バスケットゴールの高さは?中学生・高校生で分かれる?ゴールがある公園も紹介!

今回は、お子さんが部活やクラブでバスケを始めてたくさん練習をさせてあげたい方、バスケ大好きで毎日でもバスケを楽しみたいという方必見の情報を紹介したいと思います。

合わせて都内でバスケのゴールがある公園や、家庭用バスケットゴールの選び方なども紹介していきます。

 

 

バスケットゴールの高さはカテゴリーで分かれる?

バスケは日本はもちろん世界中で人気のスポーツですので、ゴールも公式な規格が定められています。まずはバスケットゴールの高さについて説明します。

特にバスケットゴールの購入を考えている方は、公式のサイズと違うものを購入してしまっては全く練習になりませんので、是非知っておきましょう。

 

小学生以下(ミニバス)

ミニバスとは、ミニバスケットボールの略で12歳以下の小学生(国際的には11歳以下)により行われる競技です。バスケットよりもゴールの高さやボールの大きさが違い、ルールも3ポイントシュートなしなど若干異なります。

小学校のゴール高さ(ミニバスのゴールの高さ)は、地面からバスケットリングまでが2.6m(8.5フィート)の高さと決められています。

 

中学生以上

中学生以上は地面からリングまでの高さが3.05m(10フィート)のゴールが使われます。中学生以上は全てこの高さのゴールを使用します。高校生もプロもNBAも国際大会も全て同じ3.05mです。女子も全く同じゴールを使用します。

ミニバスと比べると45cm違いますので、中学校に上がったばかりの1年生は最初その高さに苦労することがあります。

 

 

バスケットゴール等のサイズや規格

バスケットリングの高さと同じく、バスケットリングの大きさやバックボードのサイズなども公式に決められています。バスケットリングのサイズなどはミニバスとバスケの違いはありません。

 

バスケットリングの直径

バスケットリングの大きさは内径が45cm、外径は48.5cmと公式に定められています。ちなみにリングの太さは約3.5cmになりますね。

 

バックボードのサイズ

バックボードとはバスケットリングが取り付けられている四角い板の名前です。ちなみに英語でも同じくbackboardと呼びます。

このバックボードも公式にサイズが決められています。

バックボードのサイズは横180cm、縦105cmです。ちなみにリングが取り付けられる位置はバックボードの下部から15cmの位置で、地面からバックボードの下部までは290cm、ミニバスは245cmと決められています。また、バックボードの四角い枠のラインのサイズは外寸で横59cmで縦45cm、線の太さは5cmとなっています。

ラインのサイズまでは知らなくても構いませんが、自作などをする場合の参考にしてください。

 

 

バスケットゴールにバックボードがついているのはなぜ?

今やバスケットゴールの後ろには必ず取り付けられているバックボード。あれはなぜ付いているのかご存知でしょうか。

 

確かにバックボードがあるお陰でシュートが跳ね返って決まりやすくなりますし、ボールが飛んでいって取りに行く手間も省けるメリットはあります。しかし、別になくても競技として成立しますし、むしろ難易度が上がって楽しめるような気もします。少なくともあんなに大きいサイズは必要ないのではないでしょうか。

 

バックボードは観客が手や足でリングに入りそうなボールを弾いて妨害する行為が多発したため、それを防ぐ目的で取り付けられました。

 

バスケは1890年台に考案されたスポーツなのですが、当初はバックボードはありませんでした。体育館の二階の手すりやバルコニーにリングが設置されただけのゴールでやっていたのですが、人気が高まるにつれ二階で観戦していた観客がゴールを妨害を始める行為が起こったのです。

 

それを防ぐためにバックボードの原型となる金網が設置され、その後木の板に変わり、現在のポリカーボネートなどの透明な素材が使われるようになりました。

 

 

都内でバスケットゴールがあるおすすめ公園

都内の公園でバスケットゴールが設置され、無料で楽しめる公園を紹介します。自主練で使うのはもちろん、バスケ好きの利用客も訪れるので腕試しをするのも良いでしょう。

 

中目黒公園

中目黒公園は目黒区にある公園です。中目黒駅から徒歩約10分ほどに場所にあります。バスケットゴールが一基設置されていますそこまで広いスペースはありませんが、3ポイントラインやフリースローラインもしっかりと記されているので練習にはピッタリです。

利用時間が午前6時から午後9時までと決められるので、ルールを守って楽しみましょう。

 

駒沢オリンピック公園

駒沢オリンピック公園は世田谷区にある公園です。最寄り駅は田園都市線の駒澤大学駅。徒歩約15分の位置にあります。公園のほぼ真ん中にバスケットゴールが二基設置されています。近くにはライトもあるので、暗くなってからもバスケットを楽しむことができます。

平日は下校時間くらいから小中高校生が集まり、夕方くらいになると大人の方も集まり、バスケ好きで賑わう人気のポイントです。

 

代々木公園

代々木公園は渋谷区にある公園で、JR原宿駅から徒歩約10分ほどに位置します。バスケットゴールが四基、フルコート2面という充実の設備が揃っています。設備が良いので訪れる人もレベルが高く、週末などはフルコートでの試合や3on3やストリートバスケの大会なども開催されています。参加してレベルの高いバスケをの楽しむのも良いですし、観戦だけでも楽しめるでしょう。

 

 

練習用にバスケットゴールを購入する時のポイント!

公園などで色々な人に混じってバスケを楽しむのも良いでしょう。しかし、集中して自主練をしたいという方や、あまり知らない人とバスケはしたくない、という方なら自分でバスケットゴールを購入して設置するのもおすすめの方法です。

バスケットゴールの購入を失敗しないために、知っておきたいポイントについて解説します。

 

設置方法で選ぶ

市販されている家庭用のバスケットゴールは主に

ドアに引っ掛けるタイプ

壁に取り付けるタイプ

スタンド式タイプ

の3つのタイプが一般的です。それぞれ詳しく紹介しますので、まずはどのタイプのゴールにするのかを選びましょう。

 

ドアに引っ掛けるタイプ

ドアに引っ掛けるタイプは、裏面にフックが付属していてドアの上部に引っ掛けて使います。これはあくまでも簡易的なものです。取り付け取り外しが用意にできて室内でも使えますので、ちょっとしたレクレーションや小さいお子様用のゴールとしておすすめです。

 

壁に取り付けるタイプ

壁に取り付けるタイプは、建物の外壁などにボルトなどで固定して使用します。高い壁の上部に取り付けるので邪魔にもならず、公式の高さに合わせて設置すれば本格的なバスケを楽しむことができます。ただ、場所にもよりますが、レイアップシュートなど走り抜けるシュートは基本的にはできないデメリットがあります。

 

スタンド式タイプ

スタンド式タイプは、スタンドから伸びるアームのバスケットゴールが付属したタイプです。ご自宅のスペースに余裕があり、本気のバスケの練習がしたければスタンド式のタイプが良いでしょう。スタンド式タイプならレイアップシュートを含めてあらゆる練習ができます。

 

バックボードの素材で選ぶ

バックボードの素材で価格や質が大きく異なります。家庭用として市販されているバックボードの素材は一般的には3種類

強化プラスチック

アクリル

ポリカーボネート

この素材が使われます。

 

強化プラスチック

強化プラスチックは価格の安いバスケットゴールによく使われている素材です。透明ではないデメリットがありますが、価格が安くて耐久性は高く、質にはあまりこだわらず予算を抑えたい方におすすめします。

 

アクリル

アクリルは抜群の透明性が魅力の素材です。強化プラスチックと比べると価格は高いですが、耐久性も申し分なく、競技レベルでも使われるので、本格的なバスケを楽しみたい方にもおすすめです。

 

ポリカーボネート

ポリカーボネートは、透明性はアクリルほど高くはありませんが、抜群の耐久性を持ち、経年劣化にも強く家庭用のバスケットゴールとしては最高品質の素材です。その分価格も高いので、長く使いたい方や本格的なバスケを楽しみたい方におすすめです。

 

高さ調整ができるものを選ぶ

スタンド式のバスケットボールを購入するなら高さが調整できるタイプをおすすめします。特に小学生のお子さんのために購入する場合は、中学生に上がったら高さを変えなくてはならないので、また新たに購入しなくてはならなくなります。また、大人の方でも、もしかしたら将来お子さんがバスケをしたいと言うかもしれません。その時に高さの調整できるゴールがあれば使いやすいですよ。

 

バスケのシュート成功率を上げるポイントやコツを解説!飛距離を伸ばす筋トレも

 

 

おすすめのバスケットゴール

 

LIFE TIME バスケット ゴール LT-71546

出典:スーパースポーツゼビオ公式通販サイト

 

バックボードにポリカーボネートを使用した高品質のバスケットゴールです。経年劣化しづらいので長年多少保管状態が悪くても長年活躍してくれるでしょう。

ゴールは229cm〜305cmまで高さ調節できるので、本格的なバスケからミニバスの練習用としてはもちろん、小さいお子様用のゴールとしてもおすすめです。

 

 

バスケットゴールは自作もできる!?

DIYが得意ならバスケットゴールを手作りしてしまうのも1つの方法です。スタンド式のタイプは難しいかもしれませんが、バスケットリング単体でも売られていますので、壁取り付けタイプなどなら自作もそこまで難しくなりません。

自分で作ればコストをかなり抑えることができますので、得意な方は自作をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

ゴールがないとできないバスケはできる場所が限られていまいます。本当はもっとやりたいのにできなくて、もやもやしている方も多いでしょう。体育館以外でも、公園など探せばできる場所は多々ありますし、ご自宅にスペースがあればいっそ購入して設置してしまうのも1つの手です。今回紹介した内容で、大好きなバスケをもっと楽しむためのお役に立ててれば幸いです。

 

 

【関連記事】

バスケットボールの基本的なルール・用語集

バスケ審判のジェスチャー&ルール一覧【2018】服装や資格も解説

【バスケファウル】ファウルの種類や退場、ルールなど徹底解説!

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top