【インタビュー 中祖嘉人 チームオーナー】ALBORADAチームオーナー

今回は、ALBORADAチームオーナー中祖嘉人さんにインタビューを行いました。


目次

  • ALBORADA.EXE
  • お客さんの前でバスケを
  • 子供たちに生じた変化
  • 3×3で”個”を鍛える
  • 様々なバックグラウンドを持つプレイヤーが活躍

ALBORADA.EXE

本拠地 茨城県つくば市
つくば市を本拠点とするクラブチーム「パロンセスト・アルボラーダ」を母体としたチーム。
育成世代の目指す場所として存在し、クラブ員さらに地域の代表として応援されるチームを目指す。2016シーズンはSoutheast Conference4位

ALBORADA.EXE(アルボラーダドットエグゼ)

チームオーナー 中租 嘉人(ナカノヨシヒト)

「子供達がトップチームをモチベーションに練習するようになった」

 

お客さんの前でバスケを

子どもたちに目指す場所を与えてあげたいーー。私は10年前から選手育成に携わり、クラブを立ち上げて4年目になります。これまで指導してきた選手たちが20歳前後になり、彼らがお客さんの前でバスケを披露する機会を探していました。そんなとき出会ったのが、プロ選手がいて多国籍なリーグである3×3PREMIER.EXEです。

 

子どもたちに生じた変化

バロンセスト・アルボラーダは小学生から高校生まで幅広い年代を指導している

今季の成績は思っていたより良かったです。もっと厳しい状況も覚悟していましたが、クラブの理念に共感して加入してくれた3人と生え抜き3人が良い化学反応を起こし、シーズン前に掲げた“チームとして成長する”という目標を達成してくれました。加えて生え抜きの選手たちはお客さんに見られる場を経験して、より磨きがかかりました。

またクラブとしてはトップチームとしてALBORADA.EXEが誕生したことで、子どもたちが公式戦へ往年するようになりました。保護者の方からは、「普通のクラブだと思って子どもを入れたけど、トップチームができたことでクラブとしてどこを目指しているのかが少しずつ見えてきた」という言葉をいただきました。自分の子どもがその道に進むかは別として、道筋を示すことは大事なことなのでしょう。

 

3×3で“個”を鍛える

ALBORADA.EXEは子ども育成クラブのトップチームという役割を担う

3×3は究極に言えば、リング1つと3人の選手がいれば大会が開催できます。運営側も参加側もハードルが低いです。私はバスケが活性化するには、“にわかファン”が増えることが必要だと思っています。3×3にはその起爆剤になる予感があるので、一般参加型のGAME.EXEを開いていきたいです。

また育成の観点から言うと、現在日本協会は15歳以下のカテゴリーではマンツーマンディフェンスを推進する方針を打ち出しており、3×3は“個”を鍛える手段になると思います。1対1や2対2の状況が多くなり、状況に即したプレイの判断が求められます。私のクラブでは小学生の練習に取り入れとり、中高生の指導現場でも普及させていきたいと考えています。

そして来季は地元でも3×3PREMIER.EXEの開催をしたいです。今季はこれができず心残りでした。皆さんの前で選手の迫力あるプレイを間近で見ていただきたいです。

 

様々なバックグラウンドを持つプレイヤーが活躍

シーズンは5人制プロバスケのオフシーズンである6月〜9月の週末のみ開催により、5人制の現役プロ選手から兼業プレイヤー(本業は会社員等)まで、様々なバックグラウンドを持つプレイヤーが活躍。

ALBORADA.EXE 池田千尋選手

現職の教員であり5人制クラブチームやストリートリーグでも活躍しているマルチプレイヤー。2016シーズンはチームで世界大会にも出場。世界2位の称号を手にした。

3×3PREMIER.EXEのチーム編成

PREMIER.EXEチームは自由獲得枠(2名)以外は、リーグ管理のPREMIER候補選手リストから選手をピックアップしてチームを組成する。エントリー方法は、自主応募によるエントリー(一定基準有)から、誰でも参加可能なリーグ主催オープントライアウトまで幅広く展開している。

3×3PREMIERE.EXEでプレイするにはココをクリック!

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. 【バスケ】3x3(スリー・バイ・スリー)とは? 3x3とは、3on3の名称で親しまれた3人制バスケ…
  2. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  3. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  4. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
Return Top