツに怪我はつきものです。スポーツの種類によっても怪我のリスクは変わりますがテーピングをうまく活用することで怪我の予防にもつながります。怪我をしやすい箇所をテーピングによって補強すると考えてもいいでしょう。

怪我の症状悪化、痛みの軽減

もし怪我をしたとしてもテーピングをすることで症状の悪化や痛みの軽減にもつながります。テーピングは怪我した箇所を補強、保護する役割もあるのです。

バスケやバレー、クライミングなどあらゆるスポーツに有効

今回は指のテーピングがテーマですが、指が重要なスポーツはたくさんあります。バスケットボール、バレーボールなどがメジャーですがクライミングも指を使うスポーツです。その他にもたくさんありますがテーピングはいろんなスポーツに有効となります。

指のテーピングの貼り方

ここからはケース別でテーピングの貼り方を紹介します。目的や怪我の場所によって貼り方も変わりますので参考にしてください。

指のサポート、怪我予防の場合

指のサポートや怪我予防の場合は指全体にテーピングしていくイメージです。まずは6cm煮切ったテープを用意し縦に3等分するところから始めます。

そのうち2枚は左右ともに中央から切り込みを入れます。加工したものも含め3枚で指を保護することになります。

切り込みを入れた2枚を指の側面に伸ばして貼ります。最後の1枚は第2関節部分へ指に対して横向きに貼り完成となります。

突き指の場合

次は突き指の場合のテーピング方法です。まずは第1関節と第2関節の間、さらに、指の付け根と第2関節の間にテープを巻きます。(アンカーを貼る)

次は指の先端から付け根の方向へXサポートをつくります。Xサポートは関節上でクロスさせるのがポイントです。最後は運動中などに剥がれないように両端にアンカーを貼って終了です。

親指を伸ばすと痛みを感じる場合

親指を伸ばした時に痛みを感じるときは、まず、手のひらを広げて親指を伸ばしてから痛みを感じない方に少しだけ戻してください。その状態で親指の真ん中から手首までまっすぐテーピングを貼ります。

今度はXサポートを2本つくります。1本目は親指の中間から痛みを感じる関節の上にクロスさせ手首まで貼ります。2本目は反対側から手首まで貼ります。

これで下地の完成で最後は太めのテーピングで3本のテーピングを覆うようにし、手首を一周させて終わりです。

指の付け根に違和感を感じる場合

最後に紹介するのは指の付け根に違和感を感じるケースです。指の付け根の違和感に対応するテーピングの貼り方は応用編です。はじめに、7cmのテープを一つ用意し、縦に2等分します。

次は15cmのテープを一つ用意し真ん中から3cmほど切り込みを入れます。ここまでに出来上がった3枚のテープで貼っていくことになります。

1枚目に2等分した一方のテープを違和感のある部分を通して引っ張って貼ります。今度はもう片方をクロスさせるように貼ります。このとき貼ったテープはしっかりと抑え剥がれないようにしましょう。

そして、切り込み入りのテープの切り込み側を指の根元に引っ掛けるように貼ります。残りは引っ張りながらまっすぐ貼って終了です。7cmにしたテープは指によって長さを変え、手首まで届くようにしましょう。

テーピングの種類とおすすめ商品

テーピングと一言で言っても様々な種類があり、それぞれに特徴があります。特徴に対応した使い方をすれば効果的になります。ここでは、テーピングの種類について紹介します。

非伸縮性テープ

非伸縮性テープとは字のごとくですがテープが伸びない素材になっています。用途とすれば主に固定や可動域の制限に使います。ガッチリ固定するため怪我の予防、再発防止、応急処置などあらゆる場面での使用ができます。

使われる箇所でいうと可動域がもともと小さい指や手首、足首の固定が多くなります。貼ることによるカブれも少ないタイプです。

「ホワイトテープ 19mm 指・親指用 2本入り 843X5UX3106」

XEBIOで見る

指用2本入りですので長持ちします。固定力に優れ、汗や水にも強い特徴があります。肌にも優しいのでカブれなどの心配も少ないでしょう。

ハード伸縮性テープ

非伸縮に対して伸縮性、いわゆる伸び縮みするタイプのテープもあります。伸縮具合がハートとソフトの2種類がありますがハードタイプは布地で厚めのつくりになります。強い固定をしながらもある程度動きも必要な箇所(肩や肘、膝)に利用することが多いです。

ソフト伸縮性テープ

ソフト伸縮性は伸縮性に優れることはもちろん、粘着力にも優れているテープになります。固定には向かないのでテーピングの仕上げに使われることが多いタイプでテープの剥がれを防ぎます。

自着性テープ

一般的なテープは肌に粘着しますが自着性テープはテープ同士が粘着しますので肌への粘着はありません。幹部の固定や圧迫に使え、包帯の代用品にもなります。しかし、固定する力は非伸縮性や伸縮性に劣ってしまいます。

キネシオテープ

キネシオテープは関節を固定るるテープではありません。筋肉に沿って貼ることで皮膚を釣り上げて皮膚と筋肉の間に隙間をつくり、血行を良くします。痛みやコリに効果的なテープになります。

「キネシオロジーテープ 撥水タイプ ブラック 843X5UX3120」

XEBIOで見る

汗をかいても剥がれにくい撥水タイプで、入浴も大丈夫です。S字状の粘着剤塗工で通気性にも優れています。

アンダーラップテープ

アンダーラップテープはテーピング前の予備テープというといいかもしれません。テーピングの粘着糊による肌への影響から守るためのテープです。体毛の濃い部分に利用すると剥がすときのダメージも少なくなります。

アンダーラップテープはあくまでも下地としての利用ですので固定や圧迫ができるわけではありません。注意してください。

「アンダーラップテープ U-70H」

XEBIOで見る

皮膚が守れ、非粘着タイプ、手で切れる特徴のある商品です。発汗による刺激なども和らげてくれます。

撥水、防水タイプもある

テープの種類は様々ありますが、撥水や防水タイプのテープが最近は出回っています。水気を弾きますので粘着力にも優れ、患部の保護にもつながります。

「キネロジEX ブリスターパック NKEXBP50OR」


XEBIOで見る

足や腰用のテープですがウェーブ塗工がなされているため通気性に優れます。

テーピングは指以外にも有効!

今回は指に関して詳しく紹介していますがテーピングは指以外に使っても効果的です。

手首

手首を曲げると痛いなどの症状であれば固定することで痛みの軽減につながります。サッカー選手などは試合中のプレーで転倒による怪我防止のために巻いている選手もよく見かけます。

足首

足首にテーピングを巻けば捻挫防止につながります。多くのスポーツは足を酷使しますから負担軽減の意味でもテーピングすると効果的です。

足首のサポートにはテーピングソックスも有効!

足首に関していうとテーピングを巻くよりも手軽に保護できるテーピングソックスがあります。名前の通り、靴下のように履くだけで足首を保護してくれます。バスケットボール、バレーボール、サッカーなど競技を問わず重宝します。

足首テーピングの巻き方【動画付き】テープの種類や注意点、メーカーなどを解説

まとめ

今回は指のテーピングを中心に取り上げました。患部によってテーピング方法も異なり、テープの種類も様々あります。用途に応じてうまく使い分けてみましょう。そして、テーピングは指だけではなく、手首や足首などにも有効です。ぜひ、実践してみてください。

【関連記事】

肘のテーピングの巻き方を解説!バスケで役立つ種類・テーピングソックスも紹介!

膝のテーピング方法解説!簡単に巻く方法や効果も解説!

【バスケ】テーピングの種類や巻き方を徹底解説!

 

関連記事

オススメの記事

  1. シューズ選びで困ったことやわからないことはありませんか? 例えば、いつも靴擦れをしてしまう、足が痛…
  2. ねんざのリスクが高まる要因とは? 足のねんざが発生する原因の1つとして、小出敦…
  3. プロテインの美味しい飲み方や初心者でも簡単なレシピ集、おすすめ商品をご紹介します。今回はパーソナルト…
  4. スポーツをやっている方はテーピングをうまく使って怪我の予防や悪化などに備えたりすると思います。テーピ…
Return Top