【インタビュー 赤穂雷太、赤穂ひまわり 選手】バスケ一家の赤穂姉弟の目指す目標は?

高校バスケット界を引っ張る双子の兄弟がいる。市立船橋高校の赤穂雷太選手と昭和学院高校の赤穂ひまわり選手だ。

赤穂 雷太(あかほ らいた)
1998年8月28日生まれ。千葉・市立船橋高校3年。194㎝。ポイントガード。今年度のU-18日本代表候補。高さを活かしたリバウンドだけでなく、ボールハンドリングにも優れ、今シーズンからポイントガードにコンバート。

赤穂 ひまわり(あかほ ひまわり)
1998年8月28日生まれ。千葉・昭和学院高校3年、184㎝。フォワード。昨年度のU-18日本代表候補で、今年度もどう代表候補に選ばれるかの性が高い。特典、リバウンド、アシストをこなす、高校女子バスケ界きってのオールラウンダー。


目次

  • 最上級生としての自覚と役割
  • 2人はお互いをどう見てる?
  • それぞれが目指す目標

最上級生としての自覚と役割

父・真さんは学生の世界大会であるユニバーシアード福岡大会で日本男子バスケ史上初の銀メダルを獲得し、母・久美子さんも日本体育大学でバスケをしていた。

姉・さくらさんはWリーグ・デンソーアイリスに在籍し、リオデジャネイロ五輪代表候補。

妹・かんなもジュニアオールスターの石川県選抜に選ばれている。文字通りバスケ一家に生まれ、「姉弟のなかで一番仲がいい」と自負している2人の対談が実現した。

 

ーー高校生活最後のシーズンが始まりました。チームの現状を教えてください。

雷太 今の私立船橋は全国レベルではまだまだ強豪校の足元にも及びません。現時点では全国大会の上位に行ける力はないと思っています。特にディフェンス力と体力面でまだまだできていません。

ひまわり 昭和学院は主力のガードが2人とも大きな怪我をして今って、インターハイに間に合わないんです。鈴木親光からも「戦力的に70%以上ダウンしている」と言われています。でもそれは言い訳にならないし、今いるメンバーでチームを作らなければいけないと思っています。

ーー最上級生になって、それぞれの役割に変化は?

雷太 僕は昨年から公式戦でプレイさせれもらい、今年はキャプ連になったので、チームを引っ張っていかなければいけないと思っています。また、昨年までは4番(PF)で主にリバウンドも取らなければいけない・・・全てをやらなければいけないと思っています。

ひまわり ケガの選手に代わる選手が試合慣れをしていなかったり、チームがやろうとしているk遠を理解するにはどうしても時間がかかってしまうので、1年生のときから試合の経験を積ませてもらっている私が率先してチームを引っ張ったり、教えていかなければいけないなと思っています。プレイ面では、相変わらず勝負をすべきところで、私は「強引に行かない派」なので(笑)、「逃げないで行け」とよく言われています。

 

2人はお互いをどう見ている?

ーーお互いのプレイを見て、どう感じていますか?

雷太 ひまわりはリバウンドの嗅覚と、最後のシュートを決めきる力がすごいなと思っています。

ひまわり 恥ずかしいな・・・

雷太 そこは自分に足りないところだから。

ひまわり 雷太はサイズがあるのにPGもできるところがすごいなって思います。私はたぶんできません。

雷太 僕は元々PGをやりたいという気持ちがあったんです。高校入学当初こそインサイドを中心にやっていたんですけど、「意外と器用なプレイをする」と認められて少しずつポジションを上げていきました。先日のU-18日本代表候補の合宿でも「PGをやってみる」と言われて、チームに帰ってきてからも近藤義行監督に同じように言われました。

ひまわり 私はこれまで3番(SF)か4番をやってきましたが、今年はチームに大きい選手がいないので4番をメインにしています。でも最近は鈴木監督から「ガードが怪我でいなくなったから、少しポジションを上げるかもしれない」と言われています。

ーー双子だからこそ言える。お互いの長所と短所は?

雷太 ひまわりの長所はマイペースで、何も気にしないというか、すぐに切り替えられるところです。

ひまわり 雷太はやさしい!いろんなことに優しいんです。優しすぎるんじゃないかって思うほどです。

雷太 短所は一度話し始めると止まらないところかな(笑)。2人だとずっとしゃべっているんですよ。

ひまわり 取材だと緊張してしまうけど、慣れ親しんだ友人などには気兼ねなく話せるんです。

雷太 大体がバスケの話ですね。

ひまわり 雷太の短所は自分の気持ちを言えないところ。たぶん女3人の姉妹の中に1人だけお子のなので、言えなくなっちゃったんだと思います。

雷太 それはありますね。

 

それぞれが目指す目標

ーーチームとしての今年の目標を聞かせてください。

雷太 インターハイでベスト8以上に入り、メインコートでプレイすること。ウィンターカップでは最終日に残れるように頑張りたいです。

ひまわり 昭和は今ピンチなんですけど、インターハイでは周囲の予想をひっくり返して、優勝したいです。

ーー将来はどんな選手になりたいですか?

雷太 できれば海外でプレイしてみたいですけど、まずは日本代表に入って、オリンピックに出たいです。先日のドイル遠征でもレベルの違いをひしひしと感じてきました。やはり身体能力では絶対に勝てないと思ったので、体の使い方をうまくして、相手との間合いが空けばすぐにシュートが打てるようシュートモーションを早くしたり、その精度も上げていきたい。ディフェンスでは通用したところがあったので、オフェンス面でもっと成長しなければいけないと感じています。

ひまわり 私は少しずつポジションを上げていって、最終的には日本代表として、オリンピックに出たいです。東京オリンピックに出たい気持ちはあります。少し若いかなとも思いますが、チャンスもあると信じて頑張りたいです。

雷太 僕も東京オリンピックに出られれば一番いいですし、それ以降でもオリンピックには出たいですね。

ーー最後にお互いにエールを送ってください。

雷太 ひまわりはやる気さえ出せば、天下無敵だと思うんです。でも、どうしても手を抜くクセがあるので、常に、どんな試合でも手を抜かずにプレイしてほしいなと思います。それができれば全国優勝もできると思っています。

ひまわり キャプテンでいろいろ大変だと思うんですけど、自分の中で溜め込みすぎずに、流すところは流して、頑張れって思います。

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top