バスケットのポジションを徹底解説!SGとは?SFとは?【初心者向け】

今回はバスケットボールのポジションについて解説していきたいと思います。バスケをしていく上でポジションは非常に重要となる部分ですので是非正確に覚えましょう。初心者の方にもわかりやすいように、基本的なことから解説していきますので是非参考にしてください。

 

 

バスケットの基本的なポジションは5つ

バスケの基本的なポジションは5つ。アウトサイドの「ポイントガード(PG)」「シューティングガード(SG)」「スモールフォワード(SF)」の3つと、インサイドの「パワーフォワード(PF)」「センター(C)」の合計5つのポジションです。全て英語の名称が使われます。

 

それぞれの役割や適正などについて順番に詳しく解説していきます。

 

バスケではポジションを番号で呼ぶこともあり、これをポジション番号と呼びます。例えばポイントガードは1番なのですが、単純にポイントガード=1番と考えてしまって問題ありません。ちなみに背番号とは関係ありません。

 

ポイントガードは「1番」、シューティングガードは「2番」、スモールフォワードは「3番」、パワーフォワードは「4番」、センターは「5番」です。ゴールから遠い順に1番から数えると覚えると良いでしょう。

 

 

アウトサイド

「ポイントガード」「シューティングガード」「スモールフォワード」の3つのポジションは、主に3ポイントラインの外側でプレーをするのでアウトサイドと呼びます。そのアウトサイドからシュートを放ったり、パスを回したり、ドリブルで中に切り込むプレーをします。一般にスピードがあってボールの扱いの上手い選手が務めることが多いポジションです。

 

ポイントガード(PG)

まずは「ポイントガード(1番)」について解説していきます。

 

ポイントガードの役割

ポイントガードの役割は、攻撃を組み立てて起点となる司令塔的なポジションです。また、ボール運びの役割も担います。

ハーフラインを超えてボールを運び、敵ゴール前で味方に指示を出し、そこからパスを回したり自ら切り込んでチャンスメイクをしたり、アウトサイドからシュートを放ったりといったプレーを行います。

バスケでは最も重要とも言われる大切なポジションで、最も難しいポジションでもあります。

 

ポイントガードに求められる能力

ボール運びをして攻撃の起点となるポイントガードは、ドリブル能力とパス能力などバスケの基本的な技術が高いレベルで求められます。また、フロア把握能力やバスケIQなど司令塔的としても能力も必要です。スピードのあるドリブルや、選手の位置を正確に把握して効果的なパスを出せる能力は大きな強みとなるでしょう。

チャンスメイクが主な役割となるので、必ずしもシュート力が高い必要はありませが、自らシュートを決めることができればそれだけ攻撃の選択肢も広がり有利になります。

 

代表的な選手

 

田臥勇太

 

マジック・ジョンソン

 

スティーブ・ナッシュ

 

シューティングガード(SG)

次にもう一つのガード(G)のポジション「シューティングガード(2番)」についてです。

 

シューティングガードの役割

シューティングガードはポイントガードと共にボール運びをして、ゲームメイクの補佐をすることもありますが、何より求められるのは得点を奪うスコアラーの役割です。

アウトサイドから3ポイントシュートを放ったり、ドリブルで切り込んでディフェンスを突破してシュートを放ったりといったプレーが求められます。

 

シューティングガードに求められる能力

シューティングガードは3ポイントシュートなどを高い確率で決められるシューターとっしての能力が求められます。またそれだけでなく、自らドリブルでディフェンスを抜いていけるドリブル力、そしてシュートを決める高い得点能力が求められます。また、パスの能力も必要です。ボールの扱いのうまさとスピードなど華のあるプレーが求められますね。

 

代表的な選手

 

マイケル・ジョーダン

エアジョーダンの人気モデルが知りたい方はこちら

【バッシュ】エアジョーダンの歴代人気モデル7選!レディース向けや最新も!

 

コービー・ブライアント

コービーモデルのシグネチャーモデルが知りたい方はこちら

【バッシュ】コービーモデルの種類!新作も紹介!

 

田中大貴

 

スモールフォワード(SF)

次はシューティングガードと同じく点取り屋のポジション「スモールフォワード(3番)」です。得点をたくさん決めて、攻守共に重要なこのポジションはエースが務めることが多い花形のポジションです。

 

スモールフォワードの役割

スモールフォワードはアウトサイドとインサイドの両方から得点を狙うポジションです。オフェンスではシューティングガードと似たようなポジションになりますが、シューティングガードよりも体を張ってインサイドに切り込んでいくプレーをより求められます。また、インサイドでのプレーが求められるので、フィジカルも強い選手が多いのでディフェンスでも重要な役割を担うことがある負担の大きいポジションです。

 

スモールフォワードに求められる能力

スモールフォワードはアウトサイドからのシュートと、そしてディフェンスを突破するドリブル力、当たりの激しいインサイドでも負けないフィジカルの強さなどオールラウンドの能力が求められます。特に得点能力はシューティングガード以上に求められ、技術だけでなく高い身体能力も必要となります。

 

代表的な選手

 

レブロン・ジェームズ

レブロン・ジェームズのシグネチャーモデルを知りたい方はこちら

Nikeレブロンジェームズの歴代シグネチャーモデル一覧

 

スコッティ・ピッペン

 

馬場雄大

 

 

インサイド

次は3ポイントエリアの外側でプレーするアウトサイドに対して、ペイントエリア周辺やゴール下などゴールに近い場所でプレーするインサイドの2つのポジション「パワーフォワード」と「センター」ついて解説していきます。

 

パワーフォワード(PF)

まずはパワーフォワードです。スモールフォワードと同じくフォワード(F)のポジションですが、求められるプレーや能力や役割はどちかと言うとセンターに近く、フィジカルなどの強さが求められるタフなポジションです。

 

パワーフォワードの役割

パワーフォワードは主にセンターと共に、インサイドでボールを受けて拠点となり、そのままインサイドからシュートを決めるプレーが求められます。センターと違うのは状況に応じてアウトサイドやスクリーンなどの多様なプレーも行います。

特に近年では、「ストレッチ・フォー」というパワーフォワードがアウトサイドでのシュートやパスをする戦術が浸透してきて、パワーフォワードでもアウトサイドでのうまさが求められる傾向があります。

 

パワーフォワードに求められる能力

インサイドでのプレーがメインのパワーフォワードは、当たりに負けないフィジカルの強さやインサイドでのシュート力、高さ、リバウンド力が求められます。また、状況に応じてアウトサイドでのプレーやスクリーンなどの多様なプレーに対応できる器用さも求められます。

 

代表的な選手

 

デニス・ロッドマン

 

アンソニー・デイビス

 

アイラ・ブラウン

 

センター(C)

最後にオフェンスでもディフェンスでもチームの要となる重要なポジション「センター」について解説していきます。

 

センターの役割

センターはローポスト(ペイントエリアの下)や、ハイポスト(フリースローライン)など攻守共にインサイドの拠点となる位置でプレーをします。オフェンスではインサイドでボールを受け取ってポストプレーや自ら切り込んで行ってのシュート、ディフェンスではゴール下の要となって体を張ってディフェンスをしたり、ブロックショットなどでゴールを守ります。ゴールに近い最も激しい位置でプレーするので、パワーフォワード以上にフィジカルの強さが求められるタフなポジションです。

 

センターに求められる能力

センターはゴールに近い最も激しい位置でのプレーが求められるので、激しい当たりにも負けない強靭なフィジカル、そしてリバウンド力やブロックショット、インサイドからもシュートを放てる高さなどが求められます。

バスケの技術だけでなく身体能力の高さと体の大きさが求められます。身長だけはいくらトレーニングしてもどうにもならないので、誰しもができるポジションでありませんね。

 

代表的な選手

 

シャキール・オニール

 

アキーム・オラジュワン

 

竹内譲次

 

 

シックスマン

最後にポジションではありませんが非常に重要な役割を持つ「シックスマン」について説明します。

シックスマンは、ベンチにいる控えの選手で交代して6番目に登場してくる選手のことを言います。シックスマンは試合の流れを変えるために投入されることが多く、単純にスタメン選手の控えとして以上の重要な役割を担います。複数のポジションを務めることができ、すぐに試合に馴染むことができる器用で万能な選手が理想的で、ある意味6番目のレギュラーとも言えるでしょう。

NBAでもBリーグでもシックスマンに対する賞もあり、強いチームにはこのシックスマンも優秀な選手が欠かせません。

 

代表的な選手

 

ジャマール・クロフォード

 

エリック・ゴードン

 

折茂武彦

 

 

まとめ

今回紹介したのはあくまでも基本的なポジションです。近年では万能な能力を持ち、複数のポジションを合わせたようなプレーをする選手も登場し、今回解説した内容がバスケの全てではないということだけでは知っておいてください。

ポジション毎に役割や適正が全然違うので、自分がどんなポジションに向いているのか、どんな選手になりたいのかをイメージすることはバスケの上達の上でもとても大切ですので是非覚えておきましょう。

 

 

【関連記事】

バスケットボールのルールまとめ! 覚えておきたいファウルや2018年変更点

バスケットボールの歴史・ルールを簡単に!世界と日本を年表風に紹介!

バスケのドリブル練習やコツを解説!小学生や初心者の室内メニューも【動画あり】

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top