日本代表【湊谷安玲久司朱選手】略歴やプレーの特徴など!

Materials

横浜ビー・コルセアーズを選手としてだけでなくアシスタントコーチとしても引っ張る湊谷安玲久司朱選手について、略歴やプレーの特徴などを紹介します。怪我のため実戦から離れる期間もありましたが、本来なら日本代表を張れる能力の持ち主です。

 

湊谷安玲久司朱選手の略歴など

まずは湊谷安玲久司朱選手のプロフィールの紹介です。

 

身長:190cm

所属チーム:横浜ビー・コルセアーズ

背番号:5

ポジション:フォワード

 

湊谷安玲久司朱選手のインスタグラム:ご本人はインスタをやっていない模様。

 

略歴

 

洛南高校:

1年から試合に出場し、2年ではスタメン、3年ではエースと常にチームに貢献する。インターハイ準優勝、ウィンターカップ優勝などの戦績を残し、特に最後のウィンターカップでは決勝だけで40得点を記録し、同大会決勝の個人タイ記録を作るとともに、大会ベスト5にも選ばれた。

 

青山学院大学:

4年生の時にチームの学生大会4冠に大きく貢献した。

 

三菱電機~横浜ビー・コルセアーズ:

2010年に三菱電機に加入。2015年にサイバーダインつくばロボッツに移籍。さらに、2016年には現在の所属チームである横浜ビー・コルセアーズに移籍。

 

横浜ビー・コルセアーズでは選手兼アシスタントコーチも務める

横浜ビー・コルセアーズでは、2017-18シーズンからキャプテンを任されるなどチームの中心としての働きを期待されていた湊谷選手でしたが、開幕直後に右足アキレス腱断裂の重症を負ってしまいます。怪我のため試合に出られないなか、2017年11月に選手兼任でアシスタントコーチに就任することが発表されました。本人曰く、「どうすればチームに貢献できるだろうか考えた結果」とのことです。その後、コーチ兼任でリハビリを続け、2018年4月に7カ月ぶりに試合に復帰します。翌シーズンにも右足の負傷で1カ月間戦列を離れることもありましたが、現在もコーチ兼任でチームを引っ張っています。

 

湊谷安玲久司朱選手のプレーの特徴・プレースタイル

湊谷選手の魅力は、派手なダンクシュートではなく、クールに決める3ポイントシュートです。得点しても表情を変えることがない湊谷選手ですが、自分で派手にアピールするより背中で語りかけるスタイルなのでしょう。クールだからこそ試合中に冷静な判断ができるわけで、コーチとしてもチームを引っ張る湊谷選手ならではの強みと言えます。

 

まとめ

以上、湊谷安玲久司朱選手について、略歴やプレーの特徴をお伝えしました。怪我で試合に出られない期間がありましたが、それを克服して今後も頑張ってくれそうです。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top